ニュース
» 2009年06月02日 20時40分 UPDATE

「この学生はWinnyを使っていません」――「検査証」発行ソフト、ネットエージェントが発売

WinnyなどP2Pファイル交換ソフトの使用履歴を検査し、使用していない場合には「検査証」を発行するソフトを、ネットエージェントが発売した。

[ITmedia]

 ネットエージェントは6月2日、P2Pファイル交換ソフトの使用履歴を検査し、使用していない場合には「検査証」を発行するソフト「P2Pファイル共有ソフト 検査証明ソフトウェア」を発売した。

 就職活動中の学生が、就職希望先企業に検査証を提出し、「自分を採用しても、Winnyなどを通じた情報漏えいにはつながらない」とアピールするためのソフトで、大学など就職を控えた学生のいる教育機関に販売。教育機関が学生にソフトを貸し出し、学生は自宅のPCを検査、証明書を発行する――という流れだ。

 ソフトはCD-ROMに収録し、インストール不要で利用できる。P2Pファイル交換ソフト(Winny/Share/Perfect Dark/LimeWire/Cabos/BitCommet・BitTorrent)の使用履歴や、暴露ウイルスへの感染履歴をチェックし、見付からなければ、PCの機種名やシリアル番号入りの検査証を画面に表示・印刷できる。

photo P2Pファイル交換ソフトの使用履歴などが見付かった場合の画面
photo 見付からなかった場合の画面

 同社は、「Winnyなど依存性の強いP2Pファイル共有ソフトを使っている人材の採用を、情報漏えい防止上のリスクと考える企業も存在する」とし、同ソフトが企業のリスク回避と学生の就職支援につながると説明している。

 販売は100ライセンスからで、100ライセンス時の価格は14万1750円。

関連キーワード

ファイル交換ソフト | P2P | Winny | 学生


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -