ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年08月06日 07時00分 UPDATE

日本HP、FOMA回線付きノートPC 通信料はプリペイド支払い

日本HPは、ノートPCにFOMA対応通信モジュールとSIMカードを組み込んだモデルを発売する。通信料はプリペイド方式のカード払い。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は8月5日、自社製ノートPCに、FOMA対応通信モジュールとSIMカードを組み込んだ「HP Mobile Broadbandモデル」を9月上旬から順次発売すると発表した。

 FOMA通信モジュールとSIMカード、無線LAN通信モジュールを内蔵。初回に本人認証し、クレジットカードを登録すれば、FOMAか公衆無線LANに接続できる。

 通信料はプリペイド方式で、FOMA圏内なら1分間10円、無線LANスポットなら1日300円(1アクセスポイント)。クレジットカードで1000円単位で支払う。

 まずはビジネスノート最上位機「HP EliteBook」などに通信モジュールを組み込んで発売。対象機種は順次拡大する。

 通信サービスは、ドコモのMVNO(仮想移動通信事業者)である日本通信と提携して提供する。

関連キーワード

FOMA | HP | MVNO | ノートPC | プリペイド | 日本通信


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.