ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年11月12日 07時00分 UPDATE

端末はソニエリ・キャリアはauがトップ 携帯電話の満足度

携帯電話キャリアではauが、端末メーカーではソニー・エリクソンが満足度首位だった。

[ITmedia]
画像 携帯電話のサービスの満足度に関するキャリア別ランキング

 J.D.パワー アジア・パシフィックが11月11日に発表した携帯電話のサービス(キャリア)と端末に関する顧客満足度調査で、KDDI(au)とソニー・エリクソン(ソニエリ)がそれぞれ首位だった。ソニエリが首位となるのは、2004年の調査開始以来初めて。

 キャリア調査は今年8月に全国10地域で実施し、7500人から回答(訪問留置式)があった。端末調査はキャリア調査の回答者のうち、今年7月まで1年間に発売された端末を購入した1819人から回答を得た。

au、全要素で他キャリア上回る

 キャリアは「電話機」「各種費用」「通信品質・エリア」「非音声機能・サービス」「顧客対応力」の5要素について、1000点満点でスコアを算出した。

 首位はau(588点)で、5要素すべてで他社を上回った。2位はNTTドコモ(568点)で、「通信品質・エリア」に対する満足度が昨年より改善し、FOMAの通信不具合を経験した人の割合も減少した。3位はソフトバンクモバイル(550点)で「通信品質・エリア」に関する満足度が上昇。3キャリアの満足度水準の差は昨年に比べ縮まった。

 新割引プランや割賦販売プランの加入者は47%、未加入者は20%、加入しているかどうか分からない人は33%。加入者が未加入者に比べ満足度が高いとは言えず、端末の価格やサービス料金、料金体系の分かりやすさなどへの評価が低かったという。キャリアを変更しない理由について「解約金が発生するから」と答えた人は25%で、昨年の14%から11ポイント増加した。

メーカーはソニエリ、富士通、カシオ

 端末メーカーについては「操作性・機能」「サイズ・デザイン」「メール」「カメラ」「故障・バッテリー」「インターネット」「ワンセグテレビ」の7要素について、1000点満点でスコアを算出した。

画像 携帯端末の満足度に関するメーカー別ランキング

 首位はソニエリ(627点)、2位は富士通(618点)、3位はカシオ計算機(617点)。ソニエリは「操作性・機能」「メール」で最も評価が高かった。富士通は年々順位を上げており、「インターネット」「ワンセグテレビ」で最高の評価。総合点が1点差で3位のカシオは「カメラ」が他社を大きく上回った。

 4位以下はパナソニック、シャープ、東芝、NEC、京セラの順だった。

 半年以内に端末を購入した人の割合は昨年より減っていた。30代以下の若年層で買い控えの傾向が見られるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.