ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「地球」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地球」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ジェフ・ベゾス氏が温暖化対策基金設立 まずは100億ドルの助成金から
Amazon.comの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が、地球温暖化対策のための基金「Bezos Eargh Fund」を設立した。まずは今夏に100億ドル(約1兆1000万円)の助成金をNGOなどに支給する。(2020/2/18)

GIS:
パスコが衛星データを基にAIで農地の場所を推定する技術を開発
パスコはインドネシアで地球観測衛星データの活用を進めている。(2020/2/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
暴走が止まらないヨーロッパ
英政府は、ガソリン車、ディーゼル車の新車販売を、ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)も含め、2035年に禁止すると発表した。欧州の主要国はすでに2040年前後を目処に、内燃機関の新車販売を禁止する方向を打ち出している。地球環境を本当に心配し、より素早くCO2削減を進めようとするならば、理想主義に引きずられて「いかなる場合もゼロエミッション」ではなく、HVなども含めて普及させる方が重要ではないか。(2020/2/10)

人類滅亡までのカウントダウン「世界終末時計」の針が「残り100秒」に進み過去最短に 核の脅威と地球温暖化が影響
2つの脅威に対する国際的な取り組みが弱まっていると指摘しています。(2020/1/24)

「チバニアン(千葉時代)」が地質時代に正式認定 日本の地名が初めて地球史の1ページに
約77万4000年前〜約12万9000年前の地質年代が、世界的に「チバニアン」と呼ばれることに。(2020/1/17)

“環境少女”が世界で受けた真相:
グレタさんが振りまく「終末論ムーブメント」――“破滅の未来”はなぜ人々を魅了するのか
地球温暖化の危機を世界に訴え脚光を浴びるグレタ氏。危機論の是非とは別にこうした「終末論」が人々を魅了する現実があるという。「破滅の未来」をなぜ人々は好んで消費するのか?(2020/1/15)

はやぶさ2「初代と比べようもないほど元気」 帰還へ飛行順調
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、探査機「はやぶさ2」について地球帰還に向けた計画を発表し、「初代とは比べようもないほど元気」と飛行が順調であることを明らかにした。(2019/12/23)

はやぶさ2、地球帰還へ イオンエンジン連続運転開始
探査機「はやぶさ2」は、イオンエンジンの連続運転を始め、2020年末の地球帰還に向けて本格飛行に入った。(2019/12/4)

自然エネルギー:
最上もがさんと“ウルトラ怪獣”が再エネ普及に一役 みんな電力の「かいじゅうのでんき」
みんな電力が“地球環境にやさしい、そしてかいじゅうにもやさしい”をコンセプトに、家庭向け新電力プラン「かいじゅうのでんき」を発表した。アンバサダーに就任した最上もがさんが語る、環境問題解決への想いとは? (2019/12/2)

星の次はハートだ! 「ヒーリングっど プリキュア」、ヒーリングアニマルと力を合わせ地球をお手当て!
「スタプリ」終了間近を惜しむ声も。(2019/11/29)

常識を覆す「惑星」、巨大ブラックホールの周りに存在か 鹿児島大と国立天文台
「全く新しい『惑星』の種族が銀河中心の巨大ブラックホールの周囲に形成される可能性がある」とする世界初の理論を、鹿児島大学と国立天文台が発表した。ブラックホールの周囲10光年程度の距離に、地球の約10倍の質量の惑星が1万個以上形成される可能性があるという。(2019/11/25)

はやぶさ2、リュウグウをあす出発 20年末に地球へ帰還 「名残惜しい」と責任者語る
探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」を11月13日に出発する。20年末に地球に帰還する見通し。(2019/11/12)

10月20日はリサイクルの日。リデュース・リユース・リサイクルで地球環境を守ろう!
10(ひと回り)、20(ふた回り)の語呂合わせから制定された記念日です。(2019/10/19)

放送40周年の今年、ついにコラボ実現! 「機動戦士ガンダムマンチョコ」発売
「地球連邦軍」は東日本、「ジオン公国軍」は西日本での販売(2019/10/19)

新工法:
地球と一体化する“インプラント工法”、都内の道路拡幅などインフラでも採用増
技研製作所が開発した「インプラント工法」の国内採用件数は、2019年8月末時点で883件になったという。(2019/10/18)

「宇宙食開発したぞ→お湯で戻す方法がないんだが……」でメーカーが考えたまさかの対応策 宇宙食マンガ「宇宙めし!」作者インタビュー
国際宇宙ステーションには設備があるけど、地球上の自社で試食したい。(2019/12/12)

「350万年前、天の川銀河で大規模爆発」豪研究者が発表 当時の地球では人類祖先が活動していた
銀河中心での爆発は“最近”だったようだ。(2019/10/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「セクシー大臣」を騒ぎ立てる“ジジイの壁” 失われる日本の競争力
小泉進次郎環境相の「セクシー」発言が話題になったが、そんなことを言っている場合ではない。かつてリーダー的立場だった「地球温暖化対策」で、日本は世界から取り残されている。“前例主義”から抜け出さないと、日本の競争力はどんどん失われていく。(2019/9/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界の水源を荒らす、中国の「ペットボトル飲料水」事情
小泉進次郎環境大臣の発言で地球温暖化問題などがあらためて注目されそうだが、「ペットボトル飲料水」の問題も深刻だ。需要拡大に合わせて水をくみ上げる中国企業に、ニュージーランドなどの水源地が反発。できる限り資源を守ることを考える必要がある。(2019/9/26)

宇宙(そら)へ挑む“ガンプラ” 五輪応援に極限環境対応の工夫詰め込む
2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、「ガンダム」と「シャア専用ザク」の小型模型を宇宙に上げる計画が進行している。宇宙からガンダムがメッセージを送るのだ。宇宙は想像を超える過酷な環境で、「市販されているガンダムのプラモデル(ガンプラ)をロケットに載せればいい」とはいかない。4日にお披露目された両機の模型には、「地球連邦軍V作戦」並みの工夫が詰まっていた。(2019/9/19)

宇宙(そら)へ挑む“ガンプラ” 五輪応援に極限環境対応の工夫詰め込む
 2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「ガンダム」と「シャア専用ザク」(シャアザク)の小型模型を宇宙に上げる計画が進行している。宇宙からガンダムがメッセージを送るのだ。宇宙は想像を超える過酷な環境で、「市販されているガンダムのプラモデル(ガンプラ)をロケットに載せればいい」とはいかない。4日にお披露目された両機の模型には、「地球連邦軍V作戦」並みの工夫が詰まっていた。(静岡支局 石原颯)(2019/9/18)

食パンで地球を救う? 大阪の店が「SDGsパン」開発
食パンが地球を変える−。大阪市鶴見区のパン店が、食品ロスや二酸化炭素(CO2)削減といった地球規模の問題への関心を呼びかけるユニークな食パンを開発した。その名も、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)にちなんだ「SDGs食パン」(2019/9/4)

【Kindleセール】SF漫画の大傑作『地球へ…』が1冊11円の超セール中! 「まじで!?」「秒速で買った」の声
こんなの秒速で買うでしょ!(2019/9/3)

火星に移住すると? 京大生ら米施設での実習報告
人工の熱帯雨林や海など地球の生態系を再現した米アリゾナ州の閉鎖環境施設「バイオスフィア2」で行われた将来の火星移住を想定した共同実習に参加した京都大の学生らが2日、同大で会見し、活動内容や成果を報告した。(2019/9/3)

ガートナー、「先進テクノロジーのハイプ・サイクル:2019年」を発表:
「5G」「バイオチップ」が“期待のピーク”に 「デジタルエコシステム」や「高度なアナリティクス」がビジネスの鍵
ガートナーの2019年版「ハイプ・サイクル」によると、地球全体のカバレッジを目指す「低軌道衛星システム」や「5G」、完全自動運転の「自律走行(レベル5)」、身体能力を拡張する「バイオチップ」などが、注目度の高い「過度な期待」の時期に挙がった。(2019/9/3)

『地球の歩き方』を100冊読んで発見した、「最も詩的な一節」を発表する
旅は人を詩人にする――。(2019/9/1)

ディルバート(619):
地球規模の言い訳
プロジェクトの失敗の責任逃れをしたいボスが考え出した“不自然に聞こえない”言い訳とは……?(2019/8/29)

欧州宇宙機関、「小惑星2006 QV89は9月9日に地球に衝突しない」と発表
今後も衝突の可能性は非常に低いとのこと。(2019/7/17)

Microsoft Focus:
海中データセンターにがん解析AI――Microsoft多角的経営を支える根源とは
Microsoftの企業ミッション「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」を実行するために、どのようなことに取り組んでいるのだろうか。(2019/6/28)

de:code 2019:
HoloLens 2、Azure、Kinect――de:code 2019の基調講演で見えたインテリジェントな「クラウド」と「エッジ」の具体的な姿
AI技術により、クラウドとエッジの双方がインテリジェント化されたコンピューティングプラットフォーム上で、地球上のあらゆる人々が、より多くのことを成し遂げられる世界を作る――近年のMicrosoftが掲げてきた、このミッションに向けたさまざまな成果が、急速に具体的な姿を見せ始めている。日本マイクロソフトが2019年5月末に開催した、開発者およびITエンジニア向けイベント「de:code 2019」の基調講演では、その一端が披露された。全体で約3時間に及んだ基調講演の中から、この記事では、主に直近の「オープン化」に関連した同社の動向と、「インテリジェントエッジ」にまつわる部分をまとめる。(2019/6/26)

ペンギンの個体数を観測するお仕事です キッザニア東京で生物学者や研究員の体験から地球環境を考える3つの「研究所」パビリオンが期間限定オープン
南極のペンギンの個体数を観測する職業を体験。(2019/6/25)

2020クラボウグループ繊維展(後編):
スマートTシャツによる暑熱対策、クラボウが取り組む「コト」売りビジネス
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。後編は、「モノ」から「コト」へのサービスビジネス化を実現するシャツ型スマート衣料「Smartfit for work」を紹介する。(2019/6/24)

2020クラボウグループ繊維展(前編):
工場で作らないのが理想? クラボウが描くスマートファクトリーの将来像
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。前編では同社のスマートファクトリーへの取り組みを紹介する。(2019/6/14)

世界を学べる、タブレット付きの話す地球儀 タカラトミーが7月11日に発売
タカラトミーはタブレット付きの話す地球儀「小学館の図鑑NEOGlobe」を7月11日に発売する。知りたい国の情報をペンでタッチすると、タブレットに表示される。カメラ機能もあり、撮影した画像を保存できる。(2019/6/11)

タブレット付きの“しゃべる地球儀” タカラトミーが発売
タカラトミーが、音声ガイダンス機能を備えるタブレット付き地球儀「小学館の図鑑NEOGlobe」を7月11日に発売する。(2019/6/10)

PR:夢のエネルギー「核融合発電」、その実現を目指す国際プロジェクト「ITER」とは?
地球のエネルギー問題を解決する可能性を秘めた「核融合発電」。夢の発電方式といわれていたこの技術を、実現に近づける国際プロジェクト「ITER」が現在進行形で進められている。そしてこのITERには、核融合領域だけにとどまらない、さまざまな日本人の技術者が参画できる可能性があるという。(2019/6/3)

ガンダム、宇宙へ ガンプラ搭載の超小型衛星、東大・JAXAが打ち上げ
JAXAと東京大学が、ガンダムとシャアザクの「ガンプラ」を搭載した超小型衛星を打ち上げる。衛星が宇宙空間を背景にガンプラを撮影し、画像を地球へ送信する計画だ。(2019/5/15)

月は地球の“マグマの海”からできたという新説
月は原始地球にあったマグマの海(マグマオーシャン)からできた――JAMSTECらの研究グループが新たな可能性を導き出した。(2019/5/10)

都市部も高い精度でレーンを測位:
u-blox、GNSSモジュールの測位性能を10倍向上
u-blox(ユーブロックス)は、従来の標準精度に比べて測位性能を10倍向上できるマルチバンドGNSS(全地球測位システム)モジュール「ZED-F9K」を開発した。(2019/5/8)

「ミレニアム・ファルコンは高速道路7車線分」 「スター・ウォーズ」を地球と比較した映像に感動
リアリティーがすごい……。(2019/4/27)

4月22日はアースデイ Googleロゴは“世界一”動植物のかわいいアニメ
4月22日は地球環境について考える「アースデイ」。Googleのトップページのロゴ(Doodle)は記念ロゴに変わっている。クリックするとワタリアホウドリやセコイアなど、何かしらの世界記録を持つ動植物を紹介するアニメが始まる。(2019/4/22)

Amazon従業員4500人超、気候変動への真摯な取り組み求めベゾスCEOに公開書簡
Amazonの従業員がジェフ・ベゾスCEOと取締役会に対し、企業として地球温暖化対策に真摯に取り組むよう求める公開書簡を送った。書簡には4500人以上の従業員が実名で署名している。(2019/4/11)

世界初、ブラックホールの撮影に成功 一般相対性理論を証明
地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた国際協力プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ」によって撮影されたもの。(2019/4/11)

「人類は恐竜と同時代に生きていた?」の正答率は40% 簡単そうなのに全問正解できない「国際調査に使われた“科学クイズ”」
「地球の中心部は高温?」「「電子は原子より大きい?」など全11問。2001年時点の平均正答率は54%。(2019/3/21)

WWW誕生から30周年 Googleもロゴで祝福
2019年3月12日、World Wide Web(WWW)が30周年を迎えた。Googleは検索ページに記念ロゴ(Doodle)を掲示。フロッピーディスクスロット付きブラウン管ディスプレイPCに地球が映っている画像で、WWW30周年を祝っている。(2019/3/12)

写真で見る「はやぶさ2」の旅路
地球から約3億キロの彼方にある小惑星「リュウグウ」に、探査機「はやぶさ2」が2月22日朝、タッチダウン(最初の着陸)を行う予定だ。2014年12月の打ち上げから約4年間にわたる旅路を、はやぶさ2が撮影した写真とともに振り返る。(2019/2/21)

ルネサス ISL71610M、ISL71710M:
小型衛星向け耐放射線デジタルアイソレーター
ルネサス エレクトロニクスは、地球低軌道の小型衛星向けに、耐放射線性能を持つデジタルアイソレーター2種を発売した。優れた絶縁保護性能と最大級のデータレートを備える。(2019/2/13)

組み込み開発ニュース:
亜酸化銅を用いた太陽電池の透明化に成功
東芝は、亜酸化銅を用いた太陽電池の透明化に成功した。短波長光を吸収して発電し、長波長光を約80%透過する。同電池は地球上に豊富に存在する銅の酸化物を用いることから、低コスト化でき、素材として高効率な発電が期待できる。(2019/2/8)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
「赤い彗星」のシャアはなぜスピード出世できたのか?
ガンダムの世界において、地球連邦軍とジオン軍は、同じ軍隊という組織でありながら、パイロットの評価も昇進の早さもまるで違う。“赤い彗星”の異名を持つジオン軍のエース、シャア・アズナブルはなぜスピード出世できたのだろうか。(2019/2/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
地球を12周した、あるスマホの引退
Microsoftが、ついにWindows 10 Mobileのサポート終了日をアナウンスした。2016年から常に海外に持ち歩いていた、筆者のWindows 10 Mobile端末と別れの時が来たようだ。その思い出話を紹介しよう。(2019/1/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。