ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小説・詩」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小説・詩」に関する情報が集まったページです。

キーワードから小説や画像を自動生成 自然言語処理の革命児「GPT-3」の衝撃
「GPT-3」「OpenAI」というキーワードが人工知能界隈で飛び交っている。これはいったい何なのか、どこがすごいのか、探ってみた。(2021/1/15)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「世界を肯定してあげてほしいんです」 講談社ラノベ文庫編集長・猪熊泰則<後編>
小説が求める“次の器”とは――。(2020/12/30)

紅白出場のYOASOBIを生んだ小説投稿サイト「monogatary.com」とは エンタメの“種”を集める
NHK紅白歌合戦に、音楽ユニット「YOASOBI」の出場が決まった。実はYOASOBIを世に送り出したのはレコード会社が運営する小説投稿サイト「monogatary.com」だった。(2020/12/24)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「バカにされているところから、新しいものは生まれる」 講談社ラノベ文庫編集長・猪熊泰則<前編>
「鏡さん――『とらドラ!』みたいな小説を書きませんか?」(2020/12/20)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】壮大過ぎてゲーム1作に収まらなかった「エルシャダイ」の物語
プレイしても理解できなかったけど大丈夫か? → 『エルシャダイ原作小説』を読めば大丈夫だ、問題ない。(2020/12/30)

小説版ドラクエ著者、新たにスクエニ・東宝などを提訴 「主人公の名前を盗用された」
ゲーム「ドラゴンクエスト」のノベライズを担当した小説家、久美沙織さんが、小説に登場する主人公の名前と称号が無断で使われたとして、映画スクウェア・エニックスや東宝などを提訴した。(2020/11/26)

キリ番、日記、オリジナル小説…… 管理人の前で“昔の個人サイト”を音読する漫画にこっちが過呼吸になる
うわああぁぁぁ!!!!(頭を抱えながら窓をぶち破る)(2020/11/17)

結局みんな、誰が好きなの? 小説『涼宮ハルヒの直観』発売記念で「涼宮ハルヒの総選挙」開催!
盛り上がってきたぁ。(2020/11/10)

「女の人が歌ってるのかと」 King Gnu、「三文小説」MVが1時間で再生回数25万回超え 井口理のハイトーンボイスにファン感嘆
うーん。女性とコラボ……してなかったーーーー!(2020/11/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で乾麺・袋麺が“バカ売れ” 伏線は、朝ドラの「まんぷく」にあった
これまでカップ麺に押されていた乾麺・袋麺が、コロナ禍の影響で売れている。在宅勤務の普及などが原因だが、NHK連続テレビ小説「まんぷく」も影響していると筆者は指摘する。その理由は?(2020/10/28)

Kindle本ストア8周年キャンペーンで5000冊以上が最大50%ポイント還元 新潮社と文藝春秋の漫画・小説・雑誌など
よく見ると70%還元もある。(2020/10/26)

「英国の間取り」をイラスト付きで徹底解説! 絵や小説の創作資料に使えそうな本格解説本が登場
イギリス住宅への愛情あふれるマニアックな本です。(2020/10/13)

pixivにリクエスト機能追加へ ファンからクリエイターに有償依頼
イラストや小説の投稿プラットフォーム「pixiv」で、クリエイターがファンから有償で作品のリクエストを受け付ける「リクエスト機能」が追加される。(2020/9/25)

この神職……顔がいい! 郷土文化を織り込んだ伝奇小説×和風楽曲プロジェクト「神神化身」、10月2日から本格始動
楽しみだ〜〜〜!(2020/9/17)

思い出も時間とともにやがて消える。雨の中の涙のように:
「ブレードランナー」の世界を、2020年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2020年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第6回は「ブレードランナー」だ。(2020/9/14)

「近頃の若い猫ときたら……」 野良猫視点の詩がいとおしい写真集『猫から目線』に癒やされる
かわいい猫ちゃんとどこか共感できる言葉で癒やしに。(2020/9/9)

電撃文庫……じゃないだと!? ある小説サークルが手掛ける“商業ラノベ風装丁の同人誌”が本屋で見た気しかしない
裏表紙にはバーコードまで。(2020/9/15)

登場人物が生きていると錯覚するための「手紙型小説」 手紙のやりとりを本当に便箋で再現した同人誌『拝啓、』がこだわってる
よくある「手紙のやりとりを本文にした小説の本」ではなく「本自体が手紙のやりとりでできている小説」。(2020/9/27)

小説「涼宮ハルヒ」、9年半ぶりに新刊 「涼宮ハルヒの直観」11月発売
KADOKAWAは8月31日、小説「涼宮ハルヒ」シリーズの新刊「涼宮ハルヒの直観」を11月25日に発売すると発表した。新作の公開は2011年に発売した「涼宮ハルヒの驚愕」以来。(2020/8/31)

小説アプリ「LINEノベル」利用者増えず1年で終了 その誤算とは?
LINEの小説アプリ「LINEノベル」が1年でサービスを終了することになった。漫画配信アプリのような作品公開の仕組みが受け入れられず、思うように収益が上がらなかった。小説アプリの成功にはスマホ小説専門の作家が育てられるか否かがカギになりそうだ。(2020/8/12)

小説アプリ「LINEノベル」利用者増えず1年で終了 その誤算とは?
 ユーザーが自由に小説を投稿でき、有名作家の作品も読める−。無料通信アプリLINE(ライン)が昨夏スタートさせた小説アプリ「LINEノベル」が8月末でサービスを終了することになった。漫画アプリの“小説版”を目指してきたが、漫画の手法が既存の小説の配信にはなじまず、利用者数が伸び悩んだようだ。一方、出版界は新たな読者層の開拓につながる小説アプリの登場に期待を寄せている。LINEノベルの挑戦を受け継ぐ「次なるアプリ」の成功のカギはどこにあるのか? (文化部 篠原那美)(2020/8/11)

「ゲーム実況」テーマの小説 武田綾乃さん新作「どうぞ愛をお叫びください」
『響け!ユーフォニアム』の作者である武田綾乃さんの新作『どうぞ愛をお叫びください』は、ゲーム実況をテーマにした青春小説だ。YouTuberとして活動する4人の男子高校生の会話や努力、ネット上のトラブルなどの文字化にチャレンジした作品だという。(2020/8/6)

小説投稿サービス「LINEノベル」、8月末で終了
投稿者は11月13日まで、作品の関連データをダウンロードして保存できます。(2020/7/8)

LINEノベル終了 サービス開始から1年で 「今後の事業方針などを踏まえた結果」
小説投稿・閲覧プラットフォーム「LINEノベル」が8月31日に終了する。(2020/7/8)

「姉が小説をpixivに上げてる」 従姉妹からの相談に笑うことしかできなかった実録漫画に「血は争えない」
妹さんはまだ真実を知らない……。(2020/7/5)

藤井聡太七段の快進撃で『りゅうおうのおしごと!』1〜3巻がKindle Unlimited対象に 原作者「ノンフィクションになる前にどうぞ」
小説が現実に近づいてきている……?(2020/6/30)

レジ袋有料化を前に:
「読むレジ袋」をナチュラルローソン138店舗で配布、人気作家3人の小説を印字
メルカリとローソンは6月24〜26日の3日間、人気作家の小説を印字した「読むレジ袋」を全国のナチュラルローソン138店舗で無料配布する。レジ袋有料化を前に、“モノ”の価値を見直すことを呼び掛ける。(2020/6/22)

今日書きたいことはこれくらい:
『コロボックル物語』シリーズ、特に2巻の『豆つぶほどの小さな犬』が、児童小説としては信じられないほど良質なミステリーでありかつラブコメだという話
児童書だからといって侮れない『コロボックル物語』シリーズの魅力(2020/6/20)

『BLEACH』と『コミックLO』のポエムが似ていると話題 超難度の「出典当てクイズ」に僕はついてゆけるだろうか
なん……だと……。(2020/6/5)

「麦芽娘のヘブン状態な味わい」 群馬の名物地ビールが「今年も意味不明」と話題 詩の意味を聞いたらスケールがでかすぎた
3メートルのウサギって何!?(2020/5/27)

連続テレビ小説「エール」、ジュノンボーイ“W受賞”の坪根悠仁が出演 俳優デビューにファン「快挙過ぎて泣きそう」
坪根さんは学生の頃から音楽活動を行っていたとのことです。(2020/5/22)

「こんな危ない所にいられないわ! 私もう出て行く!!」 推理小説でありがちな場面からの超展開 スケールでかすぎ4コマ漫画
そこまで出ていかなくても……。(2020/5/13)

「ボーイズラブ小説の先駆者」「三島由紀夫も大絶賛」 黒柳徹子が語る森茉莉エピソードが歴史的証言感にあふれると話題に
登場人物全員大物!(2020/5/12)

ランダムな単語が延々流れ落ちるサイトが癒やされる 「なんだか落ち着く」「スクリーンセーバーにしたい」
小説や作詞など、発想のきっかけになるかも。(2020/4/30)

東野圭吾さんの小説が電子書籍に 「容疑者Xの献身」「白夜行」など7作品
東野圭吾さんの小説が初めて電子化された。「容疑者Xの献身」「白夜行」など7作品が対象。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための外出自粛が続く中で、自宅にいながら本を購入できるよう電子化に踏み切った。(2020/4/17)

Amazonのオーディオブックで「ハリポタ賢者の石」などが無料に 公開期間は「学校の閉鎖が続く限り」
アマゾンジャパンはこのほど、オーディオブックサービス「Audible」で「ハリー・ポッターと賢者の石」など子ども向けの小説作品を無料公開した。公開期間は「学校の閉鎖が続く限り」としている。(2020/4/6)

「魔法のiらんど」、ホームページやブログ機能をきょう終了 小説投稿に特化したサイトに刷新
「魔法のiらんど」のホームページやブログなどの一部機能が3月31日に終了する。提供元のKADOKAWAによると、理由は「もっと創作しやすい場にするため」。今後は小説の投稿に特化したサービスとして運営する。(2020/3/31)

「魔法のiらんど」、小説投稿に特化したサービスに大幅リニューアル 3月23日〜31日のメンテナンス後に
ホームページ作成やブログ機能が提供終了となります。(2020/3/19)

pixivの小説作品に「設定資料」機能が追加 世界観やキャラクター紹介を本文外にまとめられるように
作者も読者も助かるやつ!(2020/3/18)

約6年前に考案されたトランプゲーム「素数大富豪」がまさかの小説化 作者に聞く“新しい大富豪”の魅力
素数大富豪の楽しみ方をゼロから教えてくれる日常系作品。(2020/3/9)

「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」4月10日からYouTubeで配信 田中真弓、林原めぐみらメインキャストが続投
アニメのほかに、Web小説やビジュアルストーリーなど、他媒体での展開も予定されています。(2020/2/24)

「スカーレット」に稲垣吾郎の出演が決定 連続テレビ小説への出演は約30年ぶり2度目
大みそかに「大きなイ○モツをください」って歌ってたお兄さんが朝ドラに。(2020/1/22)

「ドラクエV」小説版原作者が映画「ユア・ストーリー」製作委員会を刑事告訴 詐欺や不正競争防止法違反などで
主人公「リュカ」の名前を無断で転用されたと以前から主張していました。【追記】(2019/12/13)

角川文庫・ラノベ読み放題、月額760円で開始 「ハルヒ」「SAO」など1万点が対象
KADOKAWAの電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」で、ライトノベルや角川文庫の小説が月額760円(税別)で読めるサービスがスタート。(2019/12/3)

売れない小説家を表からも陰からも支える編集者を描いた漫画 「理想的な関係」「編集者の鑑」と絶賛の声
大正ノスタルジーが好きな人にも。(2019/12/3)

【Kindle本最大60%OFF】ラノベ、小説、雑誌……Amazon.co.jpで「サイバーマンデー」に先行して電子書籍のセール開催中
対象となるのは約2万冊。(2019/11/29)

「その頃ぼくは天使に憑かれていた」 気鋭のイラストレーターと詩人が“黙示録的詩画集”を作った理由
『あの夏ぼくは天使を見た』(KADOKAWA)の詩人・岩倉文也さんに取材しました。(2019/11/24)

LINEが新潮文庫と組んだ小説コンテスト「青春小説大賞」をスタート テーマは“青春にまつわる全ての物語”
大賞発表は2020年4月ごろを予定。(2019/11/22)

詩のルームキーがかわいすぎ 詩人・最果タヒの「ことば」が散りばめられた「詩のホテル」が京都に限定オープン
ことばが染みる。(2019/11/20)

ミステリー小説原作のアニメ「啄木鳥探偵處」のティーザーPVが初公開 浅沼晋太郎、櫻井孝宏らキャストコメントも到着
「AGF(アニメイトガールズフェスティバル)2019」ではキャストコメント動画が上映。(2019/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。