ニュース
» 2009年06月05日 15時59分 UPDATE

“陵辱系ゲーム”発売禁止 業界団体が自主規制

アダルトPCゲームの業界団体は、性暴力を描写した、いわゆる「陵辱系ゲーム」の制作・販売の禁止を決めた。国内外からの批判を受けて決定した。

[ITmedia]

 アダルトPCゲームソフトメーカー233社でつくる業界団体・コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)は6月4日、強姦(ごうかん)など性暴力を描写した、いわゆる「陵辱系ゲームソフト」の制作・販売を禁止すると発表した。

 国内メーカー製陵辱系ソフトが英国で販売され、英国議会で問題視されるなど国内外から批判されたことを受け、陵辱系ゲームの販売禁止を決定し、同日以降審査するソフトすべてに適用を始めた。販売が日本国内限定であることをパッケージなどに明記することも求めた。

 ソフ倫は、アダルトゲームの自主審査機関。商業ルートで販売されるアダルトゲームは、大半がソフ倫の審査を受けて流通に乗るため、ソフ倫の審査を受けなければ、商業作品の店頭販売はほぼできない。今回の措置で、即売会などで販売される同人作品などを除けば、陵辱系ゲームの新作は発売できないことになる。

関連キーワード

成人向け | 業界団体 | PCゲーム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -