ニュース
» 2009年07月07日 16時39分 UPDATE

パソコン通信の老舗CompuServe Classicがサービス終了

かつて米国最大のパソコン通信だったCompuServe Classicが30年の歴史に幕を下ろした。

[ITmedia]

 パソコン通信の老舗米CompuServe Classicが、6月末でサービスを終了した。

 同社は初めCompu-Serve Networkという名称で1969年に創業し(後にCompuServe Classicに改称)、1979年にコンシューマー向けサービスを開始した。かつては米国最大のパソコン通信として、50万人を超える同時接続ユーザーを誇ったという。

 その後1997年にAOLに買収されたが、ブロードバンドに押されて、同社のダイヤルアップ接続サービスは衰退していった。

 別バージョンのサービスCompuServe 2000はまだ存続しており、CompuServe Classicは利用者に2000への移行を勧めている。

 日本ではニフティが1986年から代理店としてCompuServe Classicサービスを提供していたが、こちらも6月末でサービスを終了している。

関連キーワード

ニフティ | サービス終了 | 買収 | AOL


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -