ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2009年03月18日 07時00分 UPDATE

「10G-EPON」でHD動画の送受信に成功 日立

日立は、電話局とユーザー宅端末間の光アクセスを、現行の10倍・10Gbpsに高速化する技術「10G-EPON」を使った映像の双方向通信システムを試作し、HD映像の送受信に成功したと発表した。

[ITmedia]

 日立製作所は3月17日、電話局とユーザー宅端末間の光アクセスを、現行の10倍・10Gbpsに高速化する技術「10G-EPON」(10Gigabit Ethernet Passive Optical Network)を使った映像の双方向通信システムを試作し、HD映像の送受信に成功したと発表した。

 実験システムは、10G-EPONの標準規格・IEEE 802.3avに準拠。通信距離20キロ・家庭用送受信機32台を接続した環境で双方向のHD映像通信に成功した。

 デジタル信号処理部には、IEEE802.3avに準拠した通信エラー訂正機能を搭載。ビット誤り率は10のマイナス12乗と、映像通信の高信頼長距離仕様を満たした。

 システムは、FTTH向けのほか、企業内ネットワークの回線収容など、高セキュリティが要求される環境での活用も可能という。

関連キーワード

日立製作所


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.