ニュース
» 2008年06月19日 08時17分 UPDATE

Top500リスト、日本勢は東大のシステムが16位に

スーパーコンピュータTop500リストで、日本勢は東大、京大、筑波大のシステムが上位に入った。地球シミュレータは49位だった。

[ITmedia]

 6月18日に発表されたスーパーコンピュータTop500ランキングで、日本勢は最高で16位を獲得した。

 16位に入ったのは東京大学のT2Kクラスタ。東大、筑波大学、京都大学が共同策定した「T2Kオープンスパコン」仕様に基づいて日立が構築したシステムで、性能は82.98TFLOPS。その次は、同じくT2K仕様に基づいた筑波大のシステムが20位にランクインしている。Appro Internationalが構築し、性能は76.46TFLOPS。

 このほか、NECとSunが構築した東工大のTSUBAME(67.7TFLOPS)が24位、富士通が構築した京大のT2K仕様ベースのシステム(50.51TFLOPS)が34位に入っている。2002年から2004年7月まで首位だったNEC製の地球シミュレータは今回49位だった(35.86TFLOPS)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -