ニュース
» 2009年06月26日 08時14分 UPDATE

PCの脆弱性は平均12件――Secuniaが試算

脆弱性の修正パッチの適用は、ウイルス対策ソフトやファイアウォールを導入すること以上に重要だとSecuniaは指摘する。

[ITmedia]

 一般的なユーザーのPCには、平均で12件の脆弱性が解消されないまま残っている――。デンマークのセキュリティ企業Secuniaが、このような統計をブログで発表した。

 Secuniaは、PCプログラムの脆弱性を修正するパッチの適用支援ソフト「Secunia Personal Software Inspector」(PSI)の新バージョンを提供するのにあたり、同ソフトを導入していないPCについて、どの程度パッチが適用されているかを調べた。

 その結果、パッチ適用比率は平均で85%にとどまることが判明。PC1台当たりにインストールされているプログラムの平均本数を80本とすると、そのうち12本のプログラムでは脆弱性が放置されている計算になるという。さらに米国全体に当てはめると、27億2080万件の脆弱性が解消されないまま、悪用できる状態になっているとSecuniaは試算する。

 同社は2008年にPCユーザーの98%がプログラムの脆弱性を放置しているという統計を発表したが、この現状は今でもほとんど変わっていないという。

 脆弱性の修正パッチを適用しないと、Webサイトを見たり、PDFを開いたりしただけで、知らないうちに悪質コードをインストールされる恐れがあるとSecuniaは解説。パッチを適用することは、ウイルス対策ソフトやファイアウォールを導入すること以上に重要だと強調している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | パッチ | Secunia | セキュリティ対策


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -