ニュース
» 2009年04月17日 07時00分 UPDATE

NHK、スーパーハイビジョン用超広角レンズ&ズームレンズ開発

NHKは、7680×4320ピクセルのスーパーハイビジョンカメラ向けに、視野角100度の超広角ワイドレンズと10倍ズームレンズを、レンズメーカーと共同で開発した。

[ITmedia]
画像 超広角ワイドレンズは125(幅)×125(高さ)×259(長さ)ミリ、重さ4.5キロ。10倍ズームレンズは185.3(幅)×182.3(高さ)×422.2(長さ)ミリで、重さは10.2キロ

 NHKは、7680×4320ピクセルの「スーパーハイビジョン」専用カメラ向けに、視野角100度の超広角ワイドレンズと10倍ズームレンズを、レンズメーカーと共同で開発したと発表した。

 スーパーハイビジョン用レンズは、縦幅1ミリの間に白黒の線が最低240組認識できる解像度が必要。最新の光学材料を使い、独自の光学配置を採用することで、この条件をクリアした

 ワイドレンズはフジノンと共同開発で、画面のすみずみまで歪みを抑えたとしている。焦点距離は6.8ミリ、F値(開放絞り値)は2.1。

 ズームレンズはキヤノンと共同開発し、高倍率でも十分な解像度を保てるという。焦点距離は18〜180ミリ、視野角は5.1〜48.3度、F値は2.2。

 それぞれ、レンズを電動で動かすためのユニットも開発。従来のハイビジョンカメラと同等の操作性を実現し、小型・省電力化したとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -