ニュース
» 2009年05月27日 08時11分 UPDATE

Twitterのつぶやきスパム、今度はダイエット薬を宣伝中

ハッキングされたTwitterのアカウントを使い、ダイエット薬の販売サイトを宣伝する「つぶやき」が投稿されている。

[ITmedia]

 インスタントメッセージ(IM)で出回っていたスパムメッセージがマイクロブログサービスのTwitterに入り込み、ダイエット薬を宣伝する「つぶやき」を投稿している。セキュリティ企業のTrend Microが5月26日のブログで伝えた。

 問題のつぶやきは、ハッキングされたユーザーアカウントを使って投稿されている。文面はいくつかのパターンがあるが、いずれもダイエット薬販売サイトのリンクをクリックするよう促す内容。Twitterで「$5 acai」を検索すると、アカウントがハッキングされたユーザーのつぶやきが見つかるという。

twitspam.jpg つぶやきが誘導する宣伝サイトの例(Trend Microより)

 Twitterのつぶやきは140文字以内という制限があるため、スパムにはURL短縮サービスのTinyURLが活用され、不審なつぶやきであることが一層分かりにくくなっているという。

 「太り過ぎの人は世界で10億人を超すという統計もあり、体重を気にする人を標的としたこのような手口は、大当たりの確率もかなり高そうだ」とTrend Microは分析している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Twitter | スパム | フィッシング | 詐欺


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -