ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小説・詩」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小説・詩」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ミステリー小説原作のアニメ「啄木鳥探偵處」のティーザーPVが初公開 浅沼晋太郎、櫻井孝宏らキャストコメントも到着
「AGF(アニメイトガールズフェスティバル)2019」ではキャストコメント動画が上映。(2019/11/9)

PR:エンジニア出身の“異色の小説家”が挑戦するコンテンツの「新しい届け方」――本を普段読まない人にも読んでもらうために
(2019/10/29)

劇場アニメ「ポッピンQ」続編に向けたクラウドファンディングが始動! わずか1時間で目標額250万円を突破する大反響
新展開ショートストーリーは、5人のヒロインの小説を制作するそうです。(2019/10/29)

架空世界で「認証」を知る:
ドラゴンクエストの「ふっかつのじゅもん」で味わう認証の奥深さ
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第22回のテーマは「ドラゴンクエスト」。(2019/10/22)

テレビアニメ「インフィニット・デンドログラム」2020年1月放送決定 ダイブ型VRMMO舞台のなろう小説原作タイトル
OPテーマは悠⽊碧さんが担当。(2019/10/18)

女々しい野郎どもの詩を歌っている暇はない「ハイスコアガール」15話 ハルオ、「ときメモ」で女心を学ぶの巻
好きとか嫌いとか、誰が言い出したんだよほんと。(2019/10/19)

「日本沈没2020」がNetflixで2020年配信へ 小松左京の傑作小説を湯浅政明監督が初のアニメ化
“ごく普通の家族の物語”を通じて、“いま描かれるべき日本沈没”を描き出す。(2019/10/9)

架空世界で「認証」を知る:
「ルパン三世」はどうやって認証を突破した? 他人をアテにする「人脈認証」を考える
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第21回のテーマは「ルパン三世」。(2019/10/8)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI記者、AI小説家、そしてAI作曲家も――創作する人工知能を支える技術
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「コンテンツ生成」について。(2019/10/7)

あの「マンションポエム」がカードゲームに ポエムから物件内容を妄想しプレゼン成功を目指す
1万5000通り以上のマンションポエムが生成できるとか。(2019/10/6)

架空世界で「認証」を知る:
コンピュータ同士がだまし合う 「ターミネーター2」に隠された認証シーン
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第20回のテーマは「ターミネーター2の認証」。(2019/9/18)

2000万部超えも 中国発「華文SF」がウケるわけ
SF小説の分野で、欧米や国内作家の作品に加えて中国発の“華文SF”の存在感が高まっている。世界的なヒットを記録した劉慈欣(リウツーシン)さんの大作『三体』の日本語版が7月に刊行され、若手作家らの短編も相次ぎ邦訳されている。隆盛の背景には何があるのか。(2019/9/17)

深夜ドラマ人気 「セミオトコ」「だから私は推しました」「百合だのかんだの」……Twitterで話題
深夜ドラマが元気だ。今夏シーズンは、実力派の脚本家が手がけるオリジナルドラマ「だから私は推しました」や「セミオトコ」「百合だのかんだの」が並ぶ。小説やコミック、海外ドラマなどの原作ものではなく、脚本家が自由につむぐドラマには、現代の女性像などがリアルに描かれているのも特徴。リアルタイムでSNSで話題になるなど、若者を中心に人気のようだ。(2019/9/6)

フランス書院のBL小説レーベル「プラチナ文庫」休刊 16年の歴史に幕
2019年8月刊をもって休刊。(2019/9/3)

京アニ容疑者発言「ぱくられた」可能性低く 各社投稿取り扱いは厳重・慎重
京アニ事件では、青葉真司容疑者(41)が事件直後に「ぱくられた」と発言し、京アニに小説を投稿していたとみられることが判明した。京アニ側は、投稿作品は形式的な問題で1次審査で落選するなどしており、「類似点はないと確信」と発信しているが、一部ファンには「もし類似していたら作品が見られなくなるのか」と不安がる声も。果たして一般公募の創作物がプロによって盗用される事態は起こり得るのだろうか。(2019/9/2)

『地球の歩き方』を100冊読んで発見した、「最も詩的な一節」を発表する
旅は人を詩人にする――。(2019/9/1)

京アニに複数の小説応募 青葉容疑者、少なくとも数年前から執筆か
京アニの第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警が殺人などの容疑で逮捕状を取った青葉真司容疑者(41)と同姓同名の人物から京アニに対して複数の小説の応募があったことが21日、関係者への取材でわかった。青葉容疑者は事件直後に「小説をぱくられた」という趣旨の発言をしていたとの目撃情報もあり、府警は、青葉容疑者が小説を投稿する中で一方的に恨みを募らせていった可能性もあるとみて調べている。(2019/8/22)

架空世界で「認証」を知る:
「プリンセスコネクト!」で想像するVRデバイスと脳波認証の未来
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第19回のテーマは「近未来のウェアラブル端末と認証」。(2019/8/16)

マシーナリーともコラム:
エラいもんを読んでしまった〜〜〜!!! ホラー小説『忌録』がめちゃくちゃすごいから読んでくれ
そもそも誰が書いたのか、ここで語られているのは何なのか。(2019/8/9)

「小説ドラクエV」作者・久美沙織さん、映画ドラクエ製作委員会を提訴 「主人公の名前『リュカ』を無断で使用された」とクレジット求める
「小説ドラゴンクエストV」作者の久美沙織さんが8月2日、映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の製作委員会を、長野地裁に提訴した。久美さんが創作した小説の主人公の名前が無断で改変されて映画に使われ、名誉が毀損されたとし、映画に久美さんの氏名をクレジットすることや、謝罪などを求めている。(2019/8/5)

「京アニに裏切られた」「原稿叩き落とす」 昨秋に書き込み集中、京アニ火災関連捜査
京アニの第1スタジオで起きた放火殺人事件で、インターネット上に「京アニに裏切られた」「原稿叩(たた)き落として裏切ること」などと投稿されていたことが31日、分かった。事件では、青葉真司容疑者(41)=殺人容疑などで逮捕状=が身柄確保の際に「俺の小説をパクった」と発言していた。京都府警は青葉容疑者宅からPCなどを押収しており、ネットへの書き込みと事件との関連について調べる。(2019/8/1)

青葉容疑者、京アニに小説応募か 「同姓同名の人物を確認」と京アニ側
京アニの第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京アニの代理人は30日、京都府警が殺人などの容疑で逮捕状を取った青葉真司容疑者(41)と同姓同名の人物から、過去に小説の応募があったことを明らかにした。応募者が青葉容疑者なら、初めて京アニ側との接点が確認されたことになる。(2019/7/31)

池澤夏樹インタビュー【後編】:
池澤夏樹が明かす作家哲学 「“飽きる”ことも仕事のうち」
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの最終回――。(2019/7/31)

池澤夏樹インタビュー【中編】:
池澤夏樹が「人類の終末」を問い続ける意味
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの中編。(2019/7/30)

池澤夏樹は「科学する」【前編】:
池澤夏樹が『2001年宇宙の旅』からひもとく「AI脅威論」の真実
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの前編。(2019/7/29)

架空世界で「認証」を知る:
“スタンド使い”は見分けられる? 「ジョジョの奇妙な冒険」で学ぶ認証の極意
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第18回のテーマは「架空世界の敵味方識別」。(2019/7/8)

「お前は今幸せか?」 群馬県の地ビール ラベルが何を言っているか分からないぶっ飛び具合で話題に
プロデューサーに詩に込めた思いを聞きました。(2019/7/4)

デーイジー、デーイジー:
「2001年宇宙の旅」の「HAL 9000」を、2019年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2019年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第5回は「2001年宇宙の旅」だ。(2019/7/1)

ノーベル賞候補の小説家がうっかり死亡 死後も女子高生の“ゴーストライター”として書き続けるコメディ漫画『グッバイ、ノーベル!』
これがほんとのゴーストライター(小声)。(2019/6/30)

Twitterで大反響、タイガーススタンドに謎の言葉「春の大山」 込められた少年の思い
プロ野球阪神タイガースの試合が行われているスタンドに一風変わった応援ボードが現れ、話題となっている。書かれている言葉は「春の大山」。その背景には、熱烈な阪神ファンの小学生が作ったユニークな詩の存在があった。(2019/6/24)

「ロードス島戦記」シリーズ、12年ぶりの新作小説が8月1日に発売 ロードス島の100年後を描く新シリーズ
ニコニコ生放送ではアニメ一挙配信と特番も。(2019/6/22)

LINEみたいな形式で小説が読める:
集英社、チャットノベルアプリ「TanZak」提供開始 名作少女小説やジャンプ漫画のノベライズをスマホで手軽に
集英社がチャットノベルアプリ「TanZak」の配信を6月20日に開始した。画面をタップしていくと、LINEのようなチャット形式で小説を読み進められるようになる。「週刊少年ジャンプ」連載作品のノベライズや「集英社コバルト文庫」の名作などを40以上配信する。(2019/6/20)

架空世界で「認証」を知る:
アニメ「BEATLESS」で味わう“認証とシンギュラリティ”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第17回のテーマは「認証とシンギュラリティ」。(2019/6/20)

司書みさきの同人誌レビューノート:
国体初のマスコット”未来くん”を小説に 同人誌『古都こと奇譚』は京都を舞台にしたキャラクターたちの物語
皆さんの町にも、人気を博したキャラクターがきっといるはず。(2019/6/9)

架空世界で「認証」を知る:
映画「キングスマン」にみる現代的スパイと認証のたしなみ
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第16回のテーマは「スパイ映画と認証」について。(2019/6/6)

高校生が授業で「小説」を読まなくなる? 変わる「高校国語」と新共通テスト
国語教育の大きな岐路。(2019/6/3)

架空世界で「認証」を知る:
カードキャプターさくらで考える“呪文と認証の関係”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第15回のテーマは「魔法少女と認証」について。(2019/5/20)

「春の大山 打つんだ」 小学生の詠んだ春の詩がタイガース愛いっぱいでなごむ
書き出しからして「あったかいし6時だ。サンテレビを見よう」……いい!(2019/5/14)

架空世界で「認証」を知る:
君は「マニュアルプロテクト」を知っているか? 小島秀夫監督のゲーム作品に見る“認証の謎解き”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第14回のテーマは「現実とゲームが溶け合う認証」について。(2019/5/7)

「バカうま」「キャベツ1玉なくなった」 “ジェネリック叙々苑サラダのたれ”を小説家が開発、その作り方とは?
自宅で叙々苑を感じられるウマさ。(2019/5/1)

モツレバ煮込みとオムライス、牛皿、チャーハン、おでん、ラーメン、あとビール:
10連休に一気読みしたい、エンジニア小説14選
エンジニアは小説がお好き。読むのも、書くのも、主人公になるのも。(2019/4/26)

小説投稿サービス「LINEノベル」がスタート 書籍化する出版社を選べる“スタ誕”的システムを導入
新レーベル「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」の創刊も。(2019/4/17)

なぜ出版不況の今、LINEが“小説ビジネス”を始めるのか?
LINEがコンテンツ事業「LINEノベル」をスタート。インターネット上で読める小説を配信する取り組みで、LINEオリジナルの作品を制作・提供する。提携する出版社の既存作品のデジタル版も提供する。一般ユーザーが作品を自由に投稿できる仕組みも設け、小説家志望者の創作活動を支援する。この事業を始める理由を取材した。(2019/4/16)

架空世界で「認証」を知る:
押井守監督作品で考える「VRオンラインゲームの個人認証」
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第13回のテーマは「オンラインVRゲームにおける認証」について。(2019/4/16)

カクヨム、小説への広告掲載や販売システム検討 書き手が直接収入を得られる環境目指す
広告掲載は秋ごろを予定。投げ銭については、ユーザーの意見も求めつつ検討を進めるとのことです。(2019/4/2)

ITmedia エンタープライズ eBookシリーズ:
人気連載をeBookでまとめ読み 第3弾は「CSIRT小説『側線』(後編)」(特別編を収録)
人気連載をまとめて無料ダウンロードできるITmedia エンタープライズ eBookシリーズ。第3弾は「CSIRT小説『側線』(後編)」をお届けします。(2019/4/1)

それは技術の問題か、運用の問題か:
ブラクラ補導問題を題材にしたエンジニア小説、@ITに爆誕
セキュリティ業界のご意見番といえば、高村ミスズ先生ですよね。(2019/3/29)

小説家VTuber「モノカキ・アエル」活動開始
小説家を目指すVTuber「モノカキ・アエル」が活動を開始。ライトノベル出版を目指し、小説投稿サイトへの作品投稿などを行う。(2019/3/28)

架空世界で「認証」を知る:
「R2-D2」はハッキング上手? 「スター・ウォーズ」で考えるセキュリティ
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第12回のテーマは架空世界の「スター・ウォーズの認証」について。(2019/3/25)

【マンガ】“試験問題に小説などを使う”のは、著作権的にどこまでセーフなの?
作者に怒られることはない?(2019/3/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。