ニュース
» 2009年04月30日 15時21分 UPDATE

マルウェアを添付か:日本語の豚インフル便乗スパムが登場

豚インフルエンザ問題に便乗して「国立感染症研究所」をかたったスパムメールが出回っている。

[ITmedia]

 世界的に感染者が増加している新型インフルエンザ問題に便乗した日本語のスパムメールが確認された。国立感染症研究所が注意を呼びかけている。

 問題のスパムは国立感染症研究所をかたり、「豚インフルエンザに注意!」という件名でYahoo!のメールアドレスを使用して送信されている。本文には豚インフルエンザに関する基礎知識を紹介するなどの文言が記載され、「ブタインフルエンザに関する知識.zip」というファイルが添付されている。

infuruapam.jpg 国立感染症研究所をかたる便乗スパム

 国立感染症研究所によれば、添付ファイルはマルウェアの疑いがあり、開いてしまうとシステム情報の盗難や破壊などの被害にあう可能性がある。国立感染症研究所はすべての電子メールを「nih.go.jp」ドメインで送信しており、公開情報を電子メールで配信することはまったくないとしている。

 豚インフルエンザ問題に便乗するスパムやマルウェアは、海外でも多数出回っている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -