ニュース
» 2008年12月05日 00時00分 UPDATE

ニコ動にテレビ局など121社が「チャンネル」 「iモードのようなトップページに」と夏野氏

テレビ局やアニメ制作会社、ゲーム会社など121社が、ニコニコ動画の「チャンネル」から動画を配信する。ニコ動トップページではチャンネルのコンテンツを多数紹介し、「iモードのようなトップページにする」と夏野氏は述べる。

[岡田有花,ITmedia]

 ニコニコ動画(ニコ動)の「公式動画」が12月5日から「ニコニコチャンネル」にリニューアルする。テレビ局やアニメ制作会社、ゲーム会社など121社のコンテンツホルダーが、それぞれのチャンネルから動画を配信。ニコ動トップページではニコニコチャンネルのコンテンツを多数紹介し、ニコ動を初めて訪れたユーザーでも見たい動画を探しやすくする。

 ニコニコチャンネルはコミュニティー機能と一体化しており、運営者は、動画をコミュニティー参加者限定で配信したり、コメントをオフにしたり、有料配信するといったことが可能だ。アクセス解析機能も利用できる。

 運営者として参加するのは琉球放送やフジテレビジョン(予定)といったテレビ局、森喜朗事務所など政治家事務所、帝京大学など教育機関、タイトー、コーエーといったゲーム会社、ビーイング、トイズファクトリーといったレコード会社など多岐にわたっている。参加する企業や団体の一覧は以下の通り。


photo
photo
photo

画像 トップページのイメージ。ちなみにチャンネルは番号を指定でき、例えばAKB48は48チャンネルを利用している。2チャンネルはまだ利用されていないという。「2チャンネルは恐がって誰も取らないみたい」(ニワンゴ取締役・2ちゃんねる管理人の西村博之氏)

 「iモードのようなトップページにする」――運営元・ドワンゴ顧問でiモード生みの親の夏野剛氏は、ニコニコチャンネルの動画をトップページで紹介する狙いについてこう語る。現状のニコ動は、トップページからジャンルを選んだり検索して見たい動画を探す必要があり、初心者には取っつきにくかった。

 テレビ番組やアニメなどプロが制作したメジャーなコンテンツをトップページに配置し、ユーザーインタフェースを分かりやすくすることで、初めてアクセスした人にも取っつきやすい「iモードのような」ページにリニューアル。企業からのコンテンツ提供を増やし、個人の動画に興味がなかったり、ネット文化に詳しくないような人も楽しめるようにし、ユーザーのすそ野を広げる作戦だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -