ニュース
» 2009年08月13日 11時34分 UPDATE

宇宙に160文字のメッセージ送信 豪科学誌が企画

HelloFromEarthというプロジェクトが、生命が存在するかもしれない惑星に送信するメッセージを一般の人から募集している。

[ITmedia]

 「地球からこんにちは」――太陽系外の惑星にメッセージを送るプロジェクトが、オーストラリアで進められている。

 HelloFromEarthと呼ばれるこのプロジェクトは、科学誌COSMOSがオーストラリアのナショナルサイエンスウィーク向けに企画したものだ。一般の人からメッセージを集めて、米航空宇宙局(NASA)のアンテナで宇宙に送信する。送信先は太陽系外のGliese 581dという惑星で、生命が存在する可能性があるという。

ah_581.jpg Gliese 581dの想像図

 HelloFromEarthは8月12日から23日まで、Gliese 581dに送るメッセージをWebサイトで受け付けている。オーストラリア以外の国からも応募できるが、メッセージは英語のみで160文字まで。サイトには、「いつか会えたらいいですね」「あなたたちの星を訪問したいです」「星間バーベキューにご招待します」といったメッセージが寄せられている。

 集められたメッセージはテキストファイルにまとめられ、バイナリコードに変換され、豪キャンベラにあるNASAの施設から送信される。Gliese 581dは地球から20.3光年の位置にあり、メッセージの到着は20年後の2029年12月ごろの予定。返事をもらえるとしたら、Gliese 581dの通信技術が高度なものでない限り42年かかるという。

ah_antena.jpg

関連キーワード

地球 | 惑星 | NASA | 宇宙エレベーター


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -