ニュース
» 2009年09月07日 12時23分 UPDATE

Googleの謎のロゴ、日本のゲームと関係か? ネットで諸説飛び交う

Googleがトップページに掲載した謎のUFOロゴをめぐり、さまざまな憶測が飛び交っている。日本のビデオゲーム「ゼロウィング」と関連があるという説も。

[ITmedia]

 9月5日にGoogleトップページに掲載された謎のUFOロゴをめぐり、ネットで謎解きが盛り上がっている。

ah_ufo.jpg

 Googleは有名人の誕生日などにトップページに特別な記念ロゴを掲載しているが、同社は今回のロゴが何を記念したものなのか説明していない。ロゴは、空飛ぶ円盤がGoogleの「o」の文字を連れ去っている様子を描いており、クリックすると「unexplained phenomenon(説明のつかない現象)」の検索結果が表示される。

 5日は米国のUFOのメッカであるニューハンプシャー州エクセターでUFOフェスティバルが開かれており、それを記念したものだと一部の人は主張している。

 英Telegraph紙は、Googleが同じ日にTwitterに投稿した暗号に着目。「1.12.12 25.15.21.18 15 1.18.5 2.5.12.15.14.7 20.15 21.19」という数字をアルファベットに置き換えると「All your O are belong to us」となる。これはネットで流行した有名な言葉「All your base are belong to us」をもじったものだ。この言葉は日本のビデオゲーム「ゼロウィング」の欧州版に登場する。ゼロウィングは20年前の9月5日にリリースされたため、それを祝っているのではないかというのがTelegraphの説だ。ただし、同紙はゼロウィングが9月5日にリリースされたという情報をWikipediaから得ているが、この日付は何者かが6日にWikipediaに書き加えたものだ。

 ブログメディアのTechCrunchは、がん予防キャンペーン「O Campaign」と関係があるのではないかとしている。

 検索エンジン情報サイトSearchEngineLandは、Google Koreaのブログを手掛かりとして挙げている。ブログには「2回にわたってロゴを掲載する予定。次回は9月15日」「キーワードは小説、ミステリー、透明」と書かれており、SearchEngineLandはH・G・ウェルズの「透明人間」に関係しているのではないかと考えている。ウェルズの誕生日は9月21日だ。

関連キーワード

Google | ロゴマーク | UFO


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -