ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プリペイド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プリペイド」に関する情報が集まったページです。

「ガチャ爆死した気分になれるカードゲーム」が地獄の光景 使用済みプリペイドカードが手札に溢れてうわあああ
やっちまった感にひたれます。(2020/11/15)

「22項目中14項目に不備」──調査で明らかになったゆうちょ銀「mijica」のずさんなセキュリティ
ゆうちょ銀行が不正送金などが相次いだVisaデビット・プリペイドカード「mijica」について行った調査結果を公表。mijicaは22項目中14項目に不備が判明した。(2020/11/9)

不正出金・情報漏えい・なりすましが発覚:
ゆうちょ銀行「mijica」、セキュリティ点検で不備多数も「サービス内容は継続」
ゆうちょ銀行は11月9日、不正な送金や個人情報の流出が発生していたデビット・プリペイドカード「mijica」のセキュリティを点検したところ、22項目中14項目の不備が見つかったと発表した。(2020/11/9)

iD決済対応の「Visa LINE Payプリペイドカード」12月開始 LINE Pay カードの新規発行は終了へ
LINE Payと三井住友カードは、戦略的業務提携の推進を発表。まずは2020年12月にVisaブランドのバーチャルプリペイドカードを「LINE」アプリ内で発行し、2021年春にはVisaブランドのクレジットカードでも「チャージ&ペイ」が利用可能になる予定だ。(2020/10/30)

店頭でiPhone向けプリペイドeSIMを即時発行 訪日外国人向けに提供
グローバルトラストネットワークスが提供する在留・訪日外国人向けモバイルサービス「GTN MOBILEサービス」は、プリペイド型eSIM対応の国内データ通信サービス「GTN PREPAID eSIM」を11月16日から提供。店頭で即時発行できる。(2020/10/29)

JCBとNTTコム、バーチャルプリペイドカードの実証実験 外貨にも対応
JCBとNTTコミュニケーションズは10月8日、スマホアプリで利用できるバーチャルプリペイドカードの実証実験を始めると発表した。名称は「JCB Mobile Wallet」。JCBブランドのバーチャルプリペイドカードで、キャッシュレス決済や送金などを行える。(2020/10/8)

決済時にピカッと点滅 緑に光る“ゲーミングVisaプリペイドカード” Razerが発表
米Razerが、決済時にカードに記されたロゴが緑に光るVisaプリペイドカード「Razer Card」を発表した。(2020/10/7)

相次ぐ不正出金・なりすまし被害:
ゆうちょ銀行「mijica」、第三者がカード偽造か ECサイトで不正利用
ゆうちょ銀行は10月6日、第三者がデビット・プリペイドカード「mijica」を偽造、利用した疑いがあると発表した。偽造された可能性があるのは3件。うち2件では、ECサイトで合計16万176円の決済を確認したという。(2020/10/7)

ゆうちょ銀の「mijica」で新たな不正か カードが届く前に番号を盗み商品購入
ゆうちょ銀行は10月6日、プリペイド機能付きのVISAデビットカード「mijica」について不正に作成・利用された疑いのある事例が新たに3件見つかったと発表した。カードが届く前に番号を特定し、ECサイトで利用する手口。同社は全額補償する方針。(2020/10/7)

不正アクセス被害:
ゆうちょ銀行、mijica会員情報流出の恐れ 社長指揮のタスクフォースにより発覚
ゆうちょ銀行は10月3日、同行が発行するデビット・プリペイドカード「mijica」専用のWebサイト「mijicaWEB」へ不正アクセスが発覚、利用者の会員情報が流出した恐れがあると発表した。被害にあった会員は1422人で、不正取得された可能性がある情報は、氏名、生年月日、カード番号下4桁、カード有効期限。(2020/10/5)

交通費も自動取込して精算 NTTコム、モバイルSuica連動の経費精算サービス「SmartGo Staple」開始
NTTコミュニケーションズは、モバイルSuicaと法人用プリペイドカードを組み合わせて、交通費を含めた経費を自動で精算できる「SmartGo Staple」の提供を始めた。従業員にプリペイドカードを配布し、紐付いたモバイルSuicaを利用してもらうことで、カードで使用した経費や交通費が自動的に経費精算サービスに取り込まれ、容易に経費処理できる。(2020/9/30)

ゆうちょ銀行の「mijica」カードで不正送金 総額約332万円
ゆうちょ銀行が発行するデビット機能付きVisaプリペイドカードを使った不正送金事案が発生した。これを受けて、同社ではカード会員間の送金機能を停止した。(2020/9/23)

ゆうちょ銀のVISAデビット「mijica」で不正送金 332万円
ゆうちょ銀行のVISAデビット・プリペイドカード「mijica」で不正送金があったことが分かった。同行は16日に同カードの送金機能を停止。被害総額は約332万円で、全額を補償するとしている。(2020/9/23)

送金機能を悪用:
ゆうちょ銀行、自社運営のプリペイドカード「mijica」で不正送金 被害総額332万円
ゆうちょ銀行は9月23日、同行が発行するデビット・プリペイドカード「mijica」で、不正送金の被害が発生したと発表した。被害者数は54人で、被害額は332万2000円(23日時点)。(2020/9/23)

ソフトバンク、プリペイド向けスマホ「Libero 3」を9月中旬以降に発売
ソフトバンクは、9月中旬以降にプリペイドサービス「シンプルスタイル」向けのスマホ「Libero 3」を発売。6.1型HD+ディスプレイや「ぼかし撮影」「広角撮影」に対応したトリプルカメラを備えている。(2020/9/3)

21年12月まで:
いきなり!ステーキ、プリペイド機能「肉マネー」終了へ 「決済サービスが充実したため」
「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは、プリペイドサービス「肉マネー」を2021年12月に終了する。20年9月にQRコード決済を導入するなど、決済サービスが充実したため、終了を決めたという。(2020/9/1)

「はまPay」がおサイフケータイやApple Payに対応 コード決済と両軸で訴求
横浜銀行は20日、コード決済サービス「はまPay」をバージョンアップ。バーチャルプリペイドカードをアプリ内で即時発行し、おサイフケータイやApple Payでの支払いを可能にする。あらかじめ口座開設しているユーザーを対象としているため、登録電話番号による本人確認のみですぐに発行できる。(2020/8/20)

セブン-イレブンで「Netflixプリペイドカード」販売開始 購入額を指定できる新カードも
クレジットカード・デビットカード以外の支払い方法として人気のプリペイドカード。(2020/7/6)

プリペイドカードで可動式「νガンダム」を作る人現る……! 完成度の高さに「課金は伊達じゃない!」の声
青いビジュアルとAppleのロゴがかっこいい!(2020/6/27)

「LINE Pay」で固定資産税など都税の納付が可能に 2020年6月1日から
モバイル決済サービス「LINE Pay」の「請求書払い」で、東京都税の納付が可能になった。一枚当たりの合計金額が30万円までの納付書(バーコード印字があるもの)を対象とする。プリペイド残高決済に加え、「Visa LINE Payクレジットカード」と連携した「チャージ&ペイ」でも対応する。(2020/6/1)

eSIM対応iPhone向け「トラベルeSIM」登場 2020年内は980円(税込み)で販売
海外渡航者向けのプリペイドSIMカード「トラベルSIM」に、eSIM対応iPhoneでの利用に特化した製品が(再)登場した。国内を含むどこかで1年に1回使えば、プリペイド残高の有効期限が延長される。(2020/5/25)

スマホ決済サービス「ゲオペイ(仮称)」、2020年秋以降に提供へ JCBの「Smart Code」を採用
ゲオペイメントサービスは、大日本印刷やジェーシービーとバーチャルプリペイド「ゲオペイ(仮称)」の2020年秋以降の開始に向けた基本合意契約を締結。全国のSmart Code加盟店とJCB加盟店で利用可能となる。(2020/5/18)

スマホ決済「ゲオペイ(仮称)」、20年秋スタート JCBブランドのチャージ式バーチャルプリペイド
ゲオペイメントサービスが、自社グループ店舗での利用を想定したスマートフォン向けコード決済サービス「ゲオペイ(仮称)」を2020年秋に提供する。JCBブランド加盟店でも使えるという。(2020/5/18)

「ポイントばら撒きブーム」に乗らない決済スタートアップの戦略
ポイント還元を一切行わず、決済サービス事業を伸ばしているのが、Visaプリペイドの「バンドルカード」を提供するカンムだ。クレジットカードを持たず、ステータスも見いださない若年層。彼らに向けて、利便性の高いプリペイドカードサービスを提供する。(2020/4/22)

MVNOに聞く:
「最低限の“ギガ”を最小限のお金で」 IIJmio「eSIM」正式プランの狙いと課題
2019年7月からβ版としてeSIMのサービスを展開してきたIIJが、正式版の料金プランを打ち出した。新たに登場した「データプラン ゼロ」は、プリペイド的に利用できるのが特徴。データ通信を全く使わない月は、わずか150円で維持できる。このデータプラン ゼロの戦略を聞いた。(2020/4/7)

au PAYで障害、コード決済の機能を停止 キャンペーンは19日も継続
3月18日に、auの決済サービス「au PAY」と「au WALLET プリペイドカード」で障害が発生。現在、au PAYのコード決済が利用できない。6週目の10億円キャンペーンは19日も実施する。(2020/3/18)

三井住友カード、Visaプリペイドカードで家計を管理できる「かぞくのおさいふ」開始
三井住友カードは、3月16日にVisaプリペイドカードを活用した家計管理を実現する決済サービス「かぞくのおさいふ」を開始。家計の共有ができる「共通のおさいふ」と最大9つの「個別のおさいふ」で構成する。(2020/3/16)

日本通信が「テレワーク向け商品」を販売開始 プリペイドSIMとUSBモデム/ルーターのセットも用意
新型コロナウイルスの流行に伴うテレワークへのニーズの高まりを受けて、日本通信が「テレワーク向け商品」の販売ページを開設した。プリペイドSIMの他、プリペイドSIMと通信機器をセットにしたものも用意している。(2020/3/6)

ICチップや非接触決済機能を搭載したプリペイド式Visaカード「Kyash Card」、申込受付開始
Kyashは、2月25日にプリペイド式Visaカード「Kyash Card」の受付を開始した。ICチップやVisaタッチ決済機能を搭載する。申し込みはバージョン6.0.0へアップデートしたウォレットアプリ「Kyash」から行える。(2020/2/25)

クレカを使ったらすぐに通知、家族でプリペイド金額を共有できる「かぞくのおさいふ」も 三井住友カード
三井住友カードは3月から、従来のクレジットカードアプリを強化する。カードを使うとリアルタイムでアプリにプッシュ通知を行い、不正利用をすぐに察知できる。子供にお小遣いを安心して与える方法としての利用や、夫婦で残高を共有し、それぞれがプリペイドカードを持って家計支出に使うことで家計管理を容易にできる「かぞくのおさいふ」も。(2020/1/15)

会員の指摘で発覚:
モス、会員カード番号の二重発行で謝罪 「他人の残高が混ざる」「身に覚えのない利用履歴が出る」トラブルも
モスフードサービスが、「モスバーガー」のチャージ式プリペイドカードで、一部のカード番号を二重発行していたとして謝罪した。(2020/1/10)

1つの番号にカードが2枚 モス、プリペイドカード番号 9647件を二重発行するミス 2500人で重複利用が起きた可能性
対象者には全額補償&500ポイント付与。(2020/1/10)

2600円/3GBから利用できるプリペイドSIM「Nomad SIM Prepaid」発売
Nomad Worksは、データ通信専用のプリペイドSIM「Nomad SIM Prepaid」を発売。3GBで2600円(税別)と10GBで3400円(税別)の2プランを提供し、最大90日間利用できる。(2020/1/8)

2019年の生活を変えたモノ:「現金」「モバイルバッテリー」「プリペイドSIM」を持ち歩くことが減った
2019年を改めて振り返ると、個人的には“モノを持たなくなった1年”だった。スマートフォンで完結することが増えたからだ。特に「LINE Pay」「ChargeSPOT」「eSIM」の3つは、当たり前のように使うようになった(2019/12/26)

ブックオフ、買い取り代金を電子マネーで受け取り可能に LINE Payやドコモ口座などで
ブックオフコーポレーションは、11月20日に買い取り代金を電子マネーで受け取れる「スマホで受取コース」を一部店舗で開始した。決済ブランドは「LINE Pay」「au WALLET プリペイドカード」「Kyash」「ドコモ口座」「ソフトバンクカード」で、2020年3月には対応店舗を拡大する。(2019/11/20)

トヨタがキャッシュレス決済に参入 プリペイド、クレジット、デビット払いが可能な「TOYOTA Wallet」リリース
トヨタ自動車がキャッシュレス決済に参入。スマホ決済アプリ「TOYOTA Wallet」(iOS)をリリースした。プリペイド型、クレジット型、デビット型の3種の決済方法に対応しており、用途に合わせて選べる。Android版は来春に提供予定。(2019/11/19)

法人キャッシュレスで「働き方改革」 法人プリカ「Stapleカード」で何が変わるのか
キャッシュレス化が遅れているのが法人の決済、特に従業員の経費精算だ。Fintech企業のクラウドキャストは、Kyash Directの仕組みを使い、法人向けのプリペイドカード「Stapleカード」を提供する。経費精算サービスと組み合わせ、非効率な法人の経費精算を効率化する。(2019/10/4)

決済プラットフォーム「Kyash Direct」開始 法人Visaカードが短期間で発行可能に
Kyashは、10月4日に法人Visaカードを発行できる決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供開始。まずは経費精算サービス一体型法人プリペイドカード「Stapleカード」を発行する。(2019/10/4)

三井住友カードが6歳から発行できるプリペイドカード「Visaプリペ」 タッチ決済にも対応
Visaのタッチ決済に対応したプリペイドカードが登場。満6歳の小学生以上から発行できる。(2019/9/25)

コード決済「au PAY」、auユーザー以外にも提供 「オープンなサービス」で拡大目指す
KDDIが、同社のコード決済サービス「au PAY」とプリペイドカード「au WALLET プリペイドカード」のサービスを、29日からauユーザー以外にも提供すると発表した。(2019/8/28)

「au PAY」と「au WALLET プリペイドカード」がキャリアフリーに 8月29日から
KDDIが提供するコード決済サービスとプリペイドカードが、auユーザー以外でも申し込めるように。利用額に応じた還元も行われる。(2019/8/28)

仮想通貨で電子マネーをチャージ可能に 「au WALLET」「楽天Edy」「nanaco」が対象
ディーカレットが、仮想通貨を使って電子マネーをチャージできるサービスを始めた。「au WALLETプリペイドカード」「楽天Edy」「nanaco」のいずれかの電子マネーに交換できる。(2019/8/21)

客単価が1割増 もう1つのキャッシュレス、店舗のプリペイドカードが伸びる理由
「◯◯Pay」の話題が尽きることがないが、その裏側では各店舗が発行する専用のプリペイドカード(ハウスプリペイド)が活況だ。事前にチャージするという仕組みが、強力な囲い込み効果を発揮する。また、ポイントカードに代わり、スマホと連携することでCRM利用も進みつつある。(2019/8/2)

ソフトバンク傘下SprintとT-Mobile合併を米司法省が承認
米司法省が米携帯キャリア3位のT-Mobileと4位でソフトバンクグループ傘下のSprintの合併を承認した。承認の条件として両社はプリペイド携帯事業をDISH Networkに売却し、DISHは携帯キャリア市場に参入する。(2019/7/29)

auのプリペイド携帯、サービス終了へ 使用していた電話番号は機種変で引き継ぎ可能
2021年12月15日をもって終了。(2019/7/6)

au、プリペイド携帯電話サービス「ぷりペイド」を2021年12月15日に終了
KDDIは、2021年12月15日にプリペイド携帯電話サービス「ぷりペイド」を終了。「ぷりペイドカード」を購入して「利用開始登録」をすれば、基本使用料不要でauケータイを使えるサービスとして2002年7月から提供してきた。(2019/7/5)

「7pay」サービス開始 チャージ登録できるカードに注意
7月1日からサービスを開始した、セブン・ペイのコード決済サービス「7pay」。プリペイドタイプなので、利用にはチャージが必要だが、クレジットカードやデビットカードをチャージ方法として登録する場合、登録できるカード会社が限られる。【追記】(2019/7/1)

スマホが必要:
セブン銀行ATMから「au WALLET 残高」「WebMoneyプリペイドカード」のチャージが可能に 6月24日から
KDDIが提供する「au WALLET 残高」とウェブマネーが発行する「WebMoneyプリペイドカード」が、セブン銀行ATMから現金チャージ(入金)に対応する。1000円以上1000円単位でチャージが可能で、手数料は無料。ただし、各サービス用のアプリをインストールしたスマホを用意する必要がある。(2019/6/21)

au WALLET、通信料との合算で「リアルタイムチャージ」が可能に
KDDIは、6月4日に「au WALLET 残高」のチャージ方法へ「リアルタイムチャージ」を追加。「au PAY」「au WALLET プリペイドカード」での支払い時、不足分は月々の通信料金と合算できる「auかんたん決済」で即時チャージされる。(2019/6/4)

ファーストキッチン、プリペイド電子マネー「My First Card」導入 チャージと支払いでポイント還元
毎月1日ならチャージで最大15%をポイント還元。(2019/5/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。