ニュース
» 2009年04月27日 15時27分 UPDATE

NECエレとルネサスが来春めどに統合へ 世界3位の半導体メーカーに

NECエレクトロニクスとルネサステクノロジが来年4月をめどに事業統合する方針で協議すると正式発表。売上高で世界3位の半導体メーカーが誕生する。

[ITmedia]

 NECエレクトロニクスとルネサステクノロジ、両社親会社のNEC、日立製作所、三菱電機の5社は4月27日、NECエレとルネサスの事業統合に向けた協議を開始することで合意したと正式発表した。2010年4月1日をめどに事業統合する方向で協議を進める予定。統合後は売上高で世界3位の半導体メーカーになる。

 NECエレは2002年にNECから、ルネサスは2003年に日立と三菱から分離独立する形で設立。だが半導体メーカー間の世界的な競争が激化する中、世界同時不況で両社の業績は急速に悪化しており、生き残りをかけて統合の道を探っていた。

 米調査会社Gartnerの08年半導体メーカー売上高ランキングによると、ルネサス(7位)とNECエレ(10位)の売上高を単純合算すると128億5100万ドルとなり、東芝を抜いて世界3位、国内1位の半導体メーカーとなる。

 7月末をめどに事業統合契約を結び、両社は来年4月1日をめどに事業統合し、統合後に発足する新会社が上場を維持する前提で協議する。統合比率は資産査定などを経て決めるとしている。

 新会社はマイコンで世界1位と2位の事業を統合するほか、システムLSIではNECエレがデジタル家電向け、ルネサスが携帯電話や自動車向けに強みを持つなど、両社の得意分野を強化する開発リソースの選択と集中を進め、マイコンに並ぶ強い分野に育てるとしている。両社の個別半導体は、マイコンと相乗効果が見込めるアナログディスクリート開発を強化する方向で検討する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -