ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日立情報システムズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日立情報システムズ」に関する情報が集まったページです。

装置の故障や危険行動を事前予測:
日立情報通信エンジニアリングが「状態予測エンジン」の販売を開始
日立情報通信エンジニアリングは、対象の状態を認識し、その先を予測するソフトウェア「状態予測エンジン」を販売開始した。製造装置の故障予測に基づいた先行対策や、人物の動きを予測して危険回避策を講じることが可能になるという。(2018/6/14)

製造ITニュース:
製造装置などの故障や人の危険な行動を事前予測するソフトウェア
日立情報通信エンジニアリングは、対象の状態を認識し、その先を予測するソフトウェア「状態予測エンジン」を2018年6月1日から販売開始する。製造装置の故障予測や、車両や人の動きの予測に利用できる。(2018/6/4)

製造マネジメントニュース:
日立製作所がIT製品の製造を再編、UMCエレクロニクスに製造資産を売却へ
日立製作所は、IT製品の製造を再編。日立情報通信マニュファクチャリングと関連する日立製作所の製造資産をEMSのUMCエレクトロニクスに売却する。(2018/4/4)

NEWS
日立情報通信、ワンクリックで発信可能なWeb電話帳を発売 IP-PBXと連携
働き方改革を支援すべく、日立情報通信エンジニアリングはモバイルワークを対象とした製品「Web電話帳ソリューションII」の販売を開始した。外出先でも社内と同じ電話帳を参照可能で、IP-PBXとの連携も可能だ。(2017/9/11)

太陽光:
エネルギー先進国ドイツが認めた日本の技術、集合住宅の電力自己消費を実証
NEDOは、NTTドコモ、NTTファシリティーズ、日立化成、日立情報通信エンジニアリングと共同で取り組む「ドイツ連邦共和国におけるスマートコミュニティ実証事業」において、太陽光パネル、蓄電池、ヒートポンプ、HEMSを組み合わせたシステムの実証運転を開始した。(2016/6/1)

製造ITニュース:
自動監視機能を統合・拡張し、クラウドにも対応した新たなIoTサービス
日立情報通信エンジニアリングは、従来の「温度監視サービス」の機能に、モバイル回線によるデータ収集や機器の監視・制御を加えて拡張した「スマートIoTサービス」の提供を開始した。(2016/5/10)

CS向上と売上アップを握る:
PR:Navigation Platformによる「トークスクリプト」の改善がコールセンターソリューション差別化の決め手に
海外ベンダーがひしめくコールセンターシステム市場で、国産ベンダーとして数多くの導入実績を誇るのが、日立情報通信エンジニアリングだ。同社は顧客応対を左右する「トークスクリプト」の品質や機能の向上に、日立製作所の「uCosminexus Navigation Platform」を活用して、顧客企業における顧客満足度や売上の向上を支えている。(2013/3/1)

「バドミントン日本リーグ2011」開幕戦 2日目をライブ配信
北海道・札幌市で開催される「バドミントン日本リーグ2011」の開幕戦2日目の模様をライブ配信する。中継は、第1コートで実施される、女子の部・ルネサス対NTT東日本と、男子の部・NTT東日本対日立情報通信エンジニアリングの試合を届ける。配信は10月16日10時30分〜。(2011/10/11)

日立電サと日立情報、統合会社「日立システムズ」の事業体制を発表
事業セグメント別組織やクラウド、グローバル化に対応する部門を創設する。地域会社も合併する。(2011/9/21)

中小企業のBCP策定を支援するサービス、日立情報が提供
中小企業庁の「中小企業 BCP 策定運用指針」を活用し、事業継続の計画の実装・配備までを支援する。(2011/9/8)

日立情報のSMB向けクラウド、スマートフォンで利用可能に
日立情報システムズは、中小企業向けクラウドサービスで利用可能な仮想アプリケーションがスマートフォンに対応したと発表した。(2011/7/14)

「WAF」製品紹介【第9回】日立情報システムズ編
SI事業者ならではのきめ細かなサービスを提供する「WAF on-Demand」
日立情報システムズのWAFは、従量課金のSaaS型WAFで、自社専用にカスタマイズも可能だ。(2011/6/23)

日立情報システムズ、溶接できる金属製タグを開発
日立情報システムズは、溶接で金属体に直接取り付け可能な金属製タグを開発した。プラント設備や機械の点検・保守などの効率化につながるとしている。(2011/5/9)

日立電サと日立情報が合併 新会社「日立システムズ」に
日立子会社の日立電子サービスと日立情報システムズが10月1日付けで合併、新会社「日立システムズ」(仮称)に。(2011/3/29)

日立電子サービスと日立情報システムズが合併、「日立システムズ」に
日立電子サービスと日立情報システムズが10月1日付で合併し、「株式会社日立システムズ」となる。(2011/3/28)

日立情報システムズ、法人向けデータ通信サービスにイー・モバイル網を追加
日立情報システムズが、法人向けモバイルデータ通信サービスにイー・モバイルのネットワークを追加。人気のモバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi」も利用できる。(2010/7/21)

サーバ不要のPKI認証リモートアクセス、日立情報がサービス化
日立情報システムズは、電子証明書(PKI)を利用したリモートアクセスを可能にするサービスを開始した。(2010/6/28)

最短5日でPCデータ定額を導入――日立情報システムズの法人向けサービス
日立情報システムズが、企業向けモバイルデータ通信サービスのネット販売を開始。申し込みから最短5日で導入できるという。(2010/3/18)

日立情報、「モジュール型データセンター」構築サービスを発表
日立情報システムズは、「モジュール型データセンター」構築サービスの提供を3月末に開始する。(2010/3/12)

流通BMS対応製品紹介
あらゆる導入形態を網羅する流通BMS対応EDI「REDISuite」
多くの取引先を抱える小売業が流通BMSに対応することは並大抵のことではない。しかし、EDIを熟知した日立情報の「REDISuite」なら、事情は少々異なってくる。(2010/3/9)

NEWS
日立情報システムズ、ユーザーの業務内容やIT環境に適したGumblar対策サービス
Web閲覧時の感染対策やクライアントPCの対策強化など、複数製品を組み合わせたGumblar対策を企業に提案する。(2010/2/25)

NEWS
日立情報、最短10日で導入可能な保険代理店向け顧客管理サービスのWeb対応版
従来提供していた保険代理店向け顧客管理サービスにWeb版を追加。最短10日で導入できるインターネット販売を3月1日より開始する。(2010/2/18)

NEWS
日立情報、ビジネスクラウドサービス「BusinessStage」を本格展開
日立情報システムズは、企業形態に合わせてITリソースを配分・最適化するビジネスクラウドサービス「BusinessStage」を本格展開する。(2010/1/26)

日立情報システムズ、クラウド型サービスを順次提供
日立情報システムズは、ネットワーク経由で業務アプリケーションや開発基盤、サーバの処理能力などを動的に提供するクラウド型サービスの提供を開始した。(2010/1/26)

日立情報とラック、BCMサービスで提携
日立情報とラックは、事業継続性管理(BCM)に関する人材育成やシステム構築支援などのサービスを提供する。(2009/9/10)

日立情報、月額料金で使うWAFの新サービス
日立情報はWebアプリケーションファイアウォール(WAF)の機能をSaaS形態で提供するサービスを始めた。(2009/9/8)

メッセージラボ、ポリシーベースのSaaS型メール暗号化機能を提供
メッセージラボは、ポリシーに基づいて重要メールを暗号化するSaaS型メールセキュリティサービスを発表。日立情報システムズが提供する。(2009/6/4)

SaaSで提供:
日立情報、Webセキュリティのホスティングサービスを開始
日立情報は、メッセージラボのプラットフォームを利用したWebセキュリティのホスティングサービスを開始する。(2009/2/23)

日立情報通信エンジニアリング、テンシリカとLSI開発で協業
日立情報通信エンジニアリングは米テンシリカとLSI開発で協業する。開発プラットフォーム「LogicBench」との連携を強化し、開発スピードを向上させるという。(2009/2/5)

日立情報システムズ、ベトナムにオフショア開発拠点を開設
ニーズが増えるベトナムでのオフショア開発の人員を育成し、ベトナムでの事業展開の体制を構築するために、日立情報システムズがホーチミンに開発拠点を開設した。(2008/9/22)

NEWS
日立情報制御とキャッツ、組み込みソフト向けデバッグ支援機能を共同開発
日立情報制御ソリューションズの「SagePro/eDEBUG」とキャッツの「ZIPC」を連携する「SagePro/eDEBUG―ZIPC 連携」機能を共同開発。本機能を搭載したSagePro/eDEBUGとZIPCの最新版の販売を開始した。(2008/5/9)

開発から移行、運用、保守までワンストップ提供:
日立情報、リソース利用に応じて課金する運用サービス開始
(2008/4/25)

日立情報、衛星回線と仮想化による行政システムを小笠原村に導入
日立情報システムズは、衛星回線と仮想化技術を組み合わせた総合行政システム「e-ADWORLD」を小笠原村に導入したと発表した。(2008/4/4)

衛星回線・仮想化で小笠原村の行政システムをアウトソーシング 日立情報システムズ
1000キロを克服するアウトソーシング──日立情報システムズは、小笠原村に衛星回線と仮想化技術を活用した総合行政システムを導入した。(2008/4/4)

NEWS
日立情報、流通BMS対応受発注EDIに出荷検品システム連携機能を追加
流通BMSに対応し、事前出荷データ作成・送信などを含む卸売業の出荷検品業務をトータルにサポートする。(2008/3/4)

日立情報とメッセージラボ、電子メールセキュリティで協業
日立情報とメッセージラボは、企業向けのマネージド電子メールセキュリティサービスで協業する。(2008/2/28)

NEWS
日立情報、システム開発・変更案件管理パッケージ「PROCESS Audit」を発売
企業のIT部門向けに、社内システムの開発・変更案件管理の統制強化と管理業務の効率化を支援するパッケージ。(2008/1/30)

エアーと日立情シス関連会社、メールアーカイブシステム最新版を発表
日立情報システムズのグループ会社であるコンピュータシステムエンジニアリングは、エアーと共同開発するメールアーカイブシステム「WISE Audit」の最新版を発表した。(2007/12/3)

日立情報とセキュアブレインが資本・業務提携
セキュリティ事業の拡大を目指す日立情報は、セキュアブレインと資本・業務提携した。(2007/10/22)

AT&Tジャパンと日立情報、MS Exchangeのサービス事業で協業
AT&Tジャパンと日立情報システムズは、Microsoft Exchangeのホスティングサービスで協業する。(2007/10/19)

NEWS
日立情報システムズ、中堅・中小企業向けの簡易PKIパッケージを発売
企業内認証システムを低コストで導入できる「SHIELD/SSCom Lite」を発売(2007/9/25)

NEWS
日立情報と日立ソフト、飲食業向けソリューションの勤怠管理機能に指静脈認証を連携
日立情報の飲食業向けASPサービス「BistroMate」の勤怠管理機能の認証強化に、日立ソフトの指静脈認証システム「静紋」を採用し販売を開始(2007/9/5)

日立情報システムズなど、インターネットディザスタディカバリサービスで協業
日立情報システムズとソフトバンクIDCは、協業を行い、Webサイトのディザスタリカバリに特化したサービスを提供する。(2007/8/30)

日立情報システムズ、保険業向けeラーニングソリューションを提供開始
日立情報システムズは7月17日、保険業に特化したeラーニングソリューション「BusinessStudyMate」の提供を開始した。コンプライアンス教育や募集人資格教育といった内容でスタートする。(2007/7/17)

NEWS
日立情報システムズ、テレビ会議サービスに半額の簡易版を追加
日立情報システムズが、ASPで提供されるテレビ会議サービス「NetTouch」の簡易版として、機能を絞り込み価格を半額に抑えた「NetTouch Lite」を発売する。(2007/6/7)

「WISE Audit」を活用した電子メールアーカイブ・検索サービス
1カ月のスピード導入で電子メールの内部統制を完成させる
パッケージ販売から堅牢なデータセンターでのアウトソーシングまで。日立情報システムズは企業ニーズに合わせた電子メールアーカイブ・検索サービスをわずか1カ月、初期投資を最小限に抑え提供する。(2007/5/23)

日立情報システムズ、メールアーカイブ・検索サービスを開始
日立情報システムズは、日本版SOX法への対応など企業の内部統制構築や強化を支援するソリューションとして、メール・アーカイブ検索サービスを開始する。(2007/5/22)

NEWS
日立情報システムズ、電子メールアーカイブ・検索サービスを提供開始
日立情報システムズが、電子メールのアーカイブと高速検索、フィルタリングを行うパッケージ製品「WISE Audit」を活用した電子メールアーカイブ・検索サービスを開始した。(2007/5/22)

日立情報システムズ、「ORANGE RANGE」のライブツアーにICタグを活用した入場受付システムを提供
(2007/3/15)

日立がグループ2社を合併、ネットワークエンジニアリング新会社を10月にスタート
日立製作所は、ネットワーク関連のグループ企業である日立インフォメーションテクノロジーと日立ハイブリッドネットワークの2社を合併した新会社「日立情報通信エンジニアリング」を10月1日にスタートさせる。ネットワークエンジニアリング事業を集結し、NGN対応製品の開発力を向上させるのが狙い。(2006/7/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。