ニュース
» 2009年07月29日 07時00分 UPDATE

日立、マクセルなど上場子会社5社を完全子会社化

日立はマクセルなど上場子会社5社を完全子会社化する。TOBで最大2730億円を投じる。

[ITmedia]

 日立製作所は7月28日、日立マクセルなど上場連結子会社5社を完全子会社化すると発表した。株式公開買い付け(TOB)で最大2730億円を投じ、現在5〜7割の出資比率を100%に引き上げる。再編により成長事業を取り込んで強化するほか、主要子会社の業績を連結決算に100%反映させて業績改善を目指す。

 完全子会社化するのは日立マクセルのほか、日立情報システムズ、日立ソフトウェアエンジニアリング、日立システムアンドサービス、日立プラントテクノロジー。TOBは5社とも8月20日に開始する。

 日立は「脱総合電機」を掲げて事業ポートフォリオの再構築を進めており、情報通信システム、社会インフラ、リチウムイオン電池などの事業に注力する方針を掲げている。各分野に関連する中核子会社を完全子会社化することで、事業戦略と体制の一体化を図るのが狙いとしている。

 日立本体はカンパニー制を徹底。本年度中をめどに、各事業部門を1つの法人として擬似的に位置付け、独立採算により運営の迅速化を図る。

 同日発表した2009年4〜6月期の連結決算(米国会計基準)は、売上高は前年同期比25.6%の1兆8929億円、営業損益は505億円の赤字(前年同期は776億円の黒字)、最終損益は826億円の赤字(同315億円の黒字)だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -