ニュース
» 2009年07月10日 19時48分 UPDATE

実物大ガンダム公開スタート 早速見てきたフォトリポート

高さ約18メートルの1/1ガンダムが完成し、正式公開が始まる。遠くから見るとその大きさに、近くから見るとそのリアルさに驚く。この夏はカツ、レツ、キッカになった気分で白いモビルスーツを見上げよう。

[ITmedia]

 アニメの設定と同じ高さ約18メートルという“実物大”の「機動戦士ガンダム」が完成し、東京・お台場の潮風公園で7月11日から8月31日まで公開される。

 いわゆる「ファーストガンダム」の放映から30周年を記念して製作されたもので、緑あふれる都市再生と魅力あふれるまちづくりを目指す「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の一環で、東京へのオリンピック招致にも一役買う。

 実物大ガンダムは「30周年目の再スタート『For the next step』をテーマに、左足を一歩踏み出している姿をデザインした」というが、そのために設計段階からかなりの苦労があったという。潮風に耐えるため、素材にはFRP(繊維強化プラスチック)を採用した。

 8月21〜23日には、近くの東京ビッグサイトで「GUNDAM BIG EXPO」が開かれる。この夏、お台場はガンダム新時代のカタパルトになりそうだ。

photo 台場駅ホームから見えるガンダム。潮風公園にはゆりかもめ「台場」駅、「船の科学館」駅の両方から行けますが、ガンダムが立っている「太陽の広場」には台場駅からのほうが近い。駅には「ガンダムはこちら」といった案内も掲示されてます
photophoto 大地に立ってる実物大ガンダム (C)創通・サンライズ
photophoto とりあえず見上げてしまう
photophoto つややかな脚部。細部も作り込みまれてます
photophoto アイカメラはライトが点灯。首は可動
photophoto 全身のそこかしこに注意書きなどが書かれている
photophoto エアダクトなどから排気もします(実際は水蒸気なので涼しくなります)
photophoto 手は大きいけれども精密感がすごい
photophoto 後ろから見るとさらにメカメカしい
photophoto この辺を見上げると迫力満点
photophoto バックパックとビームサーベル。避雷針? らしきものも
photophoto 正直、カッコよかったです……
photo 会場などで販売される30周年記念公式パンフレット(2500円)には、富野由悠季さん、安彦良和さん、大河原邦男さんのコメントも。「(ガンダム30周年を迎え)なぜこのようになれたのか、ということは、嫌でも考える時間をいただきましたから、解答を得たかったのですが、いまだその理由はわかりません。ニュータイプではありませんから……」(富野さん)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -