ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フランチャイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フランチャイズ」に関する情報が集まったページです。

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
潰れかけだった小僧寿しが今、大復活を遂げている真の理由
“潰れかけ”の状態にまで追い込まれていた小僧寿しが、今大復活を遂げている。2月19日には債務超過を解消したことで疑義注記の記載が解消され、経営危機状態も脱した。その要因はなぜだろうか。(2021/3/5)

テレワークはかどる! 東急グループが個人向けシェアオフィス「relark」開始 3月1日、大宮に1号店
個別ブースで1時間700円から。(2021/2/26)

業務スーパーが全国制覇 21年かけて47都道府県全てに進出
宮崎県に初出店。(2021/2/26)

小売・流通アナリストの視点:
「洋服の青山」、400人希望退職の衝撃! 窮地のスーツ業界が生き残るには
「洋服の青山」で有名な青山商事が、400人の希望退職を募集すると発表した。コロナ禍によるスーツ離れもあり、窮地のスーツ業界。生き残るためにはどうしていけばよいのか。(2021/2/26)

飲食店を科学する:
スシロー、成長戦略のカギは「キャンペーン」と「特大エビフライ」!? コロナ後を見据えた布石とは
コロナ禍で、今後の成長戦略をどう描くか悩む経営者は多い。筆者はスシローにそのヒントがあると考える。「業態と商圏」「既存と新規」という軸で見ていくと……。(2021/2/26)

TGCにも参加表明:
ワークマン コロナ禍でも大幅な増収増益 「自己修復機能付きダウン」や「ヒーターベスト」などPB商品が好調
ワークマンは2月8日、2021年3月期第3四半期決算を発表した。売上高にあたる営業総収入は前年同期比16.1%増の831億円、営業利益が同23.6%増の201億円、純利益が同22.9%増の133億円と大幅な増収増益となった。(2021/2/9)

24時間営業、垂直統合をどう変える:
日本が「世界の下請け工場」になる日――2021年、「曲がり角」に立つ2つの産業とは?
2021年、曲がり角に立つコンビニと自動車産業。コロナ禍の影響もあるが、長らく続く伝統的なビジネスモデルの歪な構造が明らかになり、刷新する必要性が出てきている。両産業にはどんな課題があり、どう立ち向かうのか。(2021/1/29)

「効率化で非正規切り」は本当か:
焼き肉業態で「非正規差別」? 批判記事を巡り、ワタミが抗議した「論拠」とは
コロナ禍で焼き肉業態へ業態転換を進めるワタミだが、近頃「非正規差別」をしているとの批判記事が公開された。これを受けてワタミ側は抗議文書を発表したが、その根拠は? 取材で見えてきた事実とは。(2021/1/28)

飲食店を科学する:
スタバとドトールが苦戦してるのに、コメダが健闘 「立地」と「商圏」の決定的な違いとは
コロナ禍でスタバとドトールが苦戦している。一方で、コメダ珈琲が健闘している。要因を、店舗の立地と商圏から読み解いていくと……。(2021/1/28)

1月22日から応じる店舗も:
東京都、時短協力金の支給拡大 大企業も対象に、1日6万円
東京都は、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした営業時間短縮要請について、協力金の支給対象を拡大する。新たに1月22日から要請に応じる事業者や、これまで対象外だった大企業にも1店舗当たり1日6万円を支給する。(2021/1/21)

ヤマダホールディングスが子会社再編 「ツクモ」運営会社やベスト電器など家電子会社をヤマダデンキに統合
ヤマダホールディングス(旧ヤマダ電機)が7月をめどに組織再編を行うことを発表した。家電量販店事業子会社を全て(新)ヤマダデンキに統合することが目玉の1つで、これによりProject White(ツクモの運営会社)やベスト電器などが法人として消滅する見通しだ。(2021/1/18)

Digi-Key Electronics デジタルビジネス部門 EVP Jim Ricciardelli氏:
PR:コロナ禍で従業員が団結、“追い風が吹く半導体業界”を260万点以上もの常時在庫で徹底支援
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにも負けず、堅調な2020年となった米大手ディストリビューターのDigi-Key Electronics(以下、Digi-Key)。2021年には、拡張工事を行っていた倉庫が完成し、より一層、品種や在庫の増強に投資する。デジタルビジネス部門のエグゼクティブバイスプレジデント(EVP)を務めるJim Ricciardelli氏に、2021年の市況や戦略を聞いた。(2021/1/13)

2月7日まで:
串カツ田中、関西・東海など7府県でも直営店休業 首都圏と合わせて109店舗
串カツ田中ホールディングスは、首都圏1都3県に続いて、関西・東海地方など7府県の直営25店舗を1月12日から休業する。緊急事態宣言の対象地域は拡大される見通し。自治体からの営業時間短縮要請などを受け、休業店舗の拡大を決めた。(2021/1/12)

ワークマン式「しない経営」【後編】:
ワークマン土屋哲雄専務が、社員の平均年収を700万円に上げた理由
「残業しない」「ノルマを設けない」「値引きをしない」「社内行事をしない」――。他社とは真逆の取り組みともいえる「しない経営」を実践し、10年連続で増収、最高益を更新したワークマン。後編では、土屋専務が社員の平均年収を、定期昇給分を除いて100万円以上アップさせた理由を聞く。(2021/1/6)

スピン経済の歩き方:
鉄道、宅配、コンビニ、病院が、次々とブラック化するワケ
鉄道、コンビニ、病院、宅配――。日本のインフラは整備されていて、利用者にとってはとても便利だ。しかし、である。現場に目を向けると、ブラック化している職場も少なくない。その背景に、何があるのかというと……。(2020/12/30)

飲食店を科学する:
コロナ禍でも絶好調の「焼肉きんぐ」 強さを支える「カルビ」と「包み込み戦略」とは
コロナ禍で飲食店が苦戦している。一方、「焼肉きんぐ」の既存店売上高は前年対比123.3%と好調。強さの秘密を分析した結果は?(2020/12/25)

「焼き肉のワタミ」、関西の旗艦店オープン 配膳ロボット導入で省人化
ワタミが、焼肉チェーンの関西エリア旗艦店「焼肉の和民 南海難波駅前をオープンした。配膳ロボットやレーンで料理を運ぶなど省人化を図り、店員と客の接触を最大8割減らした。人件費の削減で、料理を安く提供できることも売りの一つになっている。(2020/12/21)

スタッフが足りない:
スーパーやコンビニ、年末年始はどうするのか
スーパーやコンビニエンスストアなど小売業界で、年末年始の休業を拡大する動きが広がっている。(2020/12/20)

ワークマン、ネットのうわさを否定 FC店で「売れ過ぎで廃業続出」「やる気のない人を中心に集めていた」とのツイートが拡散
ごく一部の話なのかもしれません。(2020/12/11)

ゲオFC運営元がPS5を高額転売 ゲオから指導で販売取り下げ
DVDやゲームのレンタルショップ「ゲオ」のFC店を運営する企業が12月2日までに、ECサイト「Yahoo!ショッピング」でPlayStation 5を高額転売していたことが分かった。メーカー希望小売価格5万4978円(税込、以下同)の通常版を10万7500円で販売。現在は販売を取り下げている。(2020/12/2)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
テイクアウト特化で原価率68%のハンバーガーを提供 “1人焼肉”運営元がDXに見いだす活路
入店から商品受け取りまで完全非接触でテイクアウト専門のハンバーガーショップが東京・中目黒に誕生した。DXの推進によってハンバーガーの原価率はなんと68%。店舗開発の背景や取り組みについて代表取締役に話を聞いた。(2020/11/30)

飲食店を科学する:
家系ラーメンの「町田商店」が超えた「多店舗展開10億円の壁」 カギはシステムパワー経営にあり
家系ラーメンの町田商店が急成長している。直営店が117店舗、プロデュース店が396店舗。「多店舗展開10億円の壁」をどう突破したのか。(2020/11/30)

大塚家具の二の舞か:
「2代目」が陥るワナ――大戸屋の、“愛言葉”を忘れた値下げ路線が失敗しそうなワケ
経営権を巡ってドタバタ劇を繰り広げる大戸屋。“愛言葉”を忘れた新体制による、祖業を見切った値下げ路線は成功するのか。大塚家具とともに、大戸屋でも起こっている創業家2代目が陥るワナとは?(2020/11/24)

東京都で食事券の販売始まる:
Go To Eatでワタミは10月の予約人数が前月比6倍に 売上は前年比65%まで回復
「Go To Eat」キャンペーンで、「一定のプラス効果があった」と話すのが、外食チェーン大手のワタミだ。10月はネット予約の人数が前月比で6倍に増加し、既存店の売上も前年比65%と、緊急事態宣言以降で最も回復したという。(2020/11/21)

「串カツ田中」がネーミングライツを2000万円で販売 「田中」を好きな名前に変更できるぞ
限定キャンペーンやメニューも販売できる!(2020/11/2)

サービスロボット:
次の挑戦は物流領域、Telexistenceが見据える遠隔操作ロボットの可能性
遠隔操作ロボット「Model-T」を開発したロボットベンチャーTelexistence。同社は現在、ローソンやファミリーマートなど小売業界への遠隔操作技術の展開を積極的に進めている。遠隔操作ロボットにはどのような可能性があるのだろうか。また、Telexistenceは今後どのような事業展開を構想しているのか。同社の担当者に尋ねた。(2020/11/2)

皿洗いで学生無料 餃子の王将・出町店最後の日
大学の街・京都で30分間の皿洗いをした学生に無料で食事をふるまってきた「餃子の王将」出町店が31日、最後の営業日を迎え、別れを惜しむ多くの客が訪れた。(2020/10/31)

帝国データバンク調査:
上場外食企業、売り上げ回復基調に――鬼滅コラボ好調のくら寿司など好調
上場外食企業の売上高が回復基調。前年同月比の減少幅が縮小傾向に。『鬼滅』コラボ好調のくら寿司など前年比増。(2020/10/30)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「洋服の青山」が自前でつくったシェアオフィス スーツ店が“仕事場”を提供する意味
「洋服の青山」を展開する青山商事がシェアオフィス事業に参入、1号店をオープンした。“仕事着”だけでなく、新たな“仕事場”を提供していくという。新規事業立ち上げの狙いと、自社で一から開発した施設の特徴について聞いた。(2020/10/29)

飲食店を科学する:
「かつや」のシェアは60%も!? コロナ禍に負けず、とんかつ・かつ丼市場で圧倒的強さを誇る秘密とは
コロナ禍で多くの外食企業が苦戦している。一方で「かつや」は大健闘しており、筆者の試算ではとんかつ・かつ丼市場におけるシェアが6割近くにもなるという。その強さの秘密とは?(2020/10/27)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
「はま寿司」は食事券のみ、「ココス」は食事券と予約の両方 ブランドごとに「Go To Eat」への対応が異なるゼンショー
ゼンショーホールディングスに取材し、「Go To Eatキャンペーン」への対応をブランドごとに聞いた。(2020/10/22)

「複雑な仕組み」「バラバラな手続き」が足かせに:
マクドナルドとKFC、「Go To Eatキャンペーン」に食事券事業のみで参加 全店では実施できず
マクドナルドとKFCに「Go To Eatキャンペーン」への対応を取材したところ、キャンペーンでポイントが付与されるオンライン飲食予約事業への参加は難しいとして、基本的には食事券事業のみで参加することが分かった。(2020/10/21)

ファミマ、新人研修をVR化 教育時間を1人30時間削減
ファミリーマートが、新人研修をVR化する実証実験を行った結果、研修に掛かる時間が1人あたり平均で30時間削減できたと発表した。(2020/10/12)

ロボット導入で人との接触8割減 居酒屋の和民から「焼肉の和民」へ
ワタミは10月5日「居酒屋の和民」を全店「焼肉の和民」にすると発表した。新型コロナの影響で客入りが3割減になったため、客足の回復率が高い焼き肉に舵を切る。ロボットの導入で客と従業員の接触を8割減らすなど、感染症対策にも力を入れる。(2020/10/12)

金もうけは関係なし:
「皿洗い30分で無料」の「餃子の王将」出町店、今月末で閉店
大学の街・京都で、30分間の皿洗いをした学生に無料で食事をふるまってきた「餃子の王将」出町店が今月末で閉店する。(2020/10/7)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
外食チェーンが郊外に簡易型店舗 から揚げやたこ焼きに商機見いだす
商業施設や都心部などの飲食店が苦戦している一方で、郊外などの“密”になりにくい場所での持ち帰り販売に商機を見いだす企業がある(2020/10/5)

サブウェイのパンはパンではない アイルランドの裁判所で判決
「付加価値税ゼロの対象となるパンの定義に当てはまらない」と判断されたというお話。(2020/10/2)

ドローン:
ドローン・フロンティアが外壁点検サービスで体制を一新
建設業向けドローンソリューションサービスを展開するドローン・フロンティアが「赤外線・外壁点検サービス」完全化に向け赤外線データ解析会社のグループ化とロープ点検会社との業務提携を同時発表した。(2020/10/2)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
全国使い放題、コワーキングオフィス「いいオフィス」が急拡大 ファンを作る驚異のビジネスモデル
これまでフリーランスの利用が中心だったコワーキングオフィスにも、新しい風が吹き始めている。いいオフィスが全国に展開するコワーキングオフィスは、200カ所を超え、年内には300カ所に達する勢いだ。その急拡大を実現したビジネスモデルとは?(2020/10/1)

小売・流通アナリストの視点:
「先送り」したいきなり!ステーキと「先手」を打った鳥貴族 コロナ禍で明暗分かれた「見通し」の差とは?
コロナ禍の傷がまだ癒えない外食産業だが、「勝ち組」と目されていた企業間でも明暗が分かれた。今回は、いきなり!ステーキと鳥貴族を例に、小売・流通アナリストの中井彰人氏が解説していく。(2020/10/1)

飲食店を科学する:
丸亀製麺の売上高が対前年比90%まで回復 カギは「衛生マーケティング」と持ち帰り専用容器
コロナ禍に苦しむ外食産業。一方、丸亀製麺の売り上げ(8月)は対前年比90%まで回復した。どういった施策を行ったのか。(2020/9/29)

ゲームチェーン「トップボーイ」のNutsが破産 現金水増し不正会計→資金不足
帝国データバンクなどによると、かつて「トップボーイ」の名で家庭用ゲーム販売店をフランチャイズ経営していたNutsが、9月16日付で東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。(2020/9/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「タピオカバブル」がコロナで大崩壊 “聖地”原宿の閉店ラッシュと各社の生き残り策
タピオカバブルが新型コロナウイルスの影響で崩壊した。タピオカ専門店が集中する東京・原宿では閉店が相次ぐ。各社の生き残り策とは?(2020/9/16)

サービスロボット:
コンビニの裏方にロボット! 先端技術を実装したスマートビルが竹芝で開業
東急不動産と鹿島建設は2020年9月14日、各種サービスロボットや最先端のデジタル技術を導入したスマートビル「東京ポートシティ竹芝」を開業した。配送/警備/清掃用のサービスロボットを運用することでビル管理の効率性向上や、ビル利用者の快適性向上に役立てる。(2020/9/15)

ファーストキャビン愛宕山が営業再開 館内のリニューアル工事と抗菌コーティングを実施
新日本建物の子会社であるNAP(東京・新宿)は、9月10日からデザイナーズカプセルホテル「ファーストキャビン愛宕山」の営業を再開した。(2020/9/11)

ポプ弁で有名なポプラ:
ポプラや生活彩家140店舗が「ローソン」「ローソン・ポプラ」へ 共同事業契約を締結
ローソンとポプラが共同事業契約を締結した。「ポプラ」「生活彩家」「スリーエイト」460店舗のうち、140店舗を「ローソン・ポプラ」か「ローソン」ブランドに転換する。(2020/9/10)

「脱レジ袋」を推進:
ファミマが8月のレジ袋辞退率を発表 1年間の削減枚数も試算
ファミマのレジ袋辞退率(8月実績)が明らかになった。有料化前の辞退率は30%だったが、どの程度の水準になっているのか。(2020/9/8)

福井の「溶接のテーマパーク」がチェーン展開 1号店が静岡県沼津に9月7日オープン
さらに、2号店が栃木、3号店が神奈川にオープン予定。(2020/9/3)

飲食店を科学する:
吉祥寺でステーキ戦争勃発 「いきなり!」「やっぱり」「ステーキ屋松」の決定的な違いをプロが分析
沖縄発の「やっぱりステーキ」が東京・吉祥寺に進出。この地には「いきなり!ステーキ」と「ステーキ屋松」がある。プロが3店舗を分析して分かった決定的な違いとは?(2020/8/17)

スピン経済の歩き方:
「しゃぶしゃぶ温野菜」爆発 なぜ報ステは「運営会社」を伏せたのか
「しゃぶしゃぶ温野菜 郡山新さくら通り店」でガス爆発が起きた。多くのメディアは謝罪会見を取り上げたが、なぜか報道ステーションは運営会社の社名すら報じなかった。その背景になにがあるのか。(2020/8/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。