ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年07月18日 07時00分 UPDATE

かざして転送「TransferJet」コンソーシアムが発足

かざすことで大容量ファイルを転送するソニーの技術「TransferJet」の規格策定や普及を目指すコンソーシアムが発足。松下や東芝など15社が参加する。

[ITmedia]
画像

 ICカード機器のように、かざすことで大容量ファイルを転送するソニーの技術「TransferJet」の規格策定や普及を目指すコンソーシアムが7月17日に発足した。ソニーのほか、松下電器産業や東芝、キヤノンなどが参加する。

 TransferJetは、ソニーが開発した最大560Mbpsの近接無線転送技術。デジタルカメラをテレビにかざしてテレビ画面に写真を表示させたり、携帯電話をオーディオ機器にかざして音楽ファイルを転送する──といった使い方が可能になる。

 コンソーシアムは、TransferJetを使った製品やサービスの開発を目指す家電メーカーなどが参加し、技術規格の策定や通信互換テストの実施、普及に向けた広報活動やロゴマークの運営管理などを行っていく。

 4社のほか日立製作所、日本ビクター、KDDI、ケンウッド、ニコン、オリンパスイメージング、パイオニア、セイコーエプソン、米Eastman Kodak、韓国のSamsung Electronics、米Sony Ericsson Mobile Communicationsの計15社が参加する。

関連キーワード

ソニー | TransferJet


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.