ニュース
» 2009年06月17日 11時39分 UPDATE

アップデートでPalm Preでの利用を阻止?:Apple、「iTunesはApple製品専用のサービス」と強調

Appleは「自社のデバイスでiTunesとの同期が可能だと主張しているサードパーティーがあるが、今後のiTunesのアップデートでそうしたデバイスでの同期ができなくなる可能性がある」としている。

[ITmedia]

 米Palmは6月7日に発売した「Palm Pre」の“売り”の1つとして、iTunesとの同期が可能であることを挙げているが、近いうちにそれができなくなるかもしれない。Appleが6月17日、サポートページに掲載した「iTunes: About unsupported third-party digital media players(非サポート対象のサードパーティー製音楽プレーヤーについて)」という記事でそう示唆している。

 この記事でAppleは「iTunes、iTunes Store、App StoreはiPhoneおよびiPodとシームレスに接続できるように設計されている。自社のデジタルプレーヤーなどでiTunesとの同期が可能だと主張しているサードパーティーがあるようだが、Appleはそうした端末をサポートしていない。今後のiTunesソフトウェアのアップデートによって、非Apple製品との同期機能が失われる可能性がある」としている。

関連キーワード

iTunes | Apple | Palm Pre | App Store | iPhone | iPod | iTunes Store


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -