ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネット広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

東京タワーで“蝋人形”になった伝説のミュージシャンが問う、「ITはロックをコロナから救えるか」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ブライアン・イーノ、タンジェリン・ドリームなどと深い交流を持つ伝説的ミュージシャンがコロナ禍で動いた。(2020/7/3)

今日のリサーチ:
コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティング施策について不安やノウハウ不足を感じる」と回答しています。(2020/7/1)

個室トイレで動画広告 壁にタブレット設置、混雑時は本数減 都内のビルで実験
東京建物とバカンが、ビルの個室トイレで動画広告を流すサービスの開発に着手。壁にタブレット端末を配置し、約30秒の広告を複数本再生。IoTセンサーと連携し、混雑時は本数を減らす。(2020/6/30)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ややこしい作業はAI任せの「Luminar 4」が面白い ハデハデ空写真から実用的なフォトレタッチまで
最近、SNSやWeb広告でよく見る「Luminar 4」を買ってみたら、予想以上に面白かった。うたい文句通り、ややこしいテクニックなしでハデハデな写真が作れるし、実用的なフォトレタッチソフトとしても使える。(2020/6/30)

中村研太のSEOウォッチ(2020年1〜6月):
Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向においては、どのような変化があったでしょうか。(2020/6/30)

今日のリサーチ:
消費者文脈が広告効果に与える影響とは?――GumGumとSPARK Neuroが共同調査
消費者が接しているWebサイトの「文脈」が、見る人の情緒的反応や記憶や購買意欲にどのように影響を与えるか。脳科学の観点から調査したレポートです。(2020/6/24)

緊急特集 デジタル変革の旗手たち――緊急対応編:
AIで店舗の「3密」対策、社内ハッカソンから2週間で実装――サツドラホールディングス 代表取締役社長 富山浩樹氏
北海道を中心に約200店舗を展開するドラッグストアチェーン「サツドラ」は、コロナ禍においてどんな「英断」をくだしたのだろうか。(2020/6/22)

今日のリサーチ:
広告活動に自粛を求める人は半数未満 世代によって差――原宿サン・アドとマイボイスコムが調査
新型コロナがもたらした企業・広告に対する消費者意識の変容を調査しています。(2020/6/16)

アフターコロナの広告業界:
リモートワークで広告クリエイティブ制作の「3密」は変わるか monopoと東北新社が業務提携
東京発のグローバルクリエイティブエージェンシーmonopoと東北新社が遠隔で映像制作ができるサービス「STUDIO DISTANCE」を開始。コロナ禍への対処を超えた真の狙いとは。(2020/6/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ベールに包まれた宇宙ビジネス、夢見る起業家の勝機はどこに?
米スペースXの「クルードラゴン」が5月31日に、民間企業としては初の有人宇宙飛行を成功させた。同社を率いるイーロンマスク氏をはじめとして、AmazonCEOのジェフ・ベゾス氏や、国内では堀江貴文氏といった著名な起業家が、宇宙を次のビジネス機会と捉えている。宇宙ビジネスのいかなる点にチャンスがあるのだろうか。(2020/6/12)

ヤフー、今夏のインターンはリモートで どこに住んでいても参加OK
ヤフーが夏のインターンをオンラインで開催。学生の居住地に関わらず参加でき、通勤による感染リスクを心配する必要もない。(2020/6/11)

「わたしたち、実はいないんです」 AIが生成した架空人物モデルの画像販売「INAI MODEL」が登場
生きているような髪型や表情。(2020/6/9)

AIが「架空のモデル画像」を生成 広告・ポスターで利用可能 スキャンダルでの降板リスクをゼロに
AIが実在しないモデルの画像を生成するサービス「INAI MODEL」がスタート。画像を購入した企業は、架空のモデルをWeb広告やポスターなどに起用できる。モデルとの契約期間を気にせず永久に使用できるほか、モデルがスキャンダルを起こすリスクがないのが特徴。(2020/6/8)

モズクや緑茶、「新型コロナ予防効果」に合理性なし 消費者庁がネット広告に改善要請
ネット広告などで新型コロナウイルス感染症の予防効果などを標ぼうする健康食品や除菌スプレーの販売業者に消費者庁が改善要請。一般消費者にも注意喚起。(2020/6/8)

数カ月のテストを経て8月末から正式に開始:
「Google Chrome」ブラウザ、リソースを大量消費するWeb広告をブロック
Googleは「Chrome」ブラウザに、ディスプレイ広告が使用できるリソースを制限する機能を導入する。(2020/6/8)

マーケティングをアップデートする:
パナソニックが実践するCDP活用 コモディティ化した家電を「買ってもらうための訴求」とは
CDP(Customer Data Platform)を活用した広告運用、Webサイト最適化、そして顧客理解の深化について、パナソニックの国内家電部門におけるデジタルマーケティング担当者が語った。(2020/6/5)

今日のリサーチ:
マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査――GMOプレイアドとGMOリサーチ
動画広告への期待度と課題について、企業のマーケティング担当者に聞いています。【訂正】(2020/6/4)

北欧スタートアップ「ヴェアホイ」:
木製腕時計をつくった会社に、なぜ3000万円超の資金が集まったのか
新型コロナの感染拡大を受けて、多くの会社で売り上げが低迷している。そんな状況のなかで、達成率5000%と予想をはるかに超えて支援額が伸びている、海外発のクラウドファンディングプロジェクトがある。それは……。(2020/5/26)

成功するサブスクリプションビジネス【後編】:
「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「バンダイチャンネル」の担当者に聞いた。(2020/5/25)

「スシロー」の映像広告がまさに回転寿司! 横長の大型デジタルサイネージを生かした動きが未来っぽい
これは回転寿司に行きたくなる。(2020/5/23)

サイバーエージェント、マーケティングのDX専門組織を設立 店舗の販促などにAI活用
サイバーエージェントは、従来の広告活動に限定しない、マーケティングのDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進する組織「DX Opportunity Cente」を設立した。(2020/5/18)

成功するサブスクリプションビジネス【前編】:
サブスクの難題「カジュアルな解約」を防ぐためにできること
サブスクリプションビジネスが浸透し利用者の行動にも変化が見られます。新たな課題として浮上したのが「何となく」の解約行為。これにどう対処すればいいのか。エキスパートが解説します。(2020/5/18)

Chromeブラウザ、“リソース食い”な重い広告のブロックを8月末から開始
GoogleがChromeの動作を重くする“リソース食い”な広告をアンロードして非表示にする計画を発表した。8月終わりごろリリース予定の安定版(バージョン85とみられる)から開始する。(2020/5/15)

LINE、20年度1Qは最終赤字82億円 広告事業は好調も、「FRIENDS STORE」の営業自粛など響く
LINEが2020年12月期第1四半期(1〜3月)の連結決算を発表。最終損益が82億8300万円の赤字だった。広告事業は好調だったが、グッズ店「LINE FRIENDS STORE」の営業自粛などが響いたとしている。(2020/4/28)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(2):
たった1分前に行われた認証すら信用できない、ゼロトラストセキュリティの利点とは
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、新たなセキュリティモデルである「ゼロトラストセキュリティ」の特徴について。(2020/4/23)

サイバーエージェント藤田社長「コロナの影響は3Q以降」 好調のネット広告で「出稿キャンセル」などの動き
サイバーエージェントが、2020年1〜3月期決算を発表した。売上高と営業利益共に好調だったが、4月以降は新型コロナウイルスの影響で広告事業の売上高が減少する見込みという。(2020/4/22)

半径300メートルのIT:
無料サービスと引き換えに蓄積されるプライバシー情報、巨大企業に「自分の分身」を預けるのが怖いなら
私たちは便利なサービスを利用するため、サービスベンダーにさまざまな情報を渡しています。検索キーワードや位置情報は、一つ一つなら大した情報ではありません。しかし長年にわたって蓄積されたこれらのデータには、確かな価値が生まれます。その価値によって得をするのは誰であるべきでしょうか?(2020/4/21)

セキュリティ・アディッショナルタイム(42):
DNS技術の“悪意によらない変化”で多くのものが失われる理由――AVAR 2019 基調講演
20年という時間がたてば、インターネットの環境も、サイバーセキュリティの動向も様変わりする。AVARはその間ずっと、セキュリティコミュニティーのナレッジ共有の場として機能してきた。(2020/4/20)

「つながり続けること」の重要性:
LINE広告の2020年の現況と新型コロナウイルス感染拡大下でのLINEの取り組み
「LINE Biz Online Conference」で明かされたLINEの広告ビジネスに関する概況と最新アップデートについてまとめた。(2020/4/20)

「文脈ターゲティング広告」を実現するGumGumの舞台裏
広告企業が「クラウドソーシング」で機械学習の教師データを整備 利点と課題は
独自の画像認識テクノロジーを持つ広告関連企業のGumGumは、クラウドソーシングでデータにタグ付け(アノテーション)をするFigure Eightのサービスを利用して、教師データを整備している。そのメリットと課題とは。(2020/4/16)

産業動向:
5Gで東京〜北海道の“動くサイネージ”を遠隔操作、施設で有効な広告モデルを検討
NTTコミュニケーションズとNTTドコモは、第5世代移動通信方式「5G」を用いた商業施設内で役立つ広告配信サービスの開発を進めている。(2020/4/14)

重視されるWeb会議のセキュリティ Microsoft Teamsのプライバシー保護とセキュリティをMSが強調
日本マイクロソフトは、テレワークやオンライン授業などで利用者が急増する「Microsoft Teams」のプライバシーとセキュリティに関する機能を公式ブログで発表。プライバシー保護、個人情報とアカウント情報、データ保護などに関する信頼性を強調した。(2020/4/9)

Amebaの広告配信システムで不正アクセス 氏名やメールアドレスなど約1000件に影響
サイバーエージェントは、同社が運営する広告配信システムが第三者による不正アクセスを受け、約1000件のユーザーの氏名やメールアドレスなどが一時的に外部からアクセスできる状態になっていたと発表した。(2020/4/8)

Gartner Insights Pickup(152):
Gartnerの「2020年以降に向けた重要な戦略的展望」に見る「人、テクノロジー、ビジネス」の今後
AIから仮想通貨、オンラインショッピングまで、技術はわれわれの生活やビジネスの在り方、そして人間とその能力に対する捉え方を変えつつある。CIO(最高情報責任者)やITリーダーは、この変化する世界への自社の対応をサポートする必要がある。(2020/4/3)

視聴率調査、世帯から個人へ より正確な計測で広告の効果向上狙う
視聴率調査を手掛けるビデオリサーチは、従来の世帯視聴率に加えて、どのくらいの個人が番組を見たかを示す「個人視聴率」の全国的な調査を始める。より正確に視聴状況を把握し、広告効果の向上につなげる狙い。(2020/3/30)

あの会社のこの商品:
家庭用プロジェクターの“ウザさ”を解決 家族で楽しめる「popIn Aladdin」開発秘話
広告配信プラットフォームなどを提供するpopInは、世界で初めてプロジェクターとスピーカーを内蔵したシーリングライト「popIn Aladdin」を開発した。メーカーでない同社はなぜ、壁をテレビのように使える商品を開発したのか。(2020/3/29)

広告を“緊急監視”していた:
在庫ないのに「マスク入荷」 根拠ないのに「新型コロナ予防」 消費者庁が新型コロナ巡り再度の注意喚起
消費者庁が新型コロナウイルスを巡って2回目の注意喚起を行った。現時点で根拠がないのに、感染症予防をうたう健康食品や光触媒商品などの広告を問題視。新たに、在庫がないにもかかわらず買えるかのように思わせるマスクの「おとり広告」も追加で注意。(2020/3/27)

「全国で〇人が見た」 視聴率調査、世帯から個人へ
視聴率調査のビデオリサーチ社は30日から、誰がどれくらい見たかを示す「個人視聴率」の全国的な調査を始める。(2020/3/27)

PR:“届けたいターゲット”を指定できる屋外広告とは? LIVE BOARDが挑む、デジタル看板の革新
看板やデジタルサイネージなどを活用した屋外広告「OOH」の分野で、インプレッション販売型のサービスを始めたのがLIVE BOARDだ。「プログラマティックOOH」によって、ターゲットを絞り込んだ、高い費用対効果が見込める広告出稿が可能になる。海外と比べて遅れている日本のOOHはどう変わっていくのか。(2020/3/25)

今日のリサーチ:
「2019年 日本の広告費」におけるインターネット広告媒体費の詳細――電通グループ4社が分析
媒体の種別でみると動画広告が飛躍的に伸長しており、取引手法では運用型広告が全体の約80%を占めるに至りました。(2020/3/18)

MAツール活用最前線:
エンジニア出身マーケターが「マーケティングファースト」を推進――アイ・エス・アイソフトウェアー
専門性が高く高額で売るのが難しい商材を売るためにMA(マーケティングオートメーション)を導入したアイ・エス・アイソフトウェアーに、現在の仕組みを構築するまでの話を聞きました。(2020/3/17)

PR:アロンアルフアの「接着ギャグ」アニメ、実は秘められたこだわりがすごかった! 接着のプロの解説が目からウロコ
強引な「接着ギャグ」で話題になったあのアニメ。実は細部に相当なこだわりが秘められていました。(2020/3/13)

ネット広告費、6年連続2桁成長で初のテレビ超え 検索サイトやSNSを中心に堅調な伸び
電通は、日本のインターネット広告費が、1997年の調査開始以来初めてテレビ広告費を追い越し、2兆円規模になったと公表した。検索サイトやSNSでの広告を中心に堅調な伸びを見せた。(2020/3/11)

30事業者、46商品が対象:
納豆、あおさ、マイナスイオン……本当に新型コロナに効果あり? 消費者庁が「客観性及び合理性を欠く」として注意喚起
消費者庁が新型コロナウイルスに関する注意喚起を発表。納豆やマイナスイオンなど、予防効果をうたう商品について、現時点では「客観性及び合理性を欠く」と判断した模様。(2020/3/11)

今日のリサーチ:
電通「2019年 日本の広告費」 インターネット広告費が初の2兆円超えでテレビを逆転
「物販系ECプラットフォーム広告費」と「イベント」領域も含めた日本の総広告費は通年で6兆9381億円になりました。【訂正あり】(2020/3/11)

規制の正当性とは何か
GoogleとFacebookを当局が規制するのは本当に正しいのか?
市場が独占状態にあることは好ましくない。市場を独占する支配的な企業は規制する必要がある。それは誰の利益のためなのだろうか。GoogleやFacebookによって不利益を被っているのは誰なのか。(2020/3/11)

消費者庁、「新型コロナウイルス予防効果」うたう広告に注意喚起 「効果を裏付ける根拠はない」
一部の健康食品やマイナスイオン発生器等に、景品表示法や健康増進法の観点から改善要請を行っています。(2020/3/10)

新型コロナ予防効果うたう広告に消費者庁が改善要請 マイナスイオン発生器や空間除菌剤も
新型コロナウイルス感染症の拡大に乗じ、感染予防効果を標ぼうする広告を表示していた事業者に消費者庁が改善を要請。健康食品、マイナスイオン発生器、空間除菌剤で30事業者の46商品が該当した。(2020/3/10)

Computer Weekly日本語版
当局によるGoogleとFacebookの規制に反対する理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/3/4)

NHK「クロ現+」で「アカウント売買の闇」を特集 「フォロー&リツイートで現金プレゼント!」はなぜ危険?
気軽なフォローから詐欺に巻き込まれるかもしれません。(2020/3/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。