ITmedia NEWS >
ニュース
» 2009年03月24日 07時00分 UPDATE

富士通、名古屋大のスーパーコンピュータ受注 3システムで60TFLOPS

富士通は名古屋大学のスーパーコンピュータを受注した。アーキテクチャの異なる3種類の演算サーバで構成した複合型で、システム全体の理論ピーク性能は60TFLOPS。

[ITmedia]

 富士通は3月23日、名古屋大学のスーパーコンピュータを受注したと発表した。アーキテクチャの異なる3種類の演算サーバで構成した複合型で、システム全体の理論ピーク性能は60TFLOPS。5月と10月の2段階で稼働を始める。

 UNIXサーバ「SPARC Enterprise M9000」、テクニカルコンピューティングサーバ「HX600」、ハイエンドテクニカルコンピューティングサーバ「FX1」で構成した。ディスクアレイシステムは、総物理容量1.15ペタバイトの「ETERNUS2000 モデル200」を採用した。

 3種類の演算サーバを、HPCミドルウェア「Parallelnavi」「HPCポータル」「運用管理ポータル」で統合。ユーザーはアーキテクチャの違いを意識することなく1システムイメージで利用できるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.