ニュース
» 2008年11月06日 17時04分 UPDATE

ドワンゴ下方修正、17億円の最終赤字に 「ニコ動まだ貢献せず」

ドワンゴは連結業績予想を下方修正し、17億1000万円の最終赤字となる見通しだと発表した。ゲームや「ニコニコ動画」ビジネスが目標を下回った。

[ITmedia]

 ドワンゴは11月6日、2008年9月期の連結業績予想を下方修正し、17億1000万円の最終赤字(前期は14億800万円の最終赤字)となる見通しだと発表した。従来予想は損益とんとん。ゲームや「ニコニコ動画」(ニコ動)ビジネスが目標を下回った。

 修正後の売上高は前年同期比12.2%増の249億7000万円(従来見通しは268億円)、営業利益は70.1%減の1億1000万円(4億円)、経常利益は68.5%減の1億円(4億円)。

 ゲーム事業の販売計画本数やニコ動の有料会員「プレミアム会員」数が目標に達しなかった。今期末(9月末)のプレミアム会員数目標は50万人だったが、約20万3000人にとどまっている(ニコ動930万会員に 有料会員減、黒字化策は)。

 ニコ動の無料会員数は目標の900万人を越え、経費も計画通りに推移したものの、急成長に合わせたサーバの増設やインフラ費用、09年9月期から始める本格的な収益化策への投資が先行し「いまだ収益への貢献には至っていない」という。

 保有有価証券の評価損や一部事業資産の減損損失、繰り延べ税金資産の一部取り崩しなどで、前期に続き最終赤字になる見通しだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -