ニュース
» 2009年08月04日 07時00分 UPDATE

Microsoft、Windows 7のプロダクトキー流出に対応

MicrosoftがWindows 7のクラックに対して手を打ち、流出したプロダクトキーを使うと海賊版として検知されるようにした。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月30日、Windows 7がクラックされたことを認め、プロダクトキーの流出に対処したことを明らかにした。

 MicrosoftがあるPCメーカーに渡したWindows 7 UltimateのRTM(製造工程向けリリース)版がクラックされ、そのプロダクトキーがインターネットに出回った。同社は流出元を明らかにしていないが、一部報道ではLenovo Groupから流出したとされている。

 Microsoftは当該メーカーと協力して対策を取っており、流出したキーを使った場合は、海賊版を利用しているとして検知されると説明している。また同社は、Windows 7はハッキングを検出する機能が向上しており、アクティベーションを回避しようとするツールや手法を検知できると主張している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -