ニュース
» 2009年05月18日 07時00分 UPDATE

Google、AdWordsの商標ポリシーを変更

広告主は、テキスト広告で他者の商標語を使えるようになる。

[ITmedia]

 米Googleは5月14日、AdWordsの商標関連ポリシーを変更したことを明らかにした。これにより、商標関連語をテキスト広告に含められるようになる。

 従来のポリシーでは、広告主は他者の商標を検索広告に入れることができなかった。例えば、スポーツシューズを扱うネットショップが、AdWords広告に「Nike」などの言葉を含めることはできなかった。

 だが今回の変更により、広告主は一定基準の下で、自身が保有していない商標や、商標保有者から使用許可を得ていない商標をAdWordsで使えるようになる。広告主は、実際に取り扱っている商品の名前をAdWordsで宣伝できるという。

 この変更は米国で配信される広告にのみ適用される。また、Googleは5月15日から新ポリシーの下で商標入り広告を受け付け始めるが、これら広告が表示されるのは6月15日からとなる。

関連キーワード

広告 | 商標 | AdWords | Google | ネット広告


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -