ニュース
» 2008年07月31日 09時05分 UPDATE

Websenseが報告:「悪質サイト」の75%は、「元正規サイト」

人気上位100サイトのうち60%が悪質コンテンツや不正コードをホスティングしていることも判明した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の米Websenseは、2008年上半期の悪質サイト動向に関する報告書をまとめた。人気の上位100サイトのうち、60%が悪質なコンテンツをホスティングしているか、ユーザーを悪質サイトへリダイレクトする隠しコードが仕込まれていたと発表した。

 Websenseが同期間中に「悪質サイト」と分類したサイトのうち、75%は正規サイトが外部からの攻撃によって改ざんされたものだった。この割合は、2007年下半期に比べて50%増加したという。

 人気の上位100サイトは、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やWeb 2.0サイト、検索サイトが多数を占め、45%以上がユーザー作成のコンテンツをサポートしている。攻撃者がこうしたサイトを標的として狙っていることが分かった。

 Webとメールを併用した攻撃も増加傾向が続いている。スパムサイトや悪質サイトへのリンクを含む電子メールは、過去半年の間に送信された全電子メールの76.5%強を占め、2007年12月に比べて18%増加した。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -