ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2009年07月10日 10時20分 UPDATE

Symbian Foundation、初のオープンソースパッケージを公開

Symbian Foundationが「OS Security Package」で初めてクローズドなライセンスから初めてオープンソースライセンスへ移行した。

[ITmedia]

 Symbian Foundationは7月8日、Symbianプラットフォーム向けセキュリティパッケージ「OS Security Package」を公開した。Eclipse Public Licence(EPL)を採用しており、同団体がオープンソースライセンスへ移行する初のパッケージとなる。

 このパッケージを最初にオープンソース化した理由について、同団体は、Symbianプラットフォームのソースコードを置いている英国の輸出規制を挙げている。同パッケージに含まれる暗号化ライブラリは輸出規制の対象となるが、パブリックドメインのソフトであれば適用外になるため、これまでのクローズドなSymbian Foundationh LicenceからEPLに移行したという。また、オープンでセキュアなプラットフォームの提供に真剣に取り組んでいることを示すためでもあるとしている。

 Symbian Foundationは、オープンな携帯電話プラットフォームを目指してMotorola、Nokia、NTTドコモ、Samsung Electronics、Sony Ericssonなどが設立した団体。年内にSymbian^2プラットフォームを完成させる計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.