ニュース
» 2009年08月18日 12時58分 UPDATE

短縮URL、サービス終了後も使えるように――ディレクトリサービス始動へ

URL短縮サービスが終了しても、短縮URLが正しく転送されるようにするためのマッピングディレクトリサービスが数週間以内に始まる。

[ITmedia]

 URL短縮サービスが終了したら、そのサービスで生成した短縮URLはどうなるのか――こうした問題を解決するためのURLマッピングディレクトリサービスが間もなく立ち上がる。

 「301works」と呼ばれるこのサービスは、短縮URLと転送先の本来のURLのマッピング情報をアーカイブ化して、URL短縮サービスが終了しても短縮URLが正しく転送されるようにする。データアグリゲーション企業Gnipが運営を担当し、bit.lyやAdjixなどのURL短縮サービスが参加する。

 マイクロブログサービスTwitterやソーシャルサイトのステータスアップデートの利用増で、URL短縮サービスの利用は急速に増えている。しかしサービスを収益に結びつけるのは難しいようで、8月上旬にはURL短縮サービスtr.imが閉鎖を宣言している(tr.imはその後サービス終了を撤回した)。このとき、サービス終了後にtr.imの短縮URLがどうなるのかを懸念する声が上がっていた。

 Gnipは、短縮URLが多数のユーザーに日常的に使われるようになったため、短縮URLと元のURLとのリンクが存在し続けるよう業界が保証する必要があったとし、301worksによって、「短縮URLが、生成したときに意図していた通りに機能し続けるようになる」としている。

 301worksは数週間以内に立ち上げの予定という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -