ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ロゴマーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロゴマーク」に関する情報が集まったページです。

富士フイルム「X100VI」発表 会社設立時のロゴを刻印した創立90周年記念モデルも
富士フイルムは20日、コンパクトデジタルカメラ「X100VI」を3月下旬に発売すると発表した。(2024/2/20)

「もうそれにしか見えないw」 “人気漫画のロゴ”にそっくりなライスペーパーのパッケージに共感集まる
いったい何の王子様なんだ……。(2024/2/20)

「プレステ2」本体のロゴの秘密 隠しギミックの存在に「四半世紀近く経って知った」「感動した」と驚きの声
懐かしい……!(2024/2/14)

バレンタインデーのGoogle Doodleは化学元素のマッチングゲーム
Googleの記念日ロゴの2月14日版はバレンタインデー。2024年はキャラ診断で、自分が化学元素では何かを診断してもらい、どんな元素と相性がいいかを探るゲームだ。(2024/2/14)

ちょぃぃぃぃぃぃ!! ロゴリニューアルのHI-CHEW、銀魂ノリの「記者会見」CMが楽しい
これがグローバル化……!(2024/2/13)

会社の「古臭いロゴ」を変えたら、何が起きたのか あるSaaS企業の事例
うちの会社のロゴって正直、ダサいんだよなあ──そんなふうに感じたことはないだろうか。あるSaaS企業では“古臭いロゴ”の変更とリブランディングを合わせて進めた結果、思いがけない結果につながったという。(2024/2/7)

「ハイチュウ」→「HI-CHEW」 ブランドロゴを英語表記に変更
さらなるグローバルブランドを目指して。ロゴ変更後の新商品第1弾はマンゴー味。(2024/2/5)

森永製菓の「ハイチュウ」が「HI-CHEW」に 世界30カ国以上で販売
森永製菓は「ハイチュウ」のブランドロゴをカタカナの「ハイチュウ」から英語表記の「HI-CHEW」にリニューアルする。(2024/2/5)

TSUTAYA旗艦店「SHIBUYA TSUTAYA」、新ロゴを公開 4月25日にリニューアルオープン
各階のフロア概要も発表されました。(2024/1/24)

「一致率すご」 “ロゴ激似”カラオケ大手2チェーン→実は別会社だった 広報に取材すると「まさかの回答」が
2チェーンの広報に話を聞きました。(2024/1/24)

明治安田生命、ブランド名称を「明治安田」に変更、ロゴも刷新 三浦知良選手の起用も発表
明治安田生命保険が、ブランド名称の変更と新ロゴを発表した。その他、企業タレントとして三浦知良選手を起用することや、新たなキャラクターも発表している。(2024/1/16)

TポイントとVポイントが4月22日に統合、「青と黄色のVポイント」へ
ポイントと決済が融合した新たな共通ポイントサービスが誕生し、各種サービスの名称やロゴが変更となる。(2024/1/10)

Wi-Fi Allianceが「Wi-Fi 7」の認証プログラムを開始
Wi-Fi Allianceが、IEEE 802.11be規格の無線LAN機器に関する認証プログラムを開始した。認証を得た機器には「Wi-Fi CERTIFIED 7」のロゴの付与が認められる。(2024/1/9)

TポイントとVポイント、4月22日に「Vポイント」へ アプリもリニューアル
CCCMKホールディングスと三井住友カードは、4月22日から新たな「Vポイント」を開始。TポイントとVポイントの名称とロゴは、自動的に青と黄色のVポイントへ変更される。(2024/1/9)

NHKロゴ使ったフェイク投稿、Xで拡散 能登半島地震や原発巡る内容
1月1日に発生した石川県能登半島を震源とする地震(令和6年能登半島地震)を巡り、NHKをかたる偽の情報がX(旧Twitter)で出回っているとして、NHKは4日、ニュースサイト「NHK NEWS WEB」で注意喚起した。(2024/1/5)

Googleで遊ぼう インタラクティブDoodleの公式まとめページ
Googleの記念日ロゴ「Google Doodle」で遊べるゲームのまとめページが公開されている。これまで日本では公開されなかった海外のゲームもここでプレイ可能だ。(2023/12/25)

Bluesky、ロゴを“変容の象徴”である蝶にし、ログインせずにWebで閲覧可能に
分散型SNSサービス「Bluesky」のロゴが蝶に変わり、ログインしなくてもWebブラウザで投稿を表示できるようになった。グレイバーCEOは、蝶は「変化と変容の象徴」だと語った。(2023/12/25)

国産量子コンピュータ初号機「叡」ロゴ公表 希釈冷凍機や集積回路をイメージ
理化学研究所は12月14日、3月に稼働を始めた国産超伝導量子コンピュータ初号機「叡」(えい、英語表記は“A”)のロゴマークを公表した。(2023/12/14)

Google、過去25年で最も検索されたトピックを「ウォーリーを探せ」的ゲームで紹介
Googleは、検索ロゴを変えるGoogle Doodleで、25年で最も検索されたトピックを探すゲームを公開した。「テイラー・スウィフト」などの検索語を表す絵を「ウォーリーを探せ」のように見つけてクリックしていく。(2023/12/13)

「プリキュア」シリーズ第21弾「わんだふるぷりきゅあ!」発表 タイトルロゴには肉球のマーク
動物を思わせる要素があしらわれたロゴ。(2023/11/30)

「ペンネームは大事なんだ……!」 作家の「よっしゃあっ!」さん、表紙に「なんで掛け声のロゴが?」と聞かれる悩みを吐露し読者爆笑
覚えやすいステキなペンネームでもあります。(2023/11/26)

「心が震える」「BONERでよかった」 TOBEグループと人気バンドの「ロゴ酷似問題」、“円満解決”に双方ファン感動
ファンの間では安堵の声が広がっています。(2023/11/20)

消しても浮き出るロゴが切ない 地元の有名スーパーの移り変わりを描いた4コマ漫画に読者が深い悲しみ
思い出がたくさん詰まっている。(2023/11/10)

今年のハロウィンGoogle Doodleはゲームではなく絵本 検索すると……
Googleが記念日に検索ケージトップのロゴを変更する「Google Doodle」。今年のハロウィンは、11ページのかわいい動画絵本になった。また、「ハロウィン」と検索すると……(2023/10/31)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「Xiaomi 13T Pro」のグローバルモデルは“ライカ印”のカメラを搭載
日本でもXiaomiのフラグシップモデル「Xiaomi 13T」シリーズが登場します。グローバル販売品はライカとコラボしたカメラを搭載しています。そのため、カメラ部分を見ると「LEICA」のロゴが入っています。(2023/10/25)

Apple、10月30日にMac関連のオンラインイベント開催へ
Appleは10月30日(日本時間の31日午前9時から)にオンラインイベントを開催する。告知の動画は、Macのロゴが表示されるものだ。(2023/10/25)

「ポロ」のロゴかと思ったら…… 有名ブランドにそっくり? 伊達政宗のバッグに「これ欲しい」「面白くてオシャレ」の声
これはこれでかっこいい。(2023/10/3)

中日ドラゴンズのPRロゴが「back number」ツアーデザインと“酷似” 指摘寄せられ…… 球団謝罪「深くお詫び」
ファンから指摘があがっていました。(2023/9/28)

Googleが創立25周年 トップページに歴代ロゴ
紙吹雪が降ってくる演出も。(2023/9/27)

Google、創立25周年で歴代ロゴを振り返るDoodle
Googleは9月27日で25周年を迎える。検索ページトップのロゴは、初代からのロゴの変遷を見せてから「G25gle」になるDoodleだ。Googleストアではスマートフォン向けの記念壁紙を提供中。(2023/9/27)

GoogleのAI「Bard」に“回答のダブルチェック”用ボタン追加
Googleは生成AIチャット「Bard」に、回答の真偽を確認する助けになる“ダブルチェック機能”を追加した(まずは英語のみ)。回答の下に表示されるGoogleのロゴボタンをクリックすると、怪しい部分がオンレジ色になる。(2023/9/20)

イーロン・マスク氏の「X/Twitter」呼びが話題 「お前が始めた物語だぞ」などツッコミ相次ぐ
7月下旬にTwitterのサービス名やロゴが変わり、もうすぐ2カ月がたつ。各メディアでもXの表記が多く見られるようになったが、ここにきて改称した張本人であるイーロン・マスク氏が「X/Twitter」という言い回しを使い、話題になっている。(2023/9/6)

Google、Androidロゴを変更 頭文字「a」→「A」に
GoogleがAndroidのロゴを「android」から「Android」に変更する。長きに渡って採用してきた小文字の「a」から大文字の「A」に変更となった。Googleのロゴを忠実に反映させたものだという。(2023/9/6)

Google、Androidのロゴを4年ぶりに変更 ドロイドくんは立体的に
Googleは「Android」のブランドロゴを4年ぶりに変更すると発表した。ロゴの最初の「a」が大文字の「A」になるほか、Bugderoid(ドロイドくん)が立体的になる。(2023/9/6)

「YouTubeのロゴどした?」「ドラゴンの裁縫セット」 YouTubeのロゴの変化にさまざまな反応
中二病っぽいという声も。(2023/8/16)

ふぉーんなハナシ:
YouTubeのロゴが突如化けた理由 「おしゃれ」「ダサい」と話題
「YouTubeのロゴ(の横の文字)が突如化ける」――。そのような投稿がX(旧Twitter)で相次いでいる。その理由は一体何だろうか。(2023/8/16)

ビッグモーターの“制服”? メルカリで出品相次ぐ ロゴ入りブルゾンには「除草、防寒に最適」の説明も
すでに売り切れているものも。(2023/8/10)

「X(Twitter)のロゴはフリーメイソンのシンボルに似ている」 荒唐無稽な陰謀論に人々が熱狂する理由
陰謀論に詳しいライターの雨宮純さんが解説。(2023/8/10)

Appleの日本法人が40周年を迎え記念ロゴを公開
Appleの日本法人(現在はApple Japan合同会社)が、1983年の設立から2023年で40周年を迎える。それに伴ってAppleがプレスリリースを出し、独自のロゴを公開した。(2023/8/8)

ヤマト運輸のシンボルがクロネコマークなのはどうして? ロゴに込められた企業理念とは
ちゃんと理由があったんです。(2023/8/4)

TweetDeck、「XPro」に名称変更 機能はそのままロゴがX 元には戻せる
X公式クライアント「TweetDeck」の名称が「XPro」になった。機能面の大きな変更はない。設定画面から旧TweetDeckに戻すこともできる。(2023/8/2)

Twitterの青い鳥、Androidアプリから姿を消す アイコンが“黒いX”に
X(旧Twitter)のAndroidアプリのバージョン10.0.0-release.0が配信された。更新すると、アプリのアイコンが青い鳥から黒いXのロゴに変化する。(2023/7/28)

「X」のロゴ、ちょっと太くなる でもマスク氏は「もとに戻す」
7月24日(現地時間)に新ロゴがお目見えした「X」(旧Twitter)だが、早くもアップデートがあったようだ。25日(日本時間)には微調整されたバージョンに置き換えられた。字体のウェイト(幅)が太くなっており、特に縁取られていない部分の印象が大きく変わった。(2023/7/26)

ハイジ「青い鳥が……」 Twitter“ロゴ変更騒動”の裏で49年前の名作アニメがバズった理由
Twitterの「X」移行でトレードマークの青い鳥の去就に注目が集まる中、名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」の公式TwitterアカウントのつぶやきがTwitterユーザーの共感を呼んでいる。(2023/7/25)

いらすとや、「クビになった青い鳥のイラスト」公開 Twitterの“ロゴ変更騒動”受け
イラストレーターのみふねたかしさんが運営するフリー素材サイト「いらすとや」に「クビになった青い鳥のイラスト」が追加された。説明文には「急にTwitterをクビになってショックを受けている青い鳥のイラスト」と記載している。(2023/7/25)

Twitterの青い鳥ロゴはどのように作られたか デザイナーが美学を明かすツイートに注目集まる
小さくても見やすいロゴを目指してデザインされました。(2023/7/25)

Social Media Today:
「Twitter」消滅の衝撃、マスク氏が「X」ブランドで目指す“全部乗せアプリ”の成否は?
青い鳥のロゴは引退し、Twitterは「X」へと生まれ変わった。イーロン・マスク氏が長年温め続けてきたアイデアは実を結ぶのだろうか。(2023/7/25)

消滅した“Twitterの鳥”に隠された意味は? ロゴはどのように作られたのか
TwitterのロゴがXに変わり、トレードマークだった“鳥”はその姿を消した。どのようにしてロゴが制作されたのだろうか。ロゴの制作に携わったマーティン・グラッサー氏が明かした。(2023/7/24)

「X」のロゴ、そういえばアレに似てない?
7月22日(現地時間)のリブランド発表からたった1日で新ロゴの披露と、スピーディに物事が進むTwitter改め「X」。そのXの新ロゴが話題となっている。ブルーを基調とした旧Twitterからガラッと変わった雰囲気もその一つだが、特に多いのが「あのロゴに似ている」という声だ。(2023/7/24)

Twitterのロゴ、Web版で「X」に変わる 青い鳥が消えて悲しむ声も
Twitter公式アカウントも「X」に。(2023/7/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。