ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プリペイド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プリペイド」に関する情報が集まったページです。

Apple PayのPASMOのみ“ダブルチャンス”あり:
LINEプリペ(Visa)を「モバイルPASMO」「Apple PayのPASMO」で使うと最大1000円分還元 6月30日まで
LINE Payとパスモが、「モバイルPASMO」「Apple PayのPASMO」のコラボキャンペーンを実施する。LINEプリペ(Visa)こと「Visa LINE Payプリペイドカード」を使ってチャージしたり定期券を買ったりすると、最大で1000円分の「LINE Pay残高」が贈呈される。(2024/2/1)

IIJ、訪日外国人向けの「Japan Travel SIM(eSIM)」発表 3〜55GBの全7プランを用意 全国のローソンが2月6日から販売
インターネットイニシアティブ(IIJ)は1月17日、訪日外国人や一時帰国者向けのプリペイド型eSIM「Japan Travel SIM(eSIM)」を発表した。全国のローソンが2月6日から販売する。国内のコンビニエンスストアがプリペイド型eSIMサービスを販売するのは今回が初めて。(2024/1/17)

au PAYプリペイドカード、タッチ決済に対応へ カード情報は裏面に印字
KDDIは「au PAYプリペイドカード」の刷新を案内している。カード情報を裏面に印字する他、タッチ決済が使えるようにする。ECサイトで使えるバーチャルカードの発行も予定する。(2024/1/11)

「モバイルSuica」通学定期券で保護者による代理チャージが可能に 2024年3月16日から
2023年3月から中学生/高校生向けの通学定期券を購入できるようになった「モバイルSuica」だが、2024年3月からは保護者の持つクレジットカードによる通学定期券へのプリペイド残高チャージが行えるようになる。(2023/12/18)

JR東日本が「モバイルSuica」を使った電子チケットを試行 フリー乗車区間の利用分は“キャッシュバック”で対応
JR東日本が、モバイルSuicaを使った電子チケットサービスを試行する。カード側には情報を載せずに、いったん引き去ったプリペイド残高を後からキャッシュバックする形で形式上「フリー乗車」を可能とする。(2023/11/17)

ワイヤレスゲート、訪日外国人向けプリペイドSIMの新プラン 3GB〜10GBや無制限も
ワイヤレスゲートは、ヨドバシカメラやヨドバシ.com「ワイヤレスゲート プリペイドSIM」新プランを提供開始。無制限プランを2プラン、短期の定容量プランを7プラン、計9プランで展開する。(2023/11/13)

バンドルカードがVisaのタッチ決済に対応 事前チャージし、Androidスマホをかざして支払い
Visaプリペイドカード「バンドルカード」がVisaのタッチ決済に対応した。バンドルカード提供元のカンムが10月18日に発表した。バンドルカードは最短1分で発行できるプリペイドカードで、Visa加盟店で利用できる。(2023/10/20)

製造業IoT:
格安プリペイド型グローバルIoT回線サービスを活用した取り組みを開始
ラトックシステムとSB C&Sは、プリペイド型のグローバルIoT回線サービス「1NCE IoT フラットレート」を活用した取り組みを開始する。(2023/7/31)

iPhoneで利用可能:
トラベルSIMがタイに特化したプリペイドeSIMを発売 3日間で750円
トラベルSIMが、タイ旅行とiPhoneに特化したプリペイドeSIM「タイおすすめSIM」を発売した。1日当たり500MBまで高速データ通信が可能で、超過した場合も速度が低下するもののデータ通信を継続可能だ。(2023/7/14)

「ファミペイ」がApple Payに対応、JCBカードでチャージも可能に
ファミリーマートのアプリ「ファミペイ」で発行する「ファミペイ バーチャルカード(JCBプリペイドカード)」がApple Payに対応。JCBブランドのカードでチャージも可能となった。(2023/5/11)

プリペイドカード「MIXI M」にリアルカード復活 デザインも一新
MIXIが提供するブランドプリペイドカード「MIXI M」にプラスチックのリアルカードが再登場する。公式Twitterで明かした。(2023/4/24)

群馬県がマイナカード申請者に1万円分のクオカード、抽選で1万人に マイナポイント未取得者向け
群馬県は、マイナンバーカード申請者向けに1万円分のプリペイドカード(クオカード)が当たるキャンペーンを展開している。(2023/3/15)

2%還元のLINE Payプリペイドカード、発行300万枚を突破
LINE Payは3月10日、「Visa LINE Payプリペイドカード」の発行枚数が300万を突破したと発表した。2020年12月のサービス開始から約2年となる。(2023/3/10)

江ノ島電鉄、全駅でタッチ決済の乗車サービスを提供 4月以降に
江ノ島電鉄らは、4月以降に全駅でタッチ決済対応のカード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォンなどでの乗車サービスを提供開始。地域住民や国内外からの観光客の利便性向上を目指す。(2023/2/15)

au PAYプリペイドカードで取引履歴が表示されない不具合 中、朝、住、今、荻、塚などが含まれる加盟店で
au PAYプリペイドカードを一部の加盟店で利用した際に、それ以後の取引履歴が表示されない不具合が発生している。名称に、中、朝、住、今、荻、塚などの特定の文字が含まれる加盟店で発生(2023/2/8)

ふぉーんなハナシ:
SMBCグループの「Oliveフレキシブルペイ」 変幻自在な「マルチナンバーレスカード」は“なに”カード?
三井住友銀行と三井住友カードが提供する新たな金融サービス「Olive(オリーブ)」では、アプリからクレジット/デビット/ポイント決済(プリペイド)を切り替えられるVisaカード「マルチナンバーレスカード」が発行されます。このカードについて、発表だけでは分かりづらいことを簡単に解説します。(2023/2/6)

「クレジット」「デビット」「プリペイド」を切り替えられるカードに注目! SMBCグループが新サービス「Olive」を3月から提供
三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行と三井住友カードの3社が新しい金融サービス「Olive」を開始することになった。Visaが開発した技術を活用した「フレキシブルペイ」に対応するVisaカードを発行することで、余計なカードを増やすことなく「クレジット」「デビット」「プリペイド(ポイント払い)」の3種類の決済モードを利用可能だ。(2023/2/3)

契約不要のチャージ式データ通信サービス「プリペイドWiFi」販売開始 1100円/10GBから
ジャパンモバイルは、契約不要のチャージ式データ通信サービス「プリペイドWiFi」を販売開始。マルチキャリアに対応し、チャージの有効期限は利用開始日から365日で無駄なく使える。(2023/1/20)

au PAYプリペイドカード、3Dセキュア2.0対応 1月17日から
KDDIは「au PAYプリペイドカード」が1月17日の午前10時から「3Dセキュア2.0」に対応すると発表した。これまでは3Dセキュアに対応していなかったため、利用できないECサイトなどがあった。(2023/1/11)

「バンドルカード」のカンム、MUFG傘下に デビットカードへの後払い機能実装目指す
プリペイドカード「バンドルカード」などを提供するフィンテックスタートアップのカンムが、2023年の3月をめどに三菱UFJ銀行(MUFG)の傘下に入る。(2022/12/28)

ワイヤレスゲート、ヨドバシカメラでプリペイド式eSIMを販売
ワイヤレスゲートは、ヨドバシカメラで「ワイヤレスプリペイドSIM for eSIM」を提供開始。Androidでは15機種以上、iPhoneでは19機種で利用でき、物理SIMとの併用も可能だ。(2022/12/26)

プリペイドSIM「COMST」が5Gに対応 2GB/2750円から、ヨドバシカメラやヤマダデンキで発売
兼松コミュニケーションズの提供するデータ通信特化型プリペイド式SIMカード「COMST」が5Gに対応。全国ヨドバシカメラとヤマダデンキ21店舗、直販サイトで販売する。(2022/12/13)

Amazon Payでタリーズカードへの入金が可能に プリペイドへのチャージは初
「Amazon Pay」を用いて、タリーズ公式アプリ内のタリーズカードの残高に入金できるようになったと発表した。ただしAmazonギフトカード残高のみ。(2022/12/9)

東急電鉄が「クレカのタッチ決済」「QRコード」による乗車の実証実験を2023年夏から実施 2024年春に全駅に拡大予定
東急電鉄が、EMVコンタクトレス(タッチ決済)対応のクレジットカード/デビットカード/プリペイドカードとQRコードによる鉄道乗車に関する実証実験を行うことを発表した。まず2023年夏に田園都市線を中心とする一部駅で先行して実験を開始し、2024年春をめどに自社線の全駅に実験を拡大する予定だ。(2022/12/8)

チャージ額の10%を還元するキャンペーンも:
コカ・コーラ独自の自販機電子マネー「Coke ON Wallet」が11月下旬に始動 先行体験してみた
日本コカ・コーラが、インフキュリオンと協力して独自のプリペイド電子マネーサービス「Coke ON Wallet」の提供を開始する。その名の通り「Coke ON Pay」に対応する自動販売機で利用できる電子マネーで、商品の購入や残高チャージによってポイントがたまる仕組みも導入されている。(2022/11/10)

企業担当者の4割が炎上経験あり:
SNS時代の謝罪・炎上 企業担当者と消費者、それぞれが食い違うポイントは?
プリペイドカード「QUOカード」などを発行するクオカード(東京都中央区)は、「SNSを意識した謝罪に関する実態調査」を実施した。(2022/10/14)

Pixel Watchが「Suica」に対応 乗車券と電子マネーのみ利用可能
Googleが新発売するスマートウォッチ「Pixel Watch」が、JR東日本の交通系ICカード「Suica」に対応する。Pixel Watch専用アプリから新規発行可能で、プリペイド残高を使った鉄道/バスの利用と電子マネー加盟店での買い物に利用できる。(2022/10/7)

「謝罪した後にSNSで炎上」、原因の1位は「遅かったため」 クオカード調べ
消費者に謝罪した経験のある企業担当者の4割が「謝罪後にSNS炎上した」と回答した──プリペイドカード「QUOカード」を発行するクオカードは、そんな調査結果を発表した。(2022/10/4)

Visaプリペイドカード「バンドルカード」、ダウンロード数600万を突破
 オンライン決済サービス「バンドルカード」を運営するカンム(東京都渋谷区)は9月28日、ダウンロード数が累計600万を突破したと発表した。2016年9月のローンチから、6年での到達となる。(2022/9/29)

マネフォ、ビジネスカードに後払い機能追加 最大10億円の利用限度額に
マネーフォワードは7月27日、個人事業主や法人向けの事業用プリペイドカード「マネーフォワード ビジネスカード」に「あと払い機能」を追加した。独自の与信審査により、最大10億円の限度額を可能とする。(2022/7/27)

jetfi、150GB/180日間の国内用プリペイドSIM発売 データチャージも可能
MAYA SYSTEMは、データチャージ可能な国内用プリペイドSIM「jetfi 150GB 4G DATA SIM」を発売。購入時は150GB(利用期間180日)が付与されていて、10GB〜150GBまで6種のチャージプランを用意している。(2022/5/17)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
日本に来るかも? ZTEのミドルレンジ5Gスマホ「Blade V40」シリーズ
ZTEのスマートフォンは日本でも少しずつ製品が出ており、復活の兆しを見せています。海外ではミドルレンジを中心とした「Blade」シリーズもプリペイド向けなどに販売されています。「Blade V40」はミドルレンジでありながらも5Gに対応したモデルです。(2022/5/6)

LINEプリペ、タッチ決済での還元率を2%に引き上げ 7月から
LINE Payは4月27日、「Visa LINE Payプリペイドカード」(LINEプリペ)について、タッチ決済時のポイント還元率を引き上げ、2%にすると発表した。付与上限金額は月間5000ポイント。時期は7月1日から。(2022/4/27)

要エントリー:
「Apple PayのPASMO」で定期券購入/移行 or 新規発行から2000円使うと1000円キャッシュバック 3月18日10時から
PASMO協議会とパスモ(PASMOの発行元)が、「Apple PayのPASMO」の利用促進キャンペーンを開催する。3月18日10時から4月22日までの期間中にApple PayのPASMOにおいて定期券を新規購入またはPASMOカードから移行するか、Apple PayのPASMOを新規発行した上でプリペイド残高を2000円以上使うともれなく1000円キャッシュバックされる。(2022/3/16)

Vプリカ、18歳未満も利用可能に 親権者同意あれば
ライフカードがネット決済専用プリペイドカード「Vプリカ」について、親権者の同意があれば18歳未満でも利用できるようにした。(2022/2/22)

不正送金問題のゆうちょ「mijica」カード、7月末でサービス終了決定 新カードへの移行を案内
ゆうちょ銀行が、不正送金問題のあったVisaデビット・プリペイドカード「mijica」の提供を7月31日で終了する。今春にはmijicaに変わるデビットカードの発行を始めるとしている。(2022/2/4)

FBI、北京五輪参加選手に「自分のスマホは家に置いてプリペイド端末を使おう」と呼び掛け
米連邦捜査局(FBI)は、2月4日から中国北京で開催の冬季五輪の出場選手に向けて、現地で自分のスマートフォンを使わないよう呼び掛けた。また、現地に行けない観客にも関連アプリに見せかけたマルウェアについて注意喚起した。(2022/2/3)

法人プリペイドカード一体型の経費精算システム「FEEDER Staple」、販売開始
 エムティーアイとクラウドキャストは1月20日、法人プリペイドカード一体型の経費精算システム「FEEDER Staple」の販売を開始した。(2022/1/21)

コード決済システム「Value Gateway」、「Bank Pay」の接続追加
 独自ブランドのプリペイド型電子マネーの発行や管理サービスを提供するバリューデザイン(東京都中央区)は12月20日、コード決済システム「Value Gateway」に、スマホ決済サービス「Bank Pay」を接続追加したと発表した。(2021/12/21)

Visaプリペイドカード+家計簿アプリ「B/43」のAndroid版が登場
スマートバンクは、家計簿プリカ「B/43」のAndroid版を提供開始。iOS版で実装されている「ペア口座」「ポケット機能」など、すべての機能を利用できる。(2021/12/16)

Nippon SIM、国内向けプリペイドデータeSIMの提供を開始 15GB/2980円(税込み)から
DHA Corporationは、「Nippon SIM」のプリペイドeSIMで3プランを提供開始。15GB/2980円(税込み)から利用でき、新規会員登録で初回購入時に使える20%オフクーポンも配布する。(2021/12/9)

ミニストップとドンキにて:
Pairs、日本初となるマッチングアプリの「プリペイドカード」発売 なぜ?
Pairsを運営するエウレカは、同社によると日本初となる「プリペイドカード」を発売した。種類は4000円、1万円、1万5000円の3パターンを用意。全国のミニストップとドン・キホーテにて販売する。(2021/11/22)

LINEプリペ、VisaでもApple Payの対応開始
 LINE Payと三井住友カードは、11月9日から「Visa LINE Payプリペイドカード」のVisaブランドでも、Apple Payへの対応を開始したと発表した。(2021/11/10)

ハードもアプリも映画も買える「Apple ギフトカード」がスタート 「App Store & iTunes」と「Apple Store」カードを統合
新しい「Apple ギフトカード」は、アプリ・サービスとハードの両方を購入できる統合されたプリペイドカードだ。(2021/11/10)

Androidスマホは対象外:
au PAY カードで「QUICPay+」を設定して決済すると抽選で1万Pontaポイントがプレゼント 12月31日まで
KDDIグループが発行するau PAY プリペイド/クレジットカードにおいて、Apple Pay対応のiPhone/iPadに「QUICPay+」を設定した上で、12月31日までに500円(税込み)以上利用したユーザーを対象とするPontaポイントプレゼントキャンペーンが開催される。当選者数は1000人で、還元ポイントは1万ポイントとなる。(2021/11/1)

金融ディスラプション:
決済手数料に悩む加盟店が、逆に決済手数料を受け取れる アララキャッシュレスの逆転の発想
ハウスプリペイドを企業に提供するアララは、新たにコード決済機能の提供もはじめ、店舗は独自Payサービスを実現できる。さらに、来春には非接触決済サービスの「iD」にも対応。このiDは、決済手数料負担に悩む加盟店にとって、逆に決済手数料を受け取れる機会をもたらす。(2021/10/28)

国内用プリペイド「Nippon SIM」、15GB /2980円〜の新プランを提供
DHA Corporationは、国内用プリペイドSIMカード「Nippon SIM」で新プランを開始。15GB /2980円(税込み)から3プランを提供し、全商品20%割引クーポンやWiFiルーターとセット販売も行う。(2021/10/7)

セブンで“PCR検査が買える” コンビニ初、プリペイドカード型サービス発売
コロナウイルス感染症の抗原/PCR検査キットを自宅に届けてもらえるプリペイドカードが、全国のセブン-イレブンで発売された。(2021/9/29)

マネフォ、法人カード事業参入 最大5000万円の高額決済対応、後払いサービスも
マネーフォワードが法人カード事業に乗り出す。事業用プリペイドカード「マネーフォワードビジネスカード」の発行を開始し、事業支払いのキャッシュレス化を目指す。利用額の1%を独自ポイントで還元するほか、決済情報は、同社の会計システムと即時連携する仕組みだ。(2021/9/22)

「推しを応援できる」クレカNudge 「決済収益だけで十分黒字化できる」
Nudgeに特徴は大きく2つある。1つが、スポーツチームやアスリート、アーティストなどとの提携だ。もう1つは、フィンテックスタートアップで一般的なプリペイドカードやデビットカードではなく、敢えてクレジットカードを発行する点だ。黒字化ラインは、ユーザー数25万人。2年後の黒字化を目指すという。(2021/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。