ニュース
» 2007年10月19日 18時30分 公開

AT&Tジャパンと日立情報、MS Exchangeのサービス事業で協業

AT&Tジャパンと日立情報システムズは、Microsoft Exchangeのホスティングサービスで協業する。

[ITmedia]

 AT&Tジャパンと日立情報システムズは10月19日、Microsoft Exchange Serverのホスティングサービス事業で協業すると発表した。ネットワークサービスとExchangeのホスティングサービスを組み合わせたサービスを11月から開始する。

 協業では、AT&Tジャパンがネットワークの提供と運用監視、ヘルプデスクを提供し、日立情報が自社のデータセンターを利用したMicrosoft Exchange Serverのホスティングサービスをカスタマイズ対応で提供する。さらには、スパムやウイルス対策、メールアーカイビング、モバイル機器からのメール利用などの機能をオプションで提供する予定。

 2社では、専門のシステム管理者の育成が困難な中小企業や、M&Aなどでメールを利用する社員が急増した企業、ワールドワイドでのメールシステムの統合を検討するグローバル企業などを対象に拡販していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -