ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月09日 07時00分 UPDATE

日立、自律移動できる物流ロボット開発 「EMIEW」の技術搭載

障害物を自動で避けながら荷物を運べる物流支援ロボットを日立が開発した。サービスロボット「EMIEW」に搭載した自律走行機能などを盛り込んだ。

[ITmedia]
画像

 日立製作所は9月8日、障害物を自動で避けながら重さ20キロまでの荷物を運べる物流支援ロボットを開発したと発表した。同社のサービスロボット「EMIEW」(エミュー)に搭載した自律走行機能などを盛り込んだ。

 4輪の車輪の上に荷台を備えたロボット。レーザー距離センサーを利用した位置検出で自律走行でき、誘導のためのガイドラインは不要だ。搬送経路に荷物が置かれていたり、歩行者が横切っても停止せず、スムーズに回避できるという。

 4輪の車輪の向きをそれぞれ独立して制御する「四輪独立操舵機構」を採用し、その場で回転したり真横に移動できる。複数のロボットで通信し、連携して搬送することも可能だ。

 走行速度は秒速1メートル。サイズは60(幅)×60(奥行き)×85(高さ)センチ、重さは60キロ。電源はリチウムイオン電池。

 物流現場で現在使われている無人搬送車は一般に、経路誘導のためのガイドラインが必要な上、障害物があると停止し、障害物を取り除くまで運搬を中断する必要があったという。新ロボットならガイドライン不要で、停止せずに障害物を避けられるため、現場のレイアウト変更にも柔軟に対応できるとしている。

 新ロボットは、9月9日から開かれる「国際物流総合展2008」(東京ビッグサイト)に参考出展する。

関連キーワード

ロボット | 物流 | 日立製作所


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.