ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「惑星」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「惑星」に関する情報が集まったページです。

華やかでおいしそう! 土星の形の“惑星”デザートが「息を飲むほど美しい」と人気
食べれば土星を独り占めできそう。(2022/5/21)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第7回):
自宅で宇宙を独り占め――日食も流星群も、惑星が並ぶ天文ショーも再現 “バーチャル星空観察”のススメ
流星群や日食、惑星が並ぶ現象など珍しい天文ショーを見逃すことは多々ある。そこで“バーチャル星空観察”をテーマに、自宅で夜空を満喫できるWebコンテンツを紹介する。(2022/4/30)

「FF14」吉田直樹プロデューサー、ファンに愛されすぎて小惑星の名前になる
どういうことなの……?(2022/4/12)

ガンダムシリーズ最新作「水星の魔女」、主人公は女性に 主人公機に「Gセルフ似」などの声
ガンダムエアリアルええやん。(2022/3/29)

ウルトラマンレグロス役は仲村宗悟! 新戦士のキャスト発表でファン「ギャラファイでの活躍が楽しみ」「まさか推しが推しになるなんて」
レグロスは惑星D60で宇宙拳法を会得した戦士。(2022/2/19)

日5復活! テレビシリーズ7年ぶり新作「機動戦士ガンダム 水星の魔女」が10月放送
歴代日5作品のトリビュート映像も公開されました。(2022/1/29)

Innovative Tech:
好きな重力を体験できる、ふくらはぎ装着型デバイス 他惑星の重力環境をシミュレート
香港城市大学の研究チームは、ふくらはぎ装着型ウェアラブルデバイスを開発。川や泥などの流体の中に足を入れて歩く際の粘度や、他の惑星の異なる重力環境をシミュレートできる。(2022/1/7)

【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……
世代直撃の人なら、大体わかりそう。(2021/11/29)

「DUNE/デューン 砂の惑星」に“ハッピーターン”が登場!? 「ばかうけ」「柿の種」に続く刺客が宇宙を飛んでしまう
ドゥニ映画恒例の庶民派お菓子コラボ。(2021/10/27)

宇宙開発:
宇宙環境で動作可能な高電圧リレー、水星探査ミッションに搭載
TE Connectivityの高電圧リレー「KILOVAC K41R」が、水星探査計画「BepiColombo」の水星移動モジュールに搭載された。真空誘電体を使用した高電圧リレーで、高出力電気推進システムに使用している。(2021/10/21)

「DUNE/デューン 砂の惑星」レビュー 60年前の作品を、なぜ「今」映画化するのか
原作小説の成り立ちから解説。(2021/10/19)

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」が2022年に放送開始 「鉄血のオルフェンズ」以来7年ぶりの新作テレビアニメ
2022年に展開されるガンダム作品の1つ。(2021/9/15)

Innovative Tech:
宇宙探査ロボットは猫のように着地する ジャンプ中に足をバタバタ
惑星探査には車ではなく4足歩行ロボットを使いたい。だが、低重力の惑星や小惑星では問題が起きる。そこで考えついたのが猫の動きだ。(2021/9/9)

NASA、エウロパ探査はSpaceXの「Falcon Heavy」で
NASAが木星の衛星エウロパ探索ミッションでイーロン・マスク氏率いるSpaceXを選定した。同社のロケットFalcon Heavyを2024年10月に木星に向けて打ち上げる計画。契約金は約200億円だ。(2021/7/26)

“神”の降臨だっちゃ! 高橋留美子の公式Twitter開設にネットざわつく「21世紀生きててよかった」「惑星直列並の何かが起こってる」
爆速でフォロー余裕でした。(2021/6/1)

NASAの火星ヘリコプター「Ingenuity」初飛行に成功
NASAの火星ヘリコプター「Ingenuity」が約30秒間の自律飛行に成功した。地球以外の惑星で動力付き航空機が飛行するのは史上初。その様子を探査機のカメラが撮影し、地球に送ってきた。(2021/4/20)

Innovative Tech:
氷の車体と氷のタイヤで走る探査車「IceBot」 極地、惑星、衛星での活躍を想定
氷が豊富な場所であれば、材料を手に入れられる。(2021/3/12)

次なる挑戦、「はやぶさ2」プロジェクトを追う(19):
かくして「はやぶさ2」は帰還し再び旅立った、完璧な成果は3号機につながるのか
小惑星探査機「はやぶさ2」が地球へ帰還し、予定通り再突入カプセルを回収することに成功した。カプセルからはグラム単位という大量のサンプルも確認されている。まさに「完璧」と言っていい成果だ。本稿では、はやぶさ2の帰還の模様や、再び地球から旅立って挑む「拡張ミッション」、これらの技術がどう生かされていくかについて解説する。(2020/12/23)

快挙続く「はやぶさ2」 持ち帰ったサンプルから分かることと旅路の先に見る“地球防衛”の可能性
日本の小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセルが地球に帰還し、JAXAは小惑星「リュウグウ」由来の黒い砂粒状のサンプルやガスを確認できたと発表した。今後詳細な分析が進む中、はやぶさ2にどのような成果を期待できるだろうか。(2020/12/18)

惑星の大きさと距離を“歩いて”実感できるARアプリ開発中 「面白い」「やってみたい」と注目集まる
実際に歩くことで距離が実感できます。(2020/10/25)

観測データが本物の惑星である確率を機械学習アルゴリズムで初めて判定:
機械学習で50個の新惑星を確認、英国の研究チーム
ウォーリック大学の研究者などを含むチームは新しい機械学習アルゴリズムを開発した。NASAの系外惑星探査衛星「Kepler」から得られた惑星候補で試したところ、50個の候補を惑星だと確認できた。(2020/9/9)

次なる挑戦、「はやぶさ2」プロジェクトを追う(18):
2つの改良でより確実なサンプルリターンへ〜再突入カプセルの仕組み【後編】〜
いよいよ、小惑星探査機「はやぶさ2」が帰ってくる。2回のタッチダウンで取得したサンプルを地球に送り届ける最後の関門となるのが地球大気圏への再突入だ。そのために使われる「再突入カプセル」は、はやぶさ初号機と比べ主に2つの点で改良が施されている。(2020/9/9)

「犬の腎臓」になって少しだけ犬を長生きさせるゲーム「renal summer」が切ない 「ひとりぼっち惑星」作者の新作ゲーム
がんばってもわずかな延命しかできないのがつらい……。(2020/8/12)

NASA、多様性に配慮し惑星などのあだ名見直し 「エスキモー星雲」など使用やめる
手始めに「エスキモー星雲」「シャム双生児銀河」の使用をやめるとしています。(2020/8/9)

生産数はわずか10台のみ ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJロードスター」に土星の雲をモチーフにした特別仕様車が登場
六角形のパターンが入ったデザイン。(2020/7/23)

缶コーヒー「BOSS」の新CMが、過去映像の再編集なのに感動的 「今までの集大成をここで出してくるなんて」
「ただこの惑星の住人は、宇宙人のアドバイスなどなくても、やるときはやる」。(2020/5/30)

限られた時期しか見られない「宵の明星」と「明けの明星」。5月22日は金星と水星の競演に注目
(2020/5/20)

「違う惑星の生き物に見える」「エイリアンみたい」 アクアマリンふくしまで展示中の超巨大タカアシガニが大迫力
青い水槽でお会いしましょう。(2020/3/26)

リュウグウは「極めてスカスカ」の岩──はやぶさ2の調査で見えてきた太陽系天体の形成過程
JAXAが、小惑星探査機「はやぶさ2」によるリュウグウの探査活動の研究成果を発表した。研究者たちの予想に反し、小惑星リュウグウは隙間だらけの物質でできた天体だったという。(2020/3/17)

MONOist 2020年展望:
2020年は空前の火星探査イヤーに、はやぶさ2が帰還しH3ロケットの開発も着々
2020年の宇宙開発で最も注目を集めそうなのが「火星探査」だ。この他「月・小惑星探査」「新型ロケット」「多様化する人工衛星」をテーマに、注目すべき話題をピックアップして紹介する。(2020/3/2)

シーン追加は2年ぶり3回目:
東京ディズニーランド「スター・ツアーズ」にも“夜明け”がきた――映画公開に合わせ新惑星への旅を追加
東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」に期間限定で映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のシーンが登場。(2019/12/20)

常識を覆す「惑星」、巨大ブラックホールの周りに存在か 鹿児島大と国立天文台
「全く新しい『惑星』の種族が銀河中心の巨大ブラックホールの周囲に形成される可能性がある」とする世界初の理論を、鹿児島大学と国立天文台が発表した。ブラックホールの周囲10光年程度の距離に、地球の約10倍の質量の惑星が1万個以上形成される可能性があるという。(2019/11/25)

次なる挑戦、「はやぶさ2」プロジェクトを追う(16):
新型μ10の3つの改良点、次世代型はDESTINY+へ〜イオンエンジンの仕組み【後編】〜
順調にミッションをこなしている小惑星探査機「はやぶさ2」。サンプルを持ち帰るための帰路で重要な役割を果たすイオンエンジン「μ10」は、はやぶさ初号機で見いだした課題を解決するために3つの改良を施している。さらなる次世代型の開発も進んでおり、2021年度打ち上げの「DESTINY+」に搭載される予定だ。(2019/10/16)

ソニック、宇宙へ 木星氷衛星探査計画「JUICE」研究者に熱望され観測装置のロゴに
研究チームたっての希望を受けて、セガがロゴデザインを提供しました。(2019/10/3)

メカゴジラの着ぐるみを段ボールで手作り ギンギラの質感や回転手首の再現度がすばらしい
ブラックホール第3惑星人のしわざかな。(2019/9/11)

これが「猫と暮らすということ」だ! 猫さまにデスクやパソコンを占領される姿に、共感の声が集まる
ここは猫の惑星。(2019/8/26)

宇宙の低重力環境を“飛び歩く”ロボット、ESAが映像公開
欧州宇宙機関(ESA)が、月や火星などの低重力環境をジャンプしながら移動する惑星探査ロボット「SpaceBok」の映像を公開した。(2019/7/8)

「歴史的写真」を残すための挑戦――学習データは「模型」で:
JAXAが探査機に“自撮り”させる理由
宇宙開発を行うJAXAでは、惑星探査機から射出された小型プローブを用いて探査機が惑星とともに自撮りするような画像を撮影するために、エッジAIを用いた研究開発を行っている。エッジAIを探査機に搭載する際にどのような課題があったのか、学習データはどう集めたのか。(2019/5/28)

小惑星探査機「はやぶさ2」がタッチダウンに成功
(2019/2/22)

空にタッチするクジラの写真も 星空写真家・KAGAYAさんの最新写真集『星と海の楽園』が発売
地球という惑星の美しさに改めて気づかせてくれる写真集です。(2019/1/17)

サイヤ人向けポータルサイト「ヤフー惑星ベジータ」公開 ニュースやブログ形式でサイヤ人の情報が見れっぞ!
サイヤ人なら毎日チェックしたい。(2018/11/27)

宇宙望遠鏡「ケプラー」が引退 太陽系外で2600以上の惑星を発見
NASAが宇宙望遠鏡「ケプラー」を燃料切れのために引退させる。(2018/10/31)

はやぶさ2のローバ、リュウグウ着地に成功 ホップで移動・撮影 「世界初の快挙」
探査機「はやぶさ2」に搭載した小型ローバ「MINERVA-II1」が小惑星リュウグウの表面に着地。ホッピング機構によってリュウグウ表面を移動していることも確認した。「小惑星表面で移動探査をした世界初の人工物になった」(2018/9/25)

コンボリューショナルニューラルネットワークで分析
新惑星発見に使われたGoogleの機械学習技術とは プロジェクト発案者が語る
GoogleとNASAは、機械学習技術の一つであるコンボリューショナルニューラルネットワークを用いて、新惑星を発見した。惑星探索に機械学習技術をどう活用したのか。(2018/9/3)

「リラックマ×惑星」のフィギュアが誕生 キラキラでかわいい星の王子さまみたい
そのまま置くだけでステキなインテリアになる予感。(2018/8/31)

「地球のような惑星探したい」 Googleが明かす、AIで新惑星見つける方法
米航空宇宙局(NASA)のKepler宇宙望遠鏡のデータをAI(人工知能)で解析し、太陽系と同じ8個の惑星を持つ恒星系を2017年12月に発見したGoogle。その次なる挑戦は「地球のような惑星を探すこと」だという。(2018/8/23)

はやぶさ2が“黒い小惑星”に到着 「局面変わった」と期待
探査機「はやぶさ2」が到着した小惑星「リュウグウ」は“黒い小惑星”。NASAが探査している別の小惑星との類似点も多く、JAXAのプロジェクトチームは「比較できる点が増えた。局面が変わった」と期待を寄せる。(2018/6/27)

探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに到着 「日本からブラジルへ6センチの的を狙う」に成功
3年半の旅の末、無事に到着。秋には着陸して地表物質の採取もしていく予定です。(2018/6/27)

メルカリで売り切れ続出:
W杯金星で「大迫半端ないってTシャツ」が人気沸騰 その由来は?
FIFAワールドカップで、日本代表がコロンビア代表を破る番狂わせを演じた。そんな中、「大迫半端ないって Tシャツ」の人気が高まり、ネット上で話題に。本人ではなく、高校時代の対戦相手の顔がプリントされているというが、どういうことか――。(2018/6/20)

492光年先にある太陽系外惑星を再現 NASAが宇宙旅行をテーマにしたVRコンテンツ公開
2018年、VR太陽系外惑星の旅。(2018/6/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。