ニュース
» 2009年06月10日 08時20分 UPDATE

Adobeが初の定例更新版を公開、ReaderとAcrobatの脆弱性に対処

Adobe ReaderとAcrobatの脆弱性は事前に情報が公開され、不正なPDFファイルを使った悪用コードが出回っていた。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは6月9日、予告通りAdobe ReaderとAcrobatのアップデートを公開し、ゼロデイ攻撃に利用されていた深刻な脆弱性に対処した。

 影響を受けるのはAdobe Reader 9.1.1とAcrobat 9.1.1までのバージョン。Adobeのセキュリティ情報では13件の脆弱性を挙げ、それに加えて社内で見つかった脆弱性にも対処したとしている。悪用された場合、アプリケーションがクラッシュしたり、システムを制御されたりする恐れがある。

 特にJBIG2フィルタに存在する脆弱性は、不正なPDFファイルを使った悪用コードが出回っており、SANS Internet Storm Centerは早期のアップデート適用を呼び掛けている。

 AdobeはReader 9.1.2/8.1.6/7.1.3と、Acrobat 9.1.2/8.1.6/7.1.3でこの問題に対処。OSはWindows版とMac版が用意されている。UNIX版は6月16日に公開する予定。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -