ニュース
» 2009年02月24日 12時26分 UPDATE

ATOKにUSBメモリ版 Netbook向け

日本語入力システム「ATOK 2009」を2GバイトのUSBメモリに収録した製品が4月に登場。Netbookなど光ディスクドライブを持たないPC向け。

[ITmedia]
画像

 ジャストシステムは、日本語入力システム「ATOK 2009」を2GバイトのUSBメモリに収録した「ATOK 2009 for Windows ミニPC」を4月2日に発売する。Netbookなど光ディスクドライブを持たない小型ノートPC向け。

 通常版「ATOK 2009 for Windows ミニPC」(8000円)と、バージョンアップ版「ATOK 2009 for Windows ミニPC AAA優待版」(5250円、直販サイトでのみ販売)の2種類。ソフトの容量は195Mバイトで、残りの約1.8Gバイト分は通常のUSBメモリとして利用できる。

 このほか、総合セキュリティーソフト「Kaspersky Internet Security 2009」を2GバイトのUSBメモリに収録した「Kaspersky Internet Security 2009 優待版 ミニPC」(6800円)、ATOKの1年限定ライセンス、Kaspersky Internet Security 2009、メールソフト「Shuriken 2009」を同容量のUSBメモリに入れた「JustSystems ミニPCパック」(7560円)も発売する。

 各ソフトとも3000本限定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -