ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「商標」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「商標」に関する情報が集まったページです。

「スイカゲーム」の偽アプリに対して開発元がアクション 「商標登録を完了」「ゲームタイトルで迷う状況をなくす」
1月1日にリリースされたiOS向け「スイカゲーム」が75万ダウンロードを突破するなど好調だ。一方でApp Storeには偽のスイカゲームがいまだ配信されている。開発元のAladdin Xは、こうした状況をどう見ているのか。(2024/1/24)

米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【後編】
数カ月を要した脆弱性対策をたった1日で――「遅い」を払拭した政府機関の改革
政府機関は腰が重い――。そのイメージを、米国特許商標庁(USPTO)はデジタル変革を通じて払拭した。具体的に何を変えたのか。組織面から成功のポイントを考える。(2024/1/19)

米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【前編】
「脱メインフレーム」で“40年の歴史”を終わらせる 米特許機関の決断
米国特許商標庁(USPTO)が2018年に着手したデジタル変革は、システムの不具合が発端だった。さまざまなハードルを乗り越え、USPTOが脱メインフレームを成功させた方法とは。(2024/1/12)

Marketing Dive:
ペプシ125周年のブランド大刷新、タコベルは商標闘争で愛され度上昇 2023年の米国ベストキャンペーン【後編】
Marketing Diveが選んだ2023年の優れた広告クリエイティブ。今回はDunkin’とPepsi、Taco Bellの取り組みについて紹介する。(2023/12/17)

商標バーチャルアイドル「TMB45」誕生、商標区分の45分類をすべて擬人化
GMOブランドセキュリティは13日、商標区分の45分類をそれぞれ擬人化した仮想アイドルグループ「Trademark Boys45」(以下、TMB45)を発表した。(2023/11/13)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
小林製薬が「VRヨワナイン」の商標を出願/MicrosoftがAI機能「Copilot」を組み込んだ次世代「OneDrive」を発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、10月1日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/10/8)

X(旧Twitter)を広告代理店「X Social Media」が訴える 商標権侵害など主張
X Social Mediaはフロリダ州の連邦地裁に、X社による商標権侵害や州の不当競争防止法違反を申し立てています。(2023/10/3)

出るか、VR酔いの特効薬 小林製薬が「VRヨワナイン」の商標出願
小林製薬は10月2日、「VRヨワナイン」の商標を出願したことが明らかになった。分類は薬剤などが含まれる第5類で、商品詳細などは明らかになっていない。(2023/10/2)

第5回 建設・測量生産性向上展:
“カラーコーン”商標を持つセフテックが共同開発 72時間稼働のAIで無人化する「交通量調査」
交通量調査は、交差点などを通行する車両や通行人を人が手に持ったカウンターで記録しているが、人員の手配や確保、計測のミスなどがネックだった。AIを使った交通量調査システム「トラカメ」は、システム一式を設置するだけで人や車両を自動認識し、詳細なデータが取得できる。(2023/9/26)

メルカリ、「ポケカ」の無許諾「レプリカ」「メタルカード」出品削除へ ポケモン社は法的措置も検討
メルカリは19日、トレーディングカードゲーム「ポケモンカードゲーム」の商標や著作物を無許諾で使用した「レプリカ」「メタルカード」と呼ばれる商品の出品を10月3日から禁止すると発表した。削除対象になる。(2023/9/20)

本田雅一の時事想々:
なぜ「AFURI」は炎上したのか 商標権めぐる主張で重ねた「悪手」
「AFURI」をめぐる商標権争いが、係争相手の吉川醸造によって表面化し、炎上している。ネットでは、商標権を保有するAFURIへの批判的な意見が多い。なぜ、AFURIは当たり前の権利を主張しているのに炎上したのか。(2023/8/29)

「商標権侵害は写真を見れば明白」 酒造メーカーの「全廃棄要求された」との訴えに、ラーメン店が反論 日本酒“ AFURI”商標めぐり
AFURI社が8月26日に公式サイトで声明を発表しました。(2023/8/26)

要求は「商品の全廃棄」“AFURI”商標巡り酒造メーカーがトラブル告発 ラーメン店社長は反論「私、間違ってるでしょうか?」
両者の主張は。(2023/8/25)

「ゆっくり茶番劇」騒動がほぼ決着 無効審決が出る
ドワンゴは、2022年2月に登録された商標「ゆっくり茶番劇」について、7月12日付で無効審決が出たと発表した。一定期間内に審決取消訴訟が起こされなければ確定する。(2023/7/24)

経済の「雑学」:
G-SHOCKの初代モデルは、なぜ40歳で“形状”を認められたのか
G-SHOCKの初代モデルが立体商標として登録されました。立体商標に登録されるのは狭き門として有名ですが、カシオ計算機はどのような手を打ってきたのでしょうか。取材したところ、意外なことが分かってきて……。(2023/7/21)

G-SHOCK初号機のフォルムが立体商標に カシオ「目に見えない価値を可視化した」
カシオ計算機が「G-SHOCK」初号機の八角形フォルムを立体商標として登録していたことが分かった。(2023/7/14)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
米コカ・コーラ「何が起こるか試したい」 生成AIで商標資産を“民主化”する真意
米国テキサス発のあるスタートアップが注目されている。同社は「無料の水を提供する世界初の会社」をうたい、水を無料で消費者に提供し、さらに寄付まで行いながら収益を得ている。また米コカ・コーラでは、生成AI技術を使った広告制作を可能とするプラットフォームを開発した。その真意とは何か――。パロアルトインサイトCEOの石角友愛が、米国リテール業界で起きている先端事例をリポートする。(2023/6/22)

「Apple Vision Pro」のEyeSight、スバルの運転支援システムと商標かぶる? 実際は25年前に……
「Vision Pro」のEyeSightという名称が気になってしまった皆さん。記者も気になったので調べてみた。(2023/6/9)

維持管理:
奥村組とアクティオのパイプクーリング流水自動制御システム「ひえたくん」がNETIS登録
奥村組とアクティオは、マスコンクリートのパイプクーリングの効果を高めるために、クーリング水の流量・流水方向自動制御するシステムを開発した。このほど、その機能を拡充し、「ひえたくん」と命名して、商標・NETISに登録した。(2023/4/12)

収益の柱:
東映アニメーション、「オトナプリキュア」を商標出願
東映アニメーションが「キボウノチカラ オトナプリキュア '23 Power of Hope」を商標として出願していることが分かった。(2023/3/13)

「ゆっくり実況」商標の出願拒絶に「喜ばしい進捗」とドワンゴ 「弊社の見解とおおむね一致」
特許庁がドワンゴによる「ゆっくり実況」「ゆっくり劇場」「ゆっくり解説」の文字商標登録を拒絶した件を巡り、同社が「喜ばしい進捗」とコメントした。(2023/2/16)

「ゆっくり実況」商標出願が特許庁から拒絶 ドワンゴ「弊社の見解とおおむね一致」「判断を歓迎」
(2023/2/16)

「ゆっくり実況」などの商標出願に拒絶通知 ドワンゴが「誰も登録できないと明らかにする」と出願
特許庁が、ドワンゴによる「ゆっくり実況」などの文字商標登録を拒絶した。同社は「ゆっくり茶番劇」騒動を巡り「誰も商標登録できないことが明らかにする」としてゆっくり実況などを商標出願していた。(2023/2/15)

Switch用コントローラーに不正な偽装品 任天堂が注意喚起 「並行輸入品」として純正品装う
任天堂は、ゲーム機「Nintendo Switch」用のコントローラーなどの同社の商品で不正な偽装品が販売されているとして注意喚起した。任天堂の商標などを利用し、純正品と偽っているという。(2022/12/15)

サラリーマン、プリキュアを語る:
何が問題? プリキュアファンを毎年悩ませる「商標バレ」
プリキュアでも商標バレは毎年のように起こります(幸いにも2022年はまだ起きていません)。(2022/11/24)

“うんこマーク”商標出願でネット騒然 出願者は「株式会社うんこ」、狙いは? 社長に聞いた
うんこが商標出願されているとするトピックがTwitterで話題になっている。出願されたのは、うんこの形を模したイラスト図。うんこグッズの開発や販売を手掛ける「うんこ」という企業が出願者になっている。10月22日までに出願を確認した。野畑昭彦社長に取材し、出願の経緯や狙いなどを聞いた。(2022/10/22)

知財ニュース:
キヤノン、米国での模倣品販売者に対する商標権侵害訴訟に勝訴
キヤノンは、カメラ用バッテリーやインクジェットプリンタ用プリントヘッドなどの模倣品販売者に対して行った、米国での商標権侵害訴訟に勝訴した。(2022/10/20)

導入事例:
菌とウイルスの除去に特化した空調システムの共同開発を開始、鹿島と日機装
鹿島建設は、日機装とともに、感染症対策に配慮した空調システム「Stela UVC(商標登録出願中)」の共同開発を開始した。既に、両社は、神奈川県横浜市の再開発地域「横浜みなとみらい21」内にオープンしたオフィスビル「横濱ゲートタワー」の一部エリアにStela UVCのコンセプトモデルを試験導入し、実証を進めている。(2022/9/28)

頭脳放談:
第268回 ArmがQualcommをライセンス契約違反で訴えたのはなぜか?
Armがライセンス契約違反と商標権侵害でQualcommを提訴した。プレスリリースだけでは、詳細をうかがい知ることはできないが、筆者の過去の経験などから妄想たくましく、この提訴の行く末を考えてみた。(2022/9/20)

アナリストが指摘:
ArmのQualcomm提訴は「アーキテクチャライセンスの機会を損なう」
Armは2022年8月31日(英国時間)、QualcommとNuviaを、ライセンス契約違反および商標権侵害で提訴したと発表した。Armは両社が商標権を、ライセンス供与されていない製品に使用することによって侵害したという。あるアナリストは、米国EE Timesのインタビューに応じ、「Armは今回の訴訟によって、アーキテクチャライセンス供与の機会を損なう可能性がある」と述べている。(2022/9/9)

「aiwaデジタル」誕生 Androidスマホ、Windowsタブレット、スマートウォッチなどを投入へ
JNSホールディングス傘下のJENESISが、アイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得した。「aiwaデジタル」シリーズとして、Androidスマートフォン/タブレット、Windowsタブレット、IP67対応のスマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

新生「aiwaデジタル」誕生 8月にAndroidスマホ/タブレット、スマートウォッチを投入
JENESISが6月29日、オーディオメーカーのアイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得したことを発表した。2022年8月(予定)から、新生「aiwaデジタル」シリーズの製品を順次販売する。第1弾商品として、フラグシップのAndroidタブレット、スマートフォン、スマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

「ゆっくり茶番劇」商標の放棄による抹消登録を確認 「これ以上特定個人を攻撃したり非難することは控えるようにお願いしたい」
特許庁の情報プラットフォームからも確認できます。(2022/6/11)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標権放棄されても「無効審判請求行う」
「ゆっくり茶番劇という表示は商標として登録されるべきではなかった」ことを明らかにするため。(2022/6/2)

「ゆっくり茶番劇」登録取り消しを特許庁が受理 ドワンゴは無効審判請求の姿勢崩さず
特許庁が文字商標「ゆっくり茶番劇」の商標権抹消登録申請書を受理したことを受けて、ドワンゴはこの商標登録に対する無効審判請求を行うと改めて発表した。(2022/6/2)

「ゆっくり茶番劇」商標の抹消申請が受理される 柚葉さんはTwitterのアカウントを削除か
YouTubeのアカウントは現在も残っています。(2022/6/2)

ドワンゴ、「ゆっくり実況」など商標を出願 独占防止のため
ゆっくり茶番劇の騒動を受けての対応。(2022/6/1)

ドワンゴ、「ゆっくり実況」「ゆっくり解説」「ゆっくり劇場」を商標出願 ゆっくり茶番劇騒動を受けて
ドワンゴが「ゆっくり実況」「ゆっくり解説」「ゆっくり劇場」の3つの商標登録を出願したことが6月1日付の公開商標公報で明らかになった。商標出願日はいずれも5月24日付。(2022/6/1)

Apple、「RealityOS」を商標登録か? 登録したRealityo Systemsはダミー会社か
が開発中のAR/VRグラス/ヘッドセット向けOSと目される「RealityOS」が米国で商標登録された。登録した企業はAppleのダミー会社なのではとされている。(2022/5/30)

ニコニコ、削除してしまった「ゆっくり茶番劇」動画を復活へ 「不安から動画消した」相談多く
ドワンゴは、動画配信サービス「ニコニコ」で、「ゆっくり茶番劇」の文字商標登録を理由に削除した動画を復旧すると発表した。(2022/5/26)

いずれも審査前:
第三者が「スーパーニンテンドーワールド」「童貞を殺すセーター」を商標出願 第二の「ゆっくり茶番劇」騒動に?
ゆっくり茶番劇同様、第三者が「スーパーニンテンドーワールド」と「童貞を殺すセーター」を文字列として特許庁に商標出願していることが分かった。記事執筆時点では、いずれも出願が受理されたのみで、審査待ちの状態だが、今後の状況次第では、第二の“「ゆっくり茶番劇」騒動”に発展する可能性がある。(2022/5/25)

YouTuber「柚葉」さん、「ゆっくり茶番劇」の商標登録を抹消申請 「誹謗中傷で本来の目的を全うすることが困難」
動画サービス「ニコニコ動画」などで親しまれてきた「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された問題で、商標権者とみられるYouTuber「柚葉」さんが、自身の公式Twitterアカウントで、ゆっくり茶番劇の商標登録を抹消する申請を出したと発表した。(2022/5/24)

「ゆっくり茶番劇」 柚葉さんが商標の抹消登録申請を行ったと報告
(2022/5/24)

官房長官が「ゆっくり茶番劇」巡りコメント 「一般論としては適切な二次創作物の保護が重要」
松野博一内閣官房長官は記者会見で、「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された件について、「一般論として、二次創作については適切かつ正当に創作物が保護されることが重要」との見方を示した。(2022/5/24)

“東方”原作者も「ゆっくり茶番劇」問題に声明 「東方Projectの二次創作としてなら商標権の効力は及ばない」
ゲーム「東方Project」を手掛ける同人サークルの上海アリス幻樂団が、「ゆっくり茶番劇」が文字商標として登録された件について、「『東方Project』の二次創作として『ゆっくり茶番劇』をコンテンツとする動画について『ゆっくり茶番劇』を使用する行為について、商標権の効力は及ばない」とする見解を発表した。(2022/5/24)

【全文】「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動 ドワンゴは会見の質疑応答で何を語った? 一問一答
動画サービス「ニコニコ動画」などで親しまれてきた「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された問題で、ドワンゴが緊急記者会見を開いた。会見内の報道陣からの質疑応答に、ドワンゴはどう回答したのか。一問一答形式で紹介する。(2022/5/24)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標権放棄交渉や無効審判請求へ 相談窓口も開設
動画サービス「ニコニコ動画」などで親しまれてきた「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された問題で、運営元のドワンゴが商標権者に対して放棄交渉を始めると発表した。放棄に応じなかった場合は、商標登録の無効化を目指し、無効審判を請求する。(2022/5/23)

「ゆっくり茶番劇」柚葉さんが商標抹消を弁理士に依頼か、元所属コミュニティーが報告
結果が出るまでは2週間ほどかかる見込みです。(2022/5/23)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉へ 応じなければ無効審判請求
ドワンゴは、「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された件について、「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉などを行うと発表した。(2022/5/23)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
(2022/5/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。