ニュース
» 2008年07月28日 09時00分 UPDATE

4件の脆弱性が存在:RealPlayerに深刻な脆弱性、アップデートで対処

脆弱性のうち3件はWindows版のみが該当する。残る1件はMac版とLinux版にも影響する。

[ITmedia]

 米RealNetworksは7月25日、メディア再生ソフトRealPlayerの脆弱性を修正するアップデートを公開した。

 RealNetworksによると、今回のアップデートでは4件の脆弱性に対処した。このうち3件はWindowsのみに存在するもの。残る1件のShockwave Flash(SWF)ファイル処理に関するヒープバッファオーバーフローの脆弱性は、Windows版のほかにMac版とLinux版も影響を受ける。

 セキュリティ企業Secuniaは、RealPlayerでSWFの脆弱性を悪用された場合、任意のコードを実行される恐れがあると指摘。危険度は5段階評価で上から2番目に高い「Highly critical」のランクになっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | RealPlayer | Windows | Linux | Mac | Shockwave


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -