ニュース
» 2009年08月07日 08時17分 UPDATE

Twitterが一時ダウン DoS攻撃で

「単一の大規模な組織的攻撃」によって、Twitterほか複数のサイトが影響を受けた。

[ITmedia]

 TwitterがDoS(サービス拒否)攻撃により一時アクセスできない状態に陥った。

 米東部夏時間8月6日午前9時頃、Twitterのサイトがダウンし、同社はDoS攻撃が原因であることを明らかにした。

 数時間後サイトは復旧したが、同社はこのとき「完全復旧までは、表示が遅くなるなどの問題が続く」と述べていた。この攻撃によるユーザーデータの侵害はなかったという。

 Twitterは障害の原因を「単一の大規模な組織的攻撃」としている。同サービスのほかにもFacebookやLiveJournalなどのサイトが攻撃の影響を受けたとされている。

関連キーワード

Twitter | DoS | Facebook | セキュリティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -