ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「地球」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地球」に関する情報が集まったページです。

はやぶさ2が目指した地下物質 生命の起源、地球の成り立ちに迫る
はやぶさ2が小惑星の地下の物質採取を目指したのは、地表の物質と比べて太古の状態をとどめているため、生命の起源や地球の成り立ちなどの理解を深めるのに役立つからだ。(2019/7/12)

Microsoft Focus:
海中データセンターにがん解析AI――Microsoft多角的経営を支える根源とは
Microsoftの企業ミッション「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」を実行するために、どのようなことに取り組んでいるのだろうか。(2019/6/28)

de:code 2019:
HoloLens 2、Azure、Kinect――de:code 2019の基調講演で見えたインテリジェントな「クラウド」と「エッジ」の具体的な姿
AI技術により、クラウドとエッジの双方がインテリジェント化されたコンピューティングプラットフォーム上で、地球上のあらゆる人々が、より多くのことを成し遂げられる世界を作る――近年のMicrosoftが掲げてきた、このミッションに向けたさまざまな成果が、急速に具体的な姿を見せ始めている。日本マイクロソフトが2019年5月末に開催した、開発者およびITエンジニア向けイベント「de:code 2019」の基調講演では、その一端が披露された。全体で約3時間に及んだ基調講演の中から、この記事では、主に直近の「オープン化」に関連した同社の動向と、「インテリジェントエッジ」にまつわる部分をまとめる。(2019/6/26)

ペンギンの個体数を観測するお仕事です キッザニア東京で生物学者や研究員の体験から地球環境を考える3つの「研究所」パビリオンが期間限定オープン
南極のペンギンの個体数を観測する職業を体験。(2019/6/25)

2020クラボウグループ繊維展(後編):
スマートTシャツによる暑熱対策、クラボウが取り組む「コト」売りビジネス
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。後編は、「モノ」から「コト」へのサービスビジネス化を実現するシャツ型スマート衣料「Smartfit for work」を紹介する。(2019/6/24)

2020クラボウグループ繊維展(前編):
工場で作らないのが理想? クラボウが描くスマートファクトリーの将来像
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。前編では同社のスマートファクトリーへの取り組みを紹介する。(2019/6/14)

世界を学べる、タブレット付きの話す地球儀 タカラトミーが7月11日に発売
タカラトミーはタブレット付きの話す地球儀「小学館の図鑑NEOGlobe」を7月11日に発売する。知りたい国の情報をペンでタッチすると、タブレットに表示される。カメラ機能もあり、撮影した画像を保存できる。(2019/6/11)

タブレット付きの“しゃべる地球儀” タカラトミーが発売
タカラトミーが、音声ガイダンス機能を備えるタブレット付き地球儀「小学館の図鑑NEOGlobe」を7月11日に発売する。(2019/6/10)

PR:夢のエネルギー「核融合発電」、その実現を目指す国際プロジェクト「ITER」とは?
地球のエネルギー問題を解決する可能性を秘めた「核融合発電」。夢の発電方式といわれていたこの技術を、実現に近づける国際プロジェクト「ITER」が現在進行形で進められている。そしてこのITERには、核融合領域だけにとどまらない、さまざまな日本人の技術者が参画できる可能性があるという。(2019/6/3)

ガンダム、宇宙へ ガンプラ搭載の超小型衛星、東大・JAXAが打ち上げ
JAXAと東京大学が、ガンダムとシャアザクの「ガンプラ」を搭載した超小型衛星を打ち上げる。衛星が宇宙空間を背景にガンプラを撮影し、画像を地球へ送信する計画だ。(2019/5/15)

月は地球の“マグマの海”からできたという新説
月は原始地球にあったマグマの海(マグマオーシャン)からできた――JAMSTECらの研究グループが新たな可能性を導き出した。(2019/5/10)

都市部も高い精度でレーンを測位:
u-blox、GNSSモジュールの測位性能を10倍向上
u-blox(ユーブロックス)は、従来の標準精度に比べて測位性能を10倍向上できるマルチバンドGNSS(全地球測位システム)モジュール「ZED-F9K」を開発した。(2019/5/8)

「ミレニアム・ファルコンは高速道路7車線分」 「スター・ウォーズ」を地球と比較した映像に感動
リアリティーがすごい……。(2019/4/27)

4月22日はアースデイ Googleロゴは“世界一”動植物のかわいいアニメ
4月22日は地球環境について考える「アースデイ」。Googleのトップページのロゴ(Doodle)は記念ロゴに変わっている。クリックするとワタリアホウドリやセコイアなど、何かしらの世界記録を持つ動植物を紹介するアニメが始まる。(2019/4/22)

Amazon従業員4500人超、気候変動への真摯な取り組み求めベゾスCEOに公開書簡
Amazonの従業員がジェフ・ベゾスCEOと取締役会に対し、企業として地球温暖化対策に真摯に取り組むよう求める公開書簡を送った。書簡には4500人以上の従業員が実名で署名している。(2019/4/11)

世界初、ブラックホールの撮影に成功 一般相対性理論を証明
地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた国際協力プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ」によって撮影されたもの。(2019/4/11)

「人類は恐竜と同時代に生きていた?」の正答率は40% 簡単そうなのに全問正解できない「国際調査に使われた“科学クイズ”」
「地球の中心部は高温?」「「電子は原子より大きい?」など全11問。2001年時点の平均正答率は54%。(2019/3/21)

リュウグウに水あった はやぶさ2観測
探査機「はやぶさ2」による観測で、小惑星「リュウグウ」に水があることが分かったと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。地球の水は小惑星から運ばれたとする仮説の検証につながりそうだ。(2019/3/20)

利用法が見つかる可能性も:
人間の「第六感」は存在する 東大などの共同研究チームが発表
地図なしで長い旅ができる渡り鳥のように、人間も地球の磁気を感じる能力を持っていることを発見したと、東京大と米カリフォルニア工科大などの共同研究チームが19日、米専門誌に発表した。「第六感」とも呼べる無意識の潜在的な能力で、何らかの利用法が見つかる可能性があるという。(2019/3/20)

WWW誕生から30周年 Googleもロゴで祝福
2019年3月12日、World Wide Web(WWW)が30周年を迎えた。Googleは検索ページに記念ロゴ(Doodle)を掲示。フロッピーディスクスロット付きブラウン管ディスプレイPCに地球が映っている画像で、WWW30周年を祝っている。(2019/3/12)

「異端」の惑星の故郷か 二重構造の原始円盤を発見
地球などの惑星がほぼ同じ傾きで太陽の周りを回っているのに対し、ばらばらの傾きで恒星を回る惑星が近年、太陽系外で相次ぎ発見されている。その誕生現場とみられる天体を、理化学研究所や千葉大などの研究チームが発見した。不ぞろいな傾きの謎を解明する手掛かりが得られそうだ。(2019/3/4)

「はやぶさ2」“事業仕分け”乗り越え快挙!
22日に小惑星りゅうぐうへの着陸に成功した探査機「はやぶさ2」。2014年12月の打ち上げ以来、地球から3億4000万キロ離れた小惑星の半径約3メートルの領域にピンポイントで着陸するという高度な技術力を見せつけた。20年末に地球に試料を持ち帰るまで困難なミッションが続くが、開発段階でも予算削減や「事業仕分け」など、事業継続の危機を乗り越えていた。(2019/2/27)

写真で見る「はやぶさ2」の旅路
地球から約3億キロの彼方にある小惑星「リュウグウ」に、探査機「はやぶさ2」が2月22日朝、タッチダウン(最初の着陸)を行う予定だ。2014年12月の打ち上げから約4年間にわたる旅路を、はやぶさ2が撮影した写真とともに振り返る。(2019/2/21)

ルネサス ISL71610M、ISL71710M:
小型衛星向け耐放射線デジタルアイソレーター
ルネサス エレクトロニクスは、地球低軌道の小型衛星向けに、耐放射線性能を持つデジタルアイソレーター2種を発売した。優れた絶縁保護性能と最大級のデータレートを備える。(2019/2/13)

組み込み開発ニュース:
亜酸化銅を用いた太陽電池の透明化に成功
東芝は、亜酸化銅を用いた太陽電池の透明化に成功した。短波長光を吸収して発電し、長波長光を約80%透過する。同電池は地球上に豊富に存在する銅の酸化物を用いることから、低コスト化でき、素材として高効率な発電が期待できる。(2019/2/8)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
「赤い彗星」のシャアはなぜスピード出世できたのか?
ガンダムの世界において、地球連邦軍とジオン軍は、同じ軍隊という組織でありながら、パイロットの評価も昇進の早さもまるで違う。“赤い彗星”の異名を持つジオン軍のエース、シャア・アズナブルはなぜスピード出世できたのだろうか。(2019/2/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
地球を12周した、あるスマホの引退
Microsoftが、ついにWindows 10 Mobileのサポート終了日をアナウンスした。2016年から常に海外に持ち歩いていた、筆者のWindows 10 Mobile端末と別れの時が来たようだ。その思い出話を紹介しよう。(2019/1/30)

YouTube、おすすめ動画を改善してガイドライン違反に近い動画のレコメンドを減らすと発表 陰謀論・地球平面説の主張動画など
当初は試験的に米国内から適用されます。(2019/1/26)

KDDI、船舶向け衛星通信サービス「Certus350」提供開始
KDDIは、2月1日から船舶向け衛星通信サービス「Certus350」を提供開始。地球全域で高品質音声コーデックの採用によるクリアで安定した通話品質や、最大704kbpsに対応する快適なデータ通信を可能としている。音声通話は最大3回線で同時でき、提供プランは料金に含まれる無料データ量に応じて7プランを用意する。(2019/1/21)

北極海や南極大陸でも……地球全域でクリアに通信「イリジウムCertus」、KDDIが「Certus350」として提供へ
KDDIは、地球全域で快適に通信できるという衛星通信サービス「Certus(サータス)350」の提供を、2月1日から海運業界をはじめとする船舶向けにスタートする。従来のイリジウムは最大通信速度134kbpsまでだったが、「Certus」は当初から最大352kbpsに対応する。(2019/1/21)

空にタッチするクジラの写真も 星空写真家・KAGAYAさんの最新写真集『星と海の楽園』が発売
地球という惑星の美しさに改めて気づかせてくれる写真集です。(2019/1/17)

地球が太陽に一番近づくのは1月。なのにどうして寒いの?
もっと暖めてほしい。(2019/1/16)

【マンガ】地球が真っ二つになるレベルの超巨大地震は「マグニチュード○○」
逃げ場がない。(2019/1/11)

近未来、豪雨はより強くなり連続無降水日は増える 「地球シミュレータ」予測
JAMSTEC、気象庁気象研究所、北海道大学の研究チームが地球温暖化後の気候を「地球シミュレータ」で予測。2030〜50年頃に豪雨はより強くなり、雨の降らない期間は延びる可能性が高いという。(2019/1/10)

モノづくり最前線レポート:
離陸する航空機電動化の時代――この転換期に日本製造業は飛翔できるか
航空需要が飛躍的に高まる中、航空産業が排出する地球温暖化ガス削減は急務だ。また、空飛ぶクルマといった新たなモビリティも具現化しつつある。これらの実現を支える航空機電動化技術は日本製造業を大きく成長させる起爆剤となりえる。(2019/1/7)

地球最後の日に好きなあの娘に告白したら…… 斜め上だけどうるっとする漫画に「大好き」「脳が尊さで滅亡」
予想外なドキッと展開から涙のラストへ……。(2018/12/17)

動物たちのかわいいセルフィーから見える地球環境問題 世界中に点在する32種の動物たちが「自撮り」で訴え
森林破壊から“オレ史上最速で動いて逃げている”ナマケモノなどが紹介されている。(2018/10/13)

「地球滅亡の日に何食べよう」 いろいろ心配しすぎるワンコを描いた漫画がいとおしい
心配しすぎて謎展開に。(2018/10/10)

ハンドスピナーを地球ゴマ風に魔改造した新製品登場 ベアリングを2つ搭載してめっちゃ回る
デザインもかっこいい。(2018/10/4)

「名前が長すぎる美少女宇宙人」を地球に引き留めたい 青年が“平凡なやり方”で解決する漫画の尊さがすごい
SFあるあるとラブコメ的展開が4ページに凝縮された、ときめくショート漫画。(2018/9/29)

「えっ、呼ばれてはない」 RAD野田洋次郎、ZOZO前澤社長の月旅行同行に期待の声あがる
「月と地球を見た洋次郎はどんな曲を作るのかな」などファンの妄想膨らむ。(2018/9/19)

「地球のような惑星探したい」 Googleが明かす、AIで新惑星見つける方法
米航空宇宙局(NASA)のKepler宇宙望遠鏡のデータをAI(人工知能)で解析し、太陽系と同じ8個の惑星を持つ恒星系を2017年12月に発見したGoogle。その次なる挑戦は「地球のような惑星を探すこと」だという。(2018/8/23)

飛島建設ら3社が“木材活用”の地盤補強工法で、日本建築センターの評定を初取得
飛島建設、住友林業、ミサワホームの3社が共同開発を進める「丸太打設軟弱地盤対策&カーボンストック工法(LP-SoC工法)」が2019年度にも実用化されそうだ。同工法は、自然の丸太を地中に打設することにより、軟弱地盤の補強と炭素の貯蔵を同時に施すもので、地球環境対策や国産材の利用拡大につながると期待される。(2018/8/20)

ドミノ倒し:
地球は「温室化」のリスク 温室効果ガス削減では不十分=報告書
ノルウェーやデンマークなどの科学者グループは、世界が「ホットハウス」(温室)状態に突入するリスクがあるとの見解を示した。(2018/8/7)

Googleマップ、ズームアウトすると平面地図でなく3Dの地球が表示されるように
現時点ではデスクトップ版のみ。(2018/8/4)

「私はコレで絶滅しました」 生き物が自分の絶滅原因を語る、切ないけれど面白い生き物図鑑がベストセラーに
地球ってせちがらい。(2018/7/24)

生物史の最新研究CG動画「全地球史アトラス」新作 「カンブリア紀の生命大進化」など
情報・システム研究機構国立遺伝学研究所と東京工業大学は7月19日、生命誕生や進化に関する最新の研究仮説を盛り込んだ動画「全地球史アトラス」の新シリーズをYouTubeに公開した。(2018/7/19)

光伝送技術を知る(1):
情報社会の大いなる“裏方”、光伝送技術
地球上に、網の目のごとく張り巡らされている光ファイバーネットワークなど、光通信は、われわれの生活に身近な技術である。だが、専門外の技術者にとっては「難しそうで近寄りがたい分野」だと思われているようだ。この連載では、おさえておきたい光伝送技術の基礎と現在のトレンドを分かりやすく解説していく。(2018/7/11)

「私の偏差値は○○万です」 地球上で自分1人だけが問題を解いたら、偏差値はいくつになるのか
偏差値○○万も夢じゃない……?(2018/7/8)

小学生がこれを解く!? 有名中学の入試問題「地球の円周を求めなさい」
日本の未来は明るいと思う。(2018/7/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。