ニュース
» 2009年04月27日 11時28分 UPDATE

EU、演奏者の著作権保護延長を可決

欧州委員会は95年への延長を求めていたが、欧州議会は70年の延長を承認した。

[ITmedia]

 欧州連合(EU)は4月23日、楽曲演奏者の著作権を50年から70年に延長する法案が欧州議会で可決されたと発表した。

 欧州では作曲家の著作権保護期間は死後70年だが、演奏者の場合は「録音から50年」とされている。これに対して、「保護期間が50年では、演奏者の存命中に著作権保護が終了してしまうケースもある」として、欧州委員会は延長を提案していた。例えばミュージシャンが70代になったときに、20代のときに録音した作品の著作権保護が切れて著作権料を得られなくなる。

 欧州議会は賛成377、反対178で「録音から70年」への延長法案を可決した。欧州委員会は95年への延長を求めていたが、妥協案として70年に短縮された。

 この新法はEU各加盟国の承認を受ける必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -