ニュース
» 2009年09月14日 10時08分 UPDATE

Outlookめぐる特許訴訟 Microsoftへの損害賠償命令が棄却

MicrosoftがAlcatel-Lucentのタッチ技術特許を侵害したとする判決は覆らなかったが、3億5800万ドルの損害賠償は不適切だと判断された。

[ITmedia]

 Alcatel-LucentがMicrosoftを特許侵害で訴えていた訴訟で、米連邦控訴裁が一審で下された損害賠償命令を破棄したと、米各紙が伝えた。

 この訴訟はAlcatel-Lucentが、Microsoft Outlookのタッチスクリーンフォーム入力機能に特許を侵害されたとして起こしたもの。この特許はキーボードを使わずに画面上のフィールドにデータを入力する方法に関連している。

 一審では、Microsoftの侵害を認め、3億5800万ドルの損害賠償支払いを命じる陪審評決が下された。Microsoftはこれを不服として控訴した。

 控訴裁は、Microsoftの侵害を認める判決は支持したが、損害賠償命令については「金額が妥当ではなく、計算のし直しが必要」として破棄し、地裁に差し戻した。一審の損害賠償はOutlookの市場価値に基づいて計算されたものだったが、Microsoftは「問題の技術はOutlookの価値のごく一部にしか寄与していない」として賠償額は650万ドルが妥当だと主張していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -