ニュース
» 2009年08月11日 17時11分 UPDATE

「コみケッとスペシャル5 in 水戸」は市街地中心部で開催

茨城県水戸市で開かれる「コみケッとスペシャル5 in 水戸」の概要が明らかに。メイン会場はJR水戸駅から徒歩十数分、同市の中心市街地を貫く国道50号沿いの商業ビルだ。

[ITmedia]
photo 会場決定を伝えるWebサイト

 コミックマーケット準備会と「コミケでまちおこし・みと実行委員会」は2010年3月に水戸市で開く同人誌即売会「コみケッとスペシャル5 in 水戸」の概要を公開した。メイン会場になるのは市街地中心部の商業ビル。当初は開催は1日の予定だったが、2日間に拡大した。サークル参加申し込み用紙は8月14〜16日の「コミックマーケット76」(東京ビッグサイト)で配布する。

 「コミックマーケット」の番外編として5年に1度開催する「コミケットスペシャル」の5回目。今回は「コミケでまちおこし」をテーマに昨年開催地を公募し、同市での開催を決定。地元の人などで作る同実行委と準備を進めている。

photo Googleマップで見る会場位置

 メイン会場は水戸市泉町の「伊勢甚泉町北ビル」。現在の京成百貨店と国道50号を挟んで向かいの、旧京成百貨店が入居していた空きビルで、水戸芸術館に道を挟んで隣接する。JR水戸駅から徒歩で十数分、近くには繁華街・大工町もある市街地中心部の一角だ。

 会場選定について、同実行委は「水戸には大きなコンベンション施設はありません。あるとしても郊外の体育館くらいです。でも、そこをコミケの会場にしたところでまちおこしにつながるかどうか分かりませんでした。そこで街中の空きビルをコンベンション施設に見立てて会場にしてしまおうと考えました」と説明。メイン会場のほか、街中の各地でさまざまなイベントを開催する予定という。

 開催は来年3月21〜22日の2日間。各日1200スペースずつの予定。サークル参加申し込み用紙は夏コミ会場の同実行委特設ブースと実行委窓口で配布するほか、Webサイトからダウンロードできるようにする予定。サークル参加申し込み受け付けは10月スタートを予定している。

 特設ブースは東4ホールガレリア側に設置。事前告知と、プレ企画として夏コミ限定お菓子「梅さぶれ〜夏コミに行ってきました。水戸にも行きます。」を販売する。

関連キーワード

コミケ | 同人誌 | 東京ビッグサイト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -