ニュース
» 2009年09月10日 16時39分 UPDATE

「モバゲーAPI」でゲーム開発、ハドソンやバンダイナムコなど参加 開発者サイト公開

DeNAが、「モバゲータウン」のゲームを開発する外部開発者向けサイトをオープンした。ハドソンやバンダイナムコなど30社が参加を表明している。

[ITmedia]
photo

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は9月10日、携帯電話向けコミュニティーサービス「モバゲータウン」のゲームを開発する外部開発者向けサイトをオープンした。開発には、ハドソンやバンダイナムコなど30社が参加を表明。パートナーが開発したゲームは、来年1月以降にリリースする予定だ。

 同日から開発者の仮登録受け付けをスタートした。10月に正式登録を始め、その後、ゲームAPI「モバゲーAPI」を公開。開発に着手してもらう。仮登録は個人でも可能だが、正式登録は、同社の審査を通った法人のみに限られる。事業者向けフォーラムやセミナーなども、10月に行う予定だ。

 バンダイナムコゲームス、ハドソン、ソネットエンタテインメント、カヤック、芸者東京エンターテインメントなど30社が、先行パートナーとして開発に参加すると表明している。

 同社は、「『モバゲータウン』のオープン化の流れを加速させ、ケータイNo1.ポータルサイトを目指す」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -