ニュース
» 2009年06月02日 08時42分 UPDATE

McAfeeの月例報告:5月のスパムは新型インフルやオバマ氏が話題に

4月から5月にかけてはオバマ米大統領の就任100日目、新型インフルエンザ流行といったニュースに便乗したスパムが出回った。

[ITmedia]

 ウイルス対策ソフトメーカーの米McAfeeは、5月度のスパム動向報告書を発表した。

 報告書によると、4月から5月にかけてはオバマ米大統領の就任100日目、新型インフルエンザ流行といったニュースに便乗したスパムが横行した。新型インフルエンザスパムは、医薬品宣伝スパムと結びつく形で出回った。

 また、米大手ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のFacebookやClassmates.comなどをかたり、動画へのリンクに見せかけてマルウェアをダウンロードさせようとするスパムも多数見つかった。

 スパマーもビジネスとしてのコスト削減と利益増大に力を入れており、リンクを不用意にクリックしてしまうユーザーがいる限り、ユーザーから金銭を騙し取るため一層巧妙な手口を使ってくるだろうとMcAfeeは予想している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -