ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「富野由悠季」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富野由悠季」に関する情報が集まったページです。

JAXAのガンプラ打ち上げ計画、東京五輪応援衛星が完成 ガンダムとシャアザクが宇宙からメッセージ
2020年春には富野由悠季監督書き下ろしのメッセージを、7月には東京五輪への応援メッセージを発信する予定。(2019/12/3)

富野由悠季と高橋留美子に文化庁長官表彰 優れた作品を多数発表してきたことを評価
令和最初の表彰となる今回は全74人が表彰されました。(2019/11/29)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:バンダイの「動くザク」を取材しに行ったら完全に「分かってる人」が出てきて最終的に「分かってますねえ……」と意気投合しました
ザクを組み立てて動かせる「ZEONIC TECHNICS」について、ガンダムオタク丸出しで取材してきました。(2019/10/11)

マシーナリーともコラム:
祝・ツインスティックついに完成! マシーナリーとも子、タニタ本社で「バーチャロン」のプロデューサーに会うの巻
ついに完成した「バーチャロン」用ツインスティックを触りに、マシーナリーとも子とタニタ本社へ突撃してきました。(2019/9/9)

見せてもらおうか、歴史の重みとやらを 「機動戦士ガンダム」40周年記念オフィシャルブックが発売決定
ガンダムシリーズ40年の歴史がこの1冊に!(2019/8/3)

劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」2019年秋公開決定 キービジュアルも初公開
富野由悠季さん「本作は楽しく観ていただきたいのです」(2019/7/23)

“誰もが知ってる”アニメ「ザ☆ウルトラマン」、YouTubeで無料配信
シリーズ初のアニメ作品、「ウルトラマンタイガ」に同族登場でブーム再燃か?(2019/5/22)

雑誌「Animec(アニメック)」が30年ぶり復活 「アニメ新世紀宣言」当時の思い出をコンテスト形式で募集
ーー「機動戦士ガンダム」は、受け手と送り手を超えて生み出されたニュータイプアニメである。(2019/5/10)

史上初のコラボ:
ガンダムvsハローキティ!? 国民的キャラクターがガチンコで“殴り合う”理由とは
「ガンダム」が今年で40周年、「ハローキティ」が45周年を迎える節目の年を記念して、コラボ企画「ガンダムvsハローキティ」が始まる――。(2019/3/29)

NHK「ガンダム誕生秘話」3月30日放送 富野由悠季・安彦良和・大河原邦男らが制作当時の過酷な環境語る
声優陣も、アムロ・シャア・ララァがそろっての参加。【更新】(2019/3/24)

架空世界で「認証」を知る:
ガンダム、パトレイバー、コードギアス――リアルロボットの“認証技術”を考察する
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第8回のテーマはサンライズ作品のリアルロボットの認証について。(2019/1/21)

展覧会「富野由悠季の世界」の開催が決定 富野監督の55年間の業績を振り返る
富野監督「嬉しかった反面、『展示するものなどはないのだからやめたほうがいい』と何度も伝えました」。(2019/1/5)

実物大ガンダム、歩く可能性も “夢のプロジェクト”実現へ、ロボット研究者ら集結
全高18メートルの実物大ガンダムを実際に動かす――そんな壮大なプロジェクトを実現するべく、ロボット研究者らが集結。2020年夏、その夢が実現される予定だ。(2018/11/21)

架空世界で「認証」を知る:
「新世紀エヴァンゲリオン」で初号機はシンジをどう“認証”しているのか
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第4回のテーマは「血筋認証」。(2018/11/20)

『涼宮ハルヒ』5年ぶりの新作書き下ろし掲載決定 1号かぎり復活の「ザ・スニーカー」特別号で
タイトルは「七不思議オーバータイム」。(2018/9/25)

【新連載】元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの宇宙世紀でインフレは起きたのか?
来年にアニメ放送40周年を迎え、今なお人気が衰えない「機動戦士ガンダム」。こうしたSFの世界において政治の駆け引きが描かれることはよくあるが、その世界の経済に関する視点はあまり例を見ない。新連載「ガンダムの経済学」では、日銀出身のエコノミストがさまざまな側面からガンダムの世界の経済を大胆に分析する。(2018/9/20)

「無敵超人ザンボット3」BD化決定 幻の長編映画構成台本など200Pのブックレットを付属
年末の富野成分摂取に。(2018/8/24)

総投票数は174万票:
「全ガンダム大投票」 伊達じゃない「νガンダム」が1位 キャラ部門は女性人気の「オルフェンズ」健闘
1979年の放送から40年目を迎えた「機動戦士ガンダムシリーズ」投票企画の結果が発表された。モビルスーツ部門では1〜5位をガンダム主人公機が独占。作品によって男女比に大きな差があり、女性人気の高い「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するオルガ・イツカがキャラクター部門で1位になった。(2018/5/7)

5月5日はオルガ記念日! 「全ガンダム大投票」結果発表、いきまーす! MS部門1位はνガンダムに
オルガ1位はお前らが止まらなかったおかげだぞ!(2018/5/6)

公式のアニメ聖地88か所を紹介するガイドブック「アニメ聖地88Walker」が発売 富野由悠季氏のインタビューも
アニメツーリズム協会公式の「2018年版 日本のアニメ聖地88」紹介本です。(2018/3/17)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
西尾・舞城・奈須を超えろ――重版童貞が名物編集者に言われた最高のアドバイス「ガンダムを1日で見ろ」
そんな無茶な……。(2017/10/2)

NHK「ベスト・アニメ100」発表! 上位作が関係者インタビュー付きで放送 ごちうさ、ジョーカー・ゲーム、銀英伝など
1位は「タイバニ」。富野監督インタビューもあるよ!(2017/5/4)

カギは「スピード感」「ライセンス意識」:
「君の名は。」飛騨市に学ぶアニメツーリズム
大ヒット映画を活用したインバウンド事業は、どのような効果があるのか。成功するアニメツーリズムとはどんなものなのだろうか。「君の名は。」の聖地として観光客を国内外から集めた岐阜県飛騨市の例から学ぶ。(2017/3/24)

さようなら実物大ガンダム、その軌跡とこれから
まだだ、まだ終わらんよ。(2017/3/6)

「そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ」 富野由悠季、「この世界の片隅」片渕監督と対談し本音を語る
片渕監督との対談番組で絶賛。作品論や戦争論も。(2017/2/22)

NHKで日本アニメ100周年企画「ニッポンアニメ100」始動 作品とアニソンベスト100をWeb投票で決めるぞ
アニソンのベスト100は、番組でライブとして発表!(2016/12/13)

NHK、「ベストアニソン」投票受け付け 来年2月の番組で発表
「ベストアニソン」をWeb投票で選び、来年2月の番組で発表する企画をNHKが始めた。日本のアニメ100周年を記念した企画だ。(2016/12/13)

富野由悠季監督がNHKラジオ「文化講演会」に出演 作品に対する考え方、続けるパワーなど“仕事力”について語る
富野監督「次の世代を意識すれば、仕事力がつく」(2016/11/27)

「アニメ聖地」ファン投票1位はあの作品 アニメツーリズム協会の中間発表
国内外から「アニメ聖地」を募る投票の中間発表では、最新作から名作まで幅広い作品が選ばれている。(2016/10/31)

アニメ聖地の観光促進団体「アニメツーリズム協会」設立、聖地88カ所をオフィシャル化 
国内及び外国人観光客を対象に広域観光ルートを発信していくとしています。(2016/9/17)

富野監督も“巡礼”呼び掛け 「アニメ聖地」全国88カ所を選定、集客に活用「アニメツーリズム協会」設立
アニメの舞台になった「アニメ聖地」全国88カ所を選んで観光客の呼び込みにつなげる「アニメツーリズム協会」が設立された。(2016/9/16)

ねとらぼ生物部:
今日の編集長:くりん(犬)
皆さんのペットが“編集長”になる企画。8月が……終わる……。(2016/8/26)

キャストもゲストも死にすぎだろ! Twitterハッシュタグ「トミノテーマパークを妄想する」で平和が危ない
戦争の過酷さを忠実に再現した地獄のテーマパーク。(2015/10/29)

レッドカーペットに萌え抱きまくら登場 「第28回東京国際映画祭」開幕リポート
「第28回東京国際映画祭」レッドカーペットには、大勢の俳優や映画監督のほか、富野由悠季監督ら特集上映「ガンダムとその世界」の制作陣も登場。さらに萌え抱きまくらも……!(2015/10/23)

富野由悠季原作 「OVERMANキングゲイナー」コミカライズ版が電子書籍に
9月10日には、TOHOシネマズ新宿でアニメの上映も。(2015/8/31)

「ア・バオア・クー陥落」「一年戦争終結へ」の見出しが踊る 「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」発行へ
特派員が巡洋艦に乗艦して要塞攻略を取材していたようです。(2015/8/5)

ガンダムよ、天に昇れ:
機動戦士Vガンダム、「Blu-ray Box I」発売――シリーズ初の新録キャストオーディオコメンタリーなど特典付
機動戦士Vガンダム「Blu-ray Box I」(第1話〜26話までを収録)が7月24日に発売される。価格は3万4000円(税別)。ニューマスターポジフィルムHDリマスターによる高画質版だ。(2015/7/22)

富野監督のデスクも再現:
アムロ、六本木に行きまーす! 開催直前の「機動戦士ガンダム展」に潜入してきた
7月18日〜9月27日に開催される「機動戦士ガンダム展」では、1000点を超える制作資料や、会場でしか見られない映像などを楽しめる。(2015/7/17)

1000体のガンプラ&制作資料を展示 「機動戦士ガンダム展」が東京で
初期設定資料や、映像作品の上映、会場限定ガンプラの販売など、機動戦士ガンダムの魅力を解き明かす展示となる。(2015/7/8)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

富野監督、「ガンダム Gのレコンギスタ」最終回に声優として出演
新人声優「井荻翼(いおぎ つばさ)」として。(2015/3/26)

富野監督「何がダメなのか探してください」 ガンダム史上最大の問題作「Vガンダム」がBlu-ray box化決定!
とち狂ってお友達にでもなりにきたのかい!?(2015/3/12)

“次なる大ヒットメカアニメ”は生まれるのか!? 「僕たちの見たいメカアニメをつくろう製作委員会」にフジテレビが参加
富野由悠季監督が出演する特番も放送予定。(2015/2/24)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

1800人が選んだアニメ化してほしいマンガ作品、第1位は「クロスボーン・ガンダム」
富野由悠季監督が携わった初のマンガ作品として知られる。(2015/2/13)

あの作品がコミック部門2連覇――「ブックリスタ年間ランキング2014」が発表
総合ランキングでも半数以上を占めるという結果に。(2014/12/10)

盲導犬普及支援ポスターに「ガンダム Gのレコンギスタ」のラライヤ・マンディ起用
「エヴァ」「まどマギ」「モーレツ宇宙海賊」などアニメ作品とのコラボが恒例です。今回は富野総監督のメッセージも。(2014/11/25)

ねっと部:
「Gレコ」ラライヤちゃん、盲導犬ポスターに 「アムロ」も共演
「ガンダム Gのレコンギスタ」の謎の少女ラライヤちゃんが盲導犬ポスターに起用された。「アムロ」も共演している。(2014/11/25)

新作富野アニメも?:
アイアンマンもX-MENもパシリムも!? ハリウッド特撮を支える3Dプリンタ
ストラタシス・ジャパンは、東京都内で3Dプリンタの最新活用事例を紹介する「未来型デジタルファクトリー 3Dプリンティング DDMシンポジウム」を開催した。その基調講演で、米ハリウッドの特撮スタジオLegacy Effectsがハリウッド映画などの製作現場における3Dプリンタの活用事例を紹介した。(2014/8/29)

富野監督最新作「ガンダムGのレコンギスタ」、第1話冒頭10分の無料配信スタート
10月放映開始の富野監督最新作「ガンダム Gのレコンギスタ」第1話冒頭10分の無料配信が始まった。(2014/8/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。