ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「商標」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「商標」に関する情報が集まったページです。

ビジネスを守る奥義、知っていますか? 特許庁が「商標権」の特設サイトを公開、パクリ企業とカンフーで戦う“無双おじさん”動画も
特許庁が商標権の普及啓発を目的とした特設サイトと動画を1月21日に公開した。(2020/1/22)

PR:「商標拳」って言いたいだけだろ! 「パクリ」をテーマにした特許庁の動画が爆誕
「商標拳」をめぐって熱いバトルが繰り広げられている……!(2020/1/22)

2019年で50周年:
UCC、缶コーヒーで食品業界発の「色彩のみ」商標登録 申請から4年越し“悲願”の裏側
UCC上島珈琲は、UCC ミルクコーヒーの色彩デザインを商標登録したと発表した。2015年の出願から4年越しの登録となった。特許庁やUCC上島珈琲の担当者に経緯などの話を聞いた。(2019/12/18)

茶色・白・赤 UCCミルクコーヒーの3色が「色彩のみからなる商標」に登録
色だけで分かるってすごい。(2019/12/12)

商標権の侵害:
「300円均一」売り場に「3COINS」の看板がNGとは知らず… ココカラファインが謝罪
ココカラファインが他社の商標権を侵害したとして謝罪した。子会社の運営店舗に300円均一コーナーを展開。「3COINS」と掲載された看板を出してしまった。(2019/11/25)

材料技術:
繊維アパレル業界に、植物由来多孔質炭素材料のライセンスを開始
ソニーは、繊維・アパレル業界に対し、植物由来多孔質炭素材料「Triporous」のライセンスを開始した。「Triporous FIBER」の商標名で展開される繊維アパレル製品は、優れた消臭力が長時間持続し、洗濯することで機能が回復する。(2019/11/11)

任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
「ポケモン」開発元のゲームフリークが連名。「炎」や「水」でも出願していることから、ポケモンに関連する出願と思われます。(2019/8/19)

ユニクロとジーユー、PayPayに対応 年内は唯一のコード決済手段に 商標登録“ユニクロペイ”は?
ユニクロとジーユーでモバイル決済サービス「PayPay」が使えるようになる。(2019/8/7)

Apple、日本でも「Apple Card」と「Apple Cash」の商標登録を出願
チタン製のApple Cardは日本でも発行されるだろうか?(2019/8/6)

まだ登録されていない:
「UNIQLO Pay」商標出願 決済サービスに使うかどうかも含めて未定
「UNIQLO Pay(ユニクロペイ)」の商標が特許庁に出願された。ユニクロを運営するファーストリテイリングにその理由を聞いた。現時点では決済サービスに使うかどうかも含めて未定だという。(2019/7/23)

ファストリ、「UNIQLO Pay」を商標出願 スマホ決済参入を検討 「始めるかどうかは未定」
ファーストリテイリングが、特許庁に「UNIQLO Pay」の商標登録を出願。「キャッシュレス決済を始める案があることは事実」だという。だが、「実際に始めるかどうかは何も決まっていない」としている。(2019/7/22)

ヤフーが広告用語で“大量の商標出願” 「先取りを防ぐため」「独占の意図はない」と説明
ヤフーがネット広告業界で広く使われている用語の商標登録を相次いで出願。同社は「独占の意図はない」「業界で広く使えるようにする」と説明。(2019/7/8)

キム・カーダシアンの下着ブランド“Kimono”が商標登録出願 文化の盗用ではと疑問視する声
Kimono=下着になったとしたら……? (2019/6/26)

アディダスの3本ライン、「商標権は無効」判決 EU裁判所「独自性が十分ではない」
アディダスは大きな影響はないとしています。(2019/6/20)

「PCエンジン」の商標を、BIGLOBEが持ってるワケ
ゲーム機開発とは縁遠そうなBIGLOBEが、PCエンジンの商標を保有している。なぜだろうか?(2019/6/12)

決済サービスの名称として「Pay」を商標登録できないのはなぜか?
Apple Pay、Google Pay、PayPay、楽天Pay、LINE Pay、メルペイ、古くはPayPal、WeChat Pay、Alipay。「なんとかPay」だらけだが、「Pay」という決済サービスはない。なぜだろう?(2019/2/27)

ヨドバシカメラ、「ヨドペイ」開発報道を否定 「商標出願は事実」
ヨドバシカメラがスマホ決済「ヨドペイ」を開発しているとの報道。しかし同社は「開発している事実はない」と否定。ただ、商標出願は事実という。(2019/2/18)

まね“された”側の「ティラミスヒーロー」にも商標問題浮上 海外のイラストレーターがキャラの類似を指摘
経営者のペギーさんは影響を受けていることについては肯定。(2019/2/7)

元号の商標登録は不可 特許庁、基準で明確化
特許庁が、商標審査基準を改訂。新旧の元号を商標登録できないことを明記した。(2019/1/30)

ティラミス専門店「HERO’S」騒動めぐり謝罪、ロゴ使用権をシンガポール発のティラミス店に渡すと発表
商標登録したロゴの使用権を、シンガポール発のティラミス店「The Tiramisu Hero」の日本側運営会社に渡すとしています。(2019/1/22)

新聞にカイジやケロロ、キン肉マン 「正規版と海賊版を見分けるマーク」を漫画キャラが啓発
11月30日に商標登録した「ABJマーク」の新聞広告。(2018/12/13)

「きのこの山」などに続き:
人型ロボット「Pepper」が立体商標に “見ただけで分かる”
人型ロボット「Pepper」の形状が立体商標として登録された。「外観だけで広く一般的に認識されることが認められた」ため。過去には明治の「きのこの山」などが登録されている。(2018/11/22)

店舗のシンボル:
ファミマの「緑色」「白色」「青色」、「色彩のみからなる商標」に登録
ファミリーマートは9月28日、「緑色」「白色」「青色」の3色で構成されるブランドカラーが「色彩のみからなる商標」として特許庁に登録されたと発表した。11992年から使用しているブランドカラーは、顕著な識別性があると判断されたという。(2018/9/28)

「キラキラ☆ウォーカー」運営者を詐欺罪などで逮捕 「ポケコイン2万円分もらえる」と偽キャンペーン展開
詐欺罪のほか、著作権法違反、商標法違反、不正競争防止法違反の容疑も。(2018/9/27)

ミクシィ「商標法違反の認識ない」 チケキャンめぐる社長らの書類送検にコメント
チケットキャンプの「ジャニーズ通信」をめぐり商標法違反の疑いでミクシィ社長などが書類送検されました。(2018/6/22)

後任は「モンスト」生みの親・木村氏:
書類送検のミクシィ森田社長、前倒しで辞任
ミクシィが、当初の予定を前倒しして社長交代。商標法違反の疑いで書類送検された森田仁基社長が辞任したため。後任には、現取締役の木村弘毅氏が就く。(2018/6/22)

ミクシィ社長ら書類送検 「チケキャン」運営子会社、ジャニーズ事務所の商標侵害の疑い
「チケットキャンプ」運営元が提供していた別のサイト「ジャニーズ通信」が、ジャニーズ事務所の商標権を侵害していたとして、兵庫県警は22日、フンザの社長を兼任しているミクシィの森田仁基社長らを商標法違反の容疑で書類送検した。(2018/6/22)

「たけのこの里」が「きのこの山」に続いて立体商標出願 “きのたけ戦争”が商標権の面で互角に?
認められたら、きのこ派の優位性が1つなくなる……。(2018/6/18)

他社の商標「艦娘」、宣伝番組で誤って使用 「アズレン」運営が謝罪
艦船擬人化ゲーム「アズールレーン」を運営するYostarは、同ゲームの公式Web番組などで、DMM GAMESが商標を持つ「艦娘」など他社の登録商標を誤って使用していたとし、謝罪文をWebサイトに掲載した。「チェックミスが原因」としている。(2018/6/4)

DMM GAMES「他社ゲームの宣伝に『艦娘』使われた」 声明を発表
DMM GAMESは、同社グループが商標を取得している「艦娘」という呼称が、他社ゲームの宣伝・告知の中で使われていることを確認したとの声明を発表した。このゲームと艦これは「一切関係ない」としている。(2018/6/1)

「艦これとは一切関係ない」 DMM GAMES、他社ゲームの宣伝で「艦娘」が使われたことにコメント
DMMグループは「艦娘」を商標登録しているとも述べています。(2018/5/31)

任天堂、「N64」を商標出願 「NINTENDO64ミニ」への布石かとうわさ呼ぶ
任天堂は2017年にも、NINTENDO64用コントローラーのイラストを欧州で商標出願していました。(2018/5/24)

「♪エ・バ・ラ、焼肉のたれ」サウンドロゴが音商標として認可
焼き肉食べたくなる。(2018/5/22)

お客との「絆」:
「エ・バ・ラ、焼き肉のたれ♪」が“音商標”に 50年前からCMで使用
エバラ食品工業のサウンドロゴ「エ・バ・ラ、焼き肉のたれ」が商標登録された。1968年にテレビCMで使用して以来、50年間にわたって使用されてきた。(2018/5/21)

「誰が見てもきのこの山と分かる」:
「きのこの山」が立体商標に 「登録拒絶」乗り越え
明治の「きのこの山」が立体商標に登録。一度は登録を拒絶されたものの、「見ただけできのこの山だと分かる」識別力を有していることが認められた。(2018/5/10)

次の仮面ライダーは「仮面ライダージオウ」か? 東映の商標出願が確認される
つづりは「ZI-O」。(2018/5/8)

キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」が立体商標として登録 文字がなくても何だか分かる
50年以上変わらぬデザインです。(2018/4/18)

文字や図形なし、容器のみ:
キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」が立体商標に “ひと目見たら分かる”
キッコーマンが「しょうゆ卓上びん」が立体商標に登録されたと発表。1961年に世に出て以降、55年以上にわたって消費者に親しまれてきた。同社は「容器をひと目見ただけで“キッコーマンの卓上びん”と認識できることが認められた」としている。(2018/4/17)

六花亭、「そだねー」商標出願についてコメント 独占の意図なしと説明
六花亭は「なんもなんも」など方言を製品名に使っており、「そだねー」も愛着ある言葉として使いたいと説明。(2018/3/22)

「北海道のおやつとして親しんで」:
「そだねー」商標申請で批判続く六花亭、「独占のつもりない」と声明文発表
「そだねー」を商標申請中の六花亭製菓が声明文を発表。「独占という印象は避けにくいが、弊社が申請中の他の商標は他社にぜひ使ってほしいと伝えたところだった」という。申請を巡り、ネット上では「そこまでして独占したいのか」などの批判が集まっていた。(2018/3/22)

販売差し止め求める:
キングジム、商標権侵害でエレコムら提訴 「テプラ PRO」に似たロゴ無断使用
文具メーカーのキングジムが、カラークリエーションとエレコムを提訴。前者が製造、後者が販売を担う、「テプラPRO」と互換性のあるテープカートリッジのロゴが本家に酷似しているため。商品名・ロゴの使用許可を求める問い合わせはなかったという。(2018/1/19)

集英社が「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」の商標を出願 「5部アニメ化か」とファンから期待の声
これでアニメ化が確定したわけではありませんが、可能性はかなり高くなったと言えそうです。(2018/1/12)

サイトは停止中:
ミクシィ、チケキャン問題で調査委を設置
チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」が商標法違反容疑などで捜索を受けた問題で、親会社のミクシィが調査委を設置。(2017/12/12)

チケットキャンプ、サービス一時停止 商標法など違反の疑い
ミクシィが、チケット売買サービス「チケットキャンプ」のサイト上の表示について、商標法違反・不正競争防止法違反の容疑で捜査当局の捜査を受けた。(2017/12/7)

「チケットキャンプ」に当局の捜査 サービスを一時停止に
商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で当局の捜査を受けました。(2017/12/7)

サービスは一時停止:
「チケットキャンプ」商標法・不正競争防止法違反容疑で捜査
ミクシィグループのフンザが運営する「チケットキャンプ」が、商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で捜査。新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止する。(2017/12/7)

続く「2ch」の商標権争い ひろゆき氏、Race Queenを提訴していた
「2ちゃんねる」の商標権争いが続いている。ひろゆき氏がRace Queenを相手取り、「2ちゃんねる」「2ch」の商標権の差し止めを求める訴訟を、東京地裁に起こしている。(2017/11/28)

3分で商標出願 AI活用「Cotobox」 弁理士がリリース
商標登録出願の準備が簡単にできるオンラインサービス「Cotobox」β版が公開された。出願書類の作成が最短3分で可能という。(2017/11/20)

「アプリ★ゲット」のスパイシーソフト、競合メディア「MoguraVR」の商標取得していた 露骨な“競合つぶし”ではとの声も
スパイシーソフトはVR情報サイト「VR Inside」を運営しており、「Mogura VR」とは競合関係にありました。(2017/11/15)

競合メディアにサイト名を商標登録された――「Mogura VR」が異議申し立て
VR関連メディア「VR Inside」を運営するスパイシーソフトが、競合メディア「MoguraVR」の商標を登録していた件で、Mogura VRが無効審判請求を特許庁に提出。(2017/11/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。