ニュース
» 2009年04月14日 07時00分 UPDATE

シャープとパイオニア、携帯−カーナビ連携の新規格

シャープとパイオニアが、携帯電話とカーナビを連携させる新規格を共同開発した。JPEG画像でデジタル家電を操作する「フォトリモ」技術をカーナビに応用する。

[ITmedia]
photo 活用例

 シャープとパイオニアは4月13日、携帯電話とカーナビゲーションシステム間を連携させる新規格を共同開発したと発表した。シャープが開発した、JPEG画像でデジタル家電を操作する「フォトリモ」技術をカーナビにも応用するもので、自社製品への搭載に加え、広く各種機器への普及を進めていく。

 新規格は「フォトリモ@ナビ Ver1.0」で、シャープのフォトリモ技術とパイオニアのカーナビ技術を組み合わせた。目的地情報などを埋め込んだJPEG画像を携帯電話でダウンロードし、Bluetoothでカーナビに送信して簡単に目的地を設定したり、カーナビが計算した目的地への到着予想時刻を、携帯電話を介して相手先にメール送信する──といったことが可能になる。

 フォトリモ技術はシャープは2007年に開発。同社製携帯電話や液晶テレビ「AQUOS」に採用している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -