ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「富野由悠季」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富野由悠季」に関する情報が集まったページです。

Twitterでハッシュタグ「何ひとつ良いことが起きない映画」が話題に 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「風が吹くとき」など選りすぐりの悲惨な物語が集まる
面白いけど心にクるやつがいっぱい。(2022/6/15)

1年で倍に増えた「実物大ガンダム」 お台場、横浜から上海、福岡へ VR空間や東京五輪にも
2021年、コロナ禍に翻弄されながら倍に増えた実物大ガンダム。お台場と横浜から上海、そして福岡へと広がったガンダム立像とガンダム関連の話題を振り返る。(2021/12/29)

福岡の“ν(ニュー)ガンダム立像”が完成へ クレーンで頭を付ける「上“頭”式」にガンダムファン大盛り上がり
これは燃える……!(2021/12/22)

福岡の実物大「νガンダム」は頭と右腕が動く 高さ24.8メートルに
バンダイナムコグループは22日、福岡県に建設中の実物大「νガンダム」立像の概要を公開した。現地では立像に頭部を取り付ける上頭式を実施した。(2021/12/22)

アニメの聖地142カ所を登録、アニメツーリズム協会 「スーパーカブ」の山梨県北杜市など新規に
アニメツーリズム協会は15日、2022年版「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」を発表した。アニメ作品の舞台やモデルになった地域を登録し、観光や地域振興に役立てる。(2021/12/15)

富野由悠季氏が文化功労者に 「ガンダム」生みの親
21年度の文化功労者に、「機動戦士ガンダム」監督の富野由悠季氏など21人が選ばれた。(2021/10/27)

「閃光のハサウェイ」j早くも各種動画サービスに登場 Netflix、Amazonプライム・ビデオではいきなり見放題も
6月の劇場公開からわずか4カ月で。(2021/10/16)

国民的キャラクター:
進むガンダムのメインカルチャー化 社会的アイコンとしてバンダイナムコが描くサステナブル戦略とは
今や国民的キャラクターといえる機動戦士ガンダム。バンダイナムコのサステナブル戦略を追った。(2021/10/14)

「閃光のハサウェイ」16日から動画配信 NetflixやAmazonプライムは見放題に
映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」が10月16日午前0時から各動画配信サービスに登場する。(2021/10/4)

「実物大νガンダム」福岡に立つ!! 2022年春開業の「ららぽーと福岡」に設置
新武装「ロングレンジ・フィン・ファンネル」だと……?(2021/9/15)

福岡に実物大「νガンダム」立像、22年春公開
バンダイナムコグループは15日、福岡に実物大の「νガンダム」立像を設置すると発表した。「ららぽーと福岡」の開業に合わせ2022年春に公開する。(2021/9/15)

小田原市にガンダムとシャア専用ズゴックのマンホール設置へ 「ガンダムマンホール」プロジェクト始動
第2弾以降も検討。第1弾は8月1日から。(2021/7/23)

「ガンダムマンホール」プロジェクト始動 まず富野由悠季さんの出身地に
バンダイナムコグループは19日、TVアニメ「機動戦士ガンダム」のマンホールふたを日本各地に設置する「ガンダムマンホール」プロジェクトを発表した。(2021/7/19)

“もう1つの逆シャア”、テープ音源から32年ぶり復刻 KADOKAWAがドラマCDで再販
KADOKAWAは1989年に発売したカセットブック「逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」をドラマCDとして再販する。価格は4000円(税込)。(2021/6/11)

サンライズ公式YouTubeチャンネルで「疾風!アイアンリーガー」「太陽の牙ダグラム」などが順次配信
毎週月・火・水・木・金に配信!(2021/5/19)

マシーナリーともコラム:
横浜ガンダムを見に行ったら自分でも意外すぎる感情に襲われてオォーッ! ってなった話
みんなも横浜で5000円払ってガンダムに銃口を向けられてみよう!(2021/4/30)

映画「閃光のハサウェイ」、公開と同時にブルーレイ発売 販売は劇場のみ
映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の本編を含むBlu-ray Discが5月7日の封切りと同時に劇場で販売される。(2021/4/19)

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」第1弾PV公開 ファンからは「めっさ楽しみ」「延期しないよね」などの声
地球連邦軍パイロットのレーン・エイム役には斉藤壮馬さん。(2021/1/19)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「世界を肯定してあげてほしいんです」 講談社ラノベ文庫編集長・猪熊泰則<後編>
小説が求める“次の器”とは――。(2020/12/30)

動く実物大ガンダム、2つのギネス世界記録に認定 「最大の可動型ヒューマノイドロボット」など
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を運営するEvolving Gは12月21日、全高18mの動く実物大ガンダムが「最大の可動型ヒューマノイドロボット」など2つのギネス世界記録に認定されたと発表した。(2020/12/21)

全高18mのガンダム、ついに動く ライトアップが作り出した「脅威のメカニズム」
「ガンダム、起動」の声を合図にゆっくりと左足を上げ始めた実物大のガンダム。鋼鉄製のフレームとカーボン強化樹脂の外装で造られた巨大な構造物が動く様子は圧巻だ。(2020/12/1)

このMSの足なーんだ → 正解はツクダニーでした! VTuberに出題された超絶ガンダムクイズに「全米がうなる良問」「一生忘れない」
ツクダニオリジナルから。(2020/4/30)

『月刊ガンダムエース』、「閃光のハサウェイ」掲載の不備で謝罪 編集部のミスで69ページ中18ページのみ掲載に
同誌を確認したところ、全69ページの読み切り作品のはずが、18ページ目で「つづく」として終わっていました。(2020/3/26)

アニメ評論はなぜ「無いように見える」のか? アニメ雑誌と評論の歩み――アニメ評論家・藤津亮太インタビュー
アニメ評論の歴史について、藤津さんに聞いてきました。(2020/3/22)

佐々木望「えっわっ私じゃない?」 映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」、メインキャスト一新の発表にネット震える
3月24日の配信番組でリニューアルのいきさつも説明される予定。(2020/3/17)

実物大の“動くガンダム”、横浜に現る 10月から一般公開
高さ18メートルの実物大ガンダムが、横浜・山下ふ頭で10月から一般公開すると発表した。公開期間は約1年間。国内外のロボット研究者、エンジニア、クリエイターらが設計・検証し、動く仕組みにする計画だ。(2020/1/20)

「鬼滅の刃」「ガルパン」「NARUTO」など痛車ずらり 米ニューヨークのオタクイベント「Anime NYC」に行ってきましたレポ
マンハッタン島に集まった痛車を見てきました。(2020/1/6)

「佐々木望さんでありますように」 アニメ映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」特報映像公開にファンたちの声集う
ガンダムNTに続く「UC NexT 0100」第2弾、先行イベントも開催。(2020/1/1)

JAXAのガンプラ打ち上げ計画、東京五輪応援衛星が完成 ガンダムとシャアザクが宇宙からメッセージ
2020年春には富野由悠季監督書き下ろしのメッセージを、7月には東京五輪への応援メッセージを発信する予定。(2019/12/3)

富野由悠季と高橋留美子に文化庁長官表彰 優れた作品を多数発表してきたことを評価
令和最初の表彰となる今回は全74人が表彰されました。(2019/11/29)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:バンダイの「動くザク」を取材しに行ったら完全に「分かってる人」が出てきて最終的に「分かってますねえ……」と意気投合しました
ザクを組み立てて動かせる「ZEONIC TECHNICS」について、ガンダムオタク丸出しで取材してきました。(2019/10/11)

マシーナリーともコラム:
祝・ツインスティックついに完成! マシーナリーとも子、タニタ本社で「バーチャロン」のプロデューサーに会うの巻
ついに完成した「バーチャロン」用ツインスティックを触りに、マシーナリーとも子とタニタ本社へ突撃してきました。(2019/9/9)

見せてもらおうか、歴史の重みとやらを 「機動戦士ガンダム」40周年記念オフィシャルブックが発売決定
ガンダムシリーズ40年の歴史がこの1冊に!(2019/8/3)

劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」2019年秋公開決定 キービジュアルも初公開
富野由悠季さん「本作は楽しく観ていただきたいのです」(2019/7/23)

“誰もが知ってる”アニメ「ザ☆ウルトラマン」、YouTubeで無料配信
シリーズ初のアニメ作品、「ウルトラマンタイガ」に同族登場でブーム再燃か?(2019/5/22)

雑誌「Animec(アニメック)」が30年ぶり復活 「アニメ新世紀宣言」当時の思い出をコンテスト形式で募集
ーー「機動戦士ガンダム」は、受け手と送り手を超えて生み出されたニュータイプアニメである。(2019/5/10)

史上初のコラボ:
ガンダムvsハローキティ!? 国民的キャラクターがガチンコで“殴り合う”理由とは
「ガンダム」が今年で40周年、「ハローキティ」が45周年を迎える節目の年を記念して、コラボ企画「ガンダムvsハローキティ」が始まる――。(2019/3/29)

NHK「ガンダム誕生秘話」3月30日放送 富野由悠季・安彦良和・大河原邦男らが制作当時の過酷な環境語る
声優陣も、アムロ・シャア・ララァがそろっての参加。【更新】(2019/3/24)

架空世界で「認証」を知る:
ガンダム、パトレイバー、コードギアス――リアルロボットの“認証技術”を考察する
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第8回のテーマはサンライズ作品のリアルロボットの認証について。(2019/1/21)

展覧会「富野由悠季の世界」の開催が決定 富野監督の55年間の業績を振り返る
富野監督「嬉しかった反面、『展示するものなどはないのだからやめたほうがいい』と何度も伝えました」。(2019/1/5)

実物大ガンダム、歩く可能性も “夢のプロジェクト”実現へ、ロボット研究者ら集結
全高18メートルの実物大ガンダムを実際に動かす――そんな壮大なプロジェクトを実現するべく、ロボット研究者らが集結。2020年夏、その夢が実現される予定だ。(2018/11/21)

架空世界で「認証」を知る:
「新世紀エヴァンゲリオン」で初号機はシンジをどう“認証”しているのか
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第4回のテーマは「血筋認証」。(2018/11/20)

『涼宮ハルヒ』5年ぶりの新作書き下ろし掲載決定 1号かぎり復活の「ザ・スニーカー」特別号で
タイトルは「七不思議オーバータイム」。(2018/9/25)

【新連載】元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの宇宙世紀でインフレは起きたのか?
来年にアニメ放送40周年を迎え、今なお人気が衰えない「機動戦士ガンダム」。こうしたSFの世界において政治の駆け引きが描かれることはよくあるが、その世界の経済に関する視点はあまり例を見ない。新連載「ガンダムの経済学」では、日銀出身のエコノミストがさまざまな側面からガンダムの世界の経済を大胆に分析する。(2018/9/20)

「無敵超人ザンボット3」BD化決定 幻の長編映画構成台本など200Pのブックレットを付属
年末の富野成分摂取に。(2018/8/24)

総投票数は174万票:
「全ガンダム大投票」 伊達じゃない「νガンダム」が1位 キャラ部門は女性人気の「オルフェンズ」健闘
1979年の放送から40年目を迎えた「機動戦士ガンダムシリーズ」投票企画の結果が発表された。モビルスーツ部門では1〜5位をガンダム主人公機が独占。作品によって男女比に大きな差があり、女性人気の高い「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するオルガ・イツカがキャラクター部門で1位になった。(2018/5/7)

5月5日はオルガ記念日! 「全ガンダム大投票」結果発表、いきまーす! MS部門1位はνガンダムに
オルガ1位はお前らが止まらなかったおかげだぞ!(2018/5/6)

公式のアニメ聖地88か所を紹介するガイドブック「アニメ聖地88Walker」が発売 富野由悠季氏のインタビューも
アニメツーリズム協会公式の「2018年版 日本のアニメ聖地88」紹介本です。(2018/3/17)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
西尾・舞城・奈須を超えろ――重版童貞が名物編集者に言われた最高のアドバイス「ガンダムを1日で見ろ」
そんな無茶な……。(2017/10/2)

NHK「ベスト・アニメ100」発表! 上位作が関係者インタビュー付きで放送 ごちうさ、ジョーカー・ゲーム、銀英伝など
1位は「タイバニ」。富野監督インタビューもあるよ!(2017/5/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。