ニュース
» 2008年05月08日 08時00分 UPDATE

米Yahoo!、McAfeeの危険サイト警告ツールを導入

新機能の「SearchScan」が米国などのYahoo!に導入された。危険サイトには検索結果ページに警告マークが表示される。

[ITmedia]

 米Yahoo!とセキュリティ企業のMcAfeeは5月7日、提携を発表し、McAfee SiteAdvisorの技術を使ってYahoo! Searchで危険なサイトを排除・警告する新機能「SearchScan」のβ版サービスを始めた。

 SearchScanは米国などのYahoo!検索ではデフォルトで有効になり、閲覧しただけでマルウェアに感染するWebサイトが検索結果に表示されなくなる。さらに、ウイルスやスパイウェア、アドウェアなど潜在的に危険なソフトを配布するWebサイトや、迷惑メールの送信、メールアドレスを第三者に提供しているWebサイトの場合には、検索結果に警告マークを表示する。

 SearchScanは米国、英国、オーストラリアなど9カ国のYahoo!検索で提供。日本での導入についてはコメントされていない。

 SiteAdvisorはWebサイトの安全度をランク付けしてユーザーが危険サイトを見分けられるようにしたMcAfeeのツール。これまでに1億3500万回ダウンロードされているという。

関連キーワード

McAfee(マカフィー) | 検索 | Yahoo! | β版


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -