ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「慰謝料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「慰謝料」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

執拗な本人特定、デマの拡散……ネット私刑、コロナ禍で過熱
新型コロナ禍で“ネット私刑”が加熱している。感染者の個人情報をネット上にさらし、誹謗中傷を行う人もいる。このような行為は罪に問われることもある。デマの拡散による被害も深刻で、ネットユーザーは自制心を持って情報発信を行う必要がある。(2020/5/21)

不倫相手を“格下げ”して友達に!? ダメ男の押しに弱そうな相談者に弁護士が告げる「お友達にはなれません!」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
子どもの反応「そうなんだ」もすごい!(2020/5/11)

岡江久美子の息子を名乗るYouTuberたち 弁護士「名誉毀損罪にあたる可能性」
新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった岡江久美子さんの息子を名乗るYouTuberが相次いで登場した。弁護士はこの行動について「名誉棄損罪に当たる可能性も高い」と指摘している。(2020/4/28)

摂食障害に生活保護、その上、知人に1000万円を使い込まれた相談者。原因は家庭環境!? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
そもそもどうして金庫を預けていたのか!?(2020/3/23)

定年退職後、生活費を妻に渡さず好き勝手に金を使うDV夫「早くしないと退職金なくなっちゃうから!」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「は、はやく逃げて……」と言いたくなる相談。(2020/3/16)

「ウイルスばらまいてやる」男性“店内映像”報道、本人の同意がない場合は問題ないのか聞いた 弁護士「店舗側やメディア側が訴えられる可能性」
もし客に許可を得ず防犯カメラ映像を提供したらどうなるのか、聞いてみました。(2020/3/13)

「私、1番よね?」「いいえ、2番です」:
プライバシーフリーク、リクナビ問題後初の個人情報保護法改正の問題点にかみつく!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)個人情報保護法改正編02 #イベントレポート #完全版
「世界で唯一、個人情報を金で買える国」、ジャパン――リクナビ事件をきっかけに露呈した「日本の個人情報の考え方の問題点」を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が全方位で解説する。※本稿は、2019年12月2日時点の情報です(2020/3/10)

別れ話をすると“別人”になる不倫彼氏から逃げられない相談者 アドバイザーがバッサリ「それが本性なんですよ」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「別れたら親にキャバクラ勤務をバラす」と脅す彼氏……。(2020/2/17)

「4カ月の里帰り中に父親としての自覚がなくなった」? 朝帰りを繰り返す夫に、離婚を考える相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
付き合って4カ月で結婚し、すぐに妊娠。長女を出産して1カ月、結婚11カ月目で早くも離婚話。(2020/1/20)

「娘が、孫に尋常じゃない叱り方をしている」悩みに潜んだ相談者のトラウマ 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
娘が孫を叱る声で、夫から受け続けてきたDVの日々がフラッシュバック。(2020/1/14)

「施設に入れる金を出せ」「死んだら喪主をしろ」死んだ夫の母や姉たちと縁を切れるのか? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
姻族関係終了届、効果ある?(2019/12/31)

会社が“保菌社員”隠して出社強要! インフル感染で賠償請求できる?
会社がインフルに感染した社員に出社を強要したり、社員自身が感染を隠して出社する例もあるようだが、周囲の人がインフルを発症した場合、損害賠償を請求することはできるのか。(2019/12/26)

本業はエンジニア、副業は探偵――2つの顔を持つ男が始めた「ITを使った浮気調査」の実力
表の顔はエンジニア、裏の顔は探偵――。都内某所に、そんな男性が立ち上げた探偵事務所が存在する。創設者の船木孝則氏(仮名)に、ITを使って解決した浮気調査のエピソードを聞いた。船木氏が探偵になった背景には、とある過去の出来事があったという。(2019/12/25)

義母の窃盗癖に怒りが収まらない相談者「万引きを繰り返す義母をどうしても好きになれない」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者は、自分の問題を義母の万引きに押しつけている?(2019/12/23)

妻を殴って離婚を切り出された相談者「900万円の慰謝料は妥当?」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「その時にちょっと女房殴ったもんですから」相談内容は金&暴力!(2019/12/16)

2019年は9社:
セブンに電通、吉本興業…… 各社が「ブラック企業大賞」にノミネートされた理由
“今年1番のブラック企業”を決める「第8回ブラック企業大賞」のノミネート企業9社が発表された。(2019/12/13)

「生んだのは夫の子ではない」と最後まで隠し通すべきだったのか? 電話口で泣く赤子の声が悲しい「テレフォン人生相談」先週のハイライト
他人の子を身ごもったまま結婚した相談者。(2019/12/2)

酒癖の悪い夫から逃げて、出会い系サイトで付き合った相手はマザコン束縛男 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
LINEのやり取りを母親に見せるマザコン彼氏。(2019/10/21)

スポーツ少年団の監督をする夫がお母さんと不倫して駆け落ち 本当の離婚理由を長男に打ち明けるべきか? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「彼が私を裏切った」特集での相談者号泣のアドバイス。(2019/10/15)

「別れた元カレの母親が私の家を占拠している!」ヤバイ母子に振り回される相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「がんで余命半年だ」詐病で我が家に入り込んだ元カレの母親。(2019/9/30)

不倫相手に生ませた子どもに、6000万円の養育費を確実に渡したい 聞く耳を持たない相談者がまくし立てる「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者「子育て詐欺だ!」アドバイザー「そんな詐欺はない」激しい応酬。(2019/9/16)

自宅に上がり込んで浮気をした女への慰謝料が激安10万円! 妻よ、ホントにそれでいいのか?「テレフォン人生相談」先週のハイライト
夫のスマホから、浮気相手との最中動画を発見。(2019/9/2)

浮気夫を「許せないけど別れたくない」の無限ループ、ついには浮気夫の方から別れを切り出される 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
アドバイザー、どっちつかずな相談者を遂に見放す?(2019/7/15)

不倫相手に7年間撮られ続けた60歳女性 心配するのは「リベンジポルノ」じゃなくて「いくらもらえるか」なの!? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
カメラ3台三脚も立てているのに「盗撮」……?(2019/6/17)

無断転載の撃退方法を徹底解説した本『クリエイター必携 ネットの権利トラブル解決の極意』発売 転載先の検索方法から裁判の心得まで
これは心強い。(2019/6/12)

46年連れ添った妻を捨て、会った時間30分のメル友にプロポーズ「奥さんもアナタは要らないんじゃないですかね?」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
妻から離婚を止められるのを望む自尊心夫。(2019/6/3)

「どのツラ下げて来てんのか」「(会社に)謝るんだよ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”訴訟 原告側が職場復帰時のパワハラ問題を追加提訴
職場復帰初日には「どのツラ下げて来てんのか見に行ってやろうぜ」と言われていたと聞いた他、先輩からは「謝った方がいい。謝るんだよ」と言われたと訴えています。(2019/3/26)

現代は“社会人のヒゲ”もアリな時代? 大阪市営地下鉄「ひげ禁止訴訟」に、ネット上の反応は9割が否定的
大阪市に賠償命令が下された訴訟。(2019/2/8)

「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
訴訟を起こしたことで「長く守られてきた人々の夢を壊した」と言われ、「現場に戻るのは難しいのではと思っています」と涙。(2018/11/13)

画像「無断転載」の情報開示請求、慣れたら10分でできる 裁判で約90万円勝ち取った写真家インタビュー
実体験を交えて語っていただきました。(2018/10/28)

労働問題弁護士ナビ:
「上司のセクハラ」どうすれば撃退できる? 証拠集めから裁判まで徹底解説
(2018/9/15)

シェアしたくなる法律相談所:
職場内で「ダブル不倫」した人たちは解雇できるの? 弁護士に聞いてみた
(2018/9/13)

必須キーワードを識者が解説:
「定年後再雇用」の注意点は? 人事担当者必見の「働き方改革」用語解説
働き方改革関連法が可決・成立し、企業にも具体的な対応が求められます。企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードをピックアップ。労働問題を扱う新進気鋭の弁護士が、用語の概念と企業が取るべき具体的な対策方法を解説します。今回は「再雇用時の労働条件」(定年退職前からの待遇変更)を取り上げます。(2018/8/2)

「日本の法体系ではあり得ない」 海賊版サイトブロッキング問題、弁護士がNTTコムを提訴
なぜ、海賊版サイトを遮断しようとするNTTコムを提訴したのか。中澤弁護士本人を取材した。(2018/4/27)

サイバー攻撃のリスクに幅広く対応する「サイバーセキュリティー保険」 チューリッヒ保険が発売
チューリッヒ保険が「サイバーセキュリティー保険」を2018年1月1日から販売する。サイバー攻撃による企業収益損失から損害賠償まで、海外子会社も含めて1つの契約で一括管理できる。(2017/12/22)

船越英一郎と松居一代、離婚成立 「慰謝料、財産分与はありません」
6月から離婚騒動が話題に。(2017/12/14)

PR:「たけしの挑戦状」は今の小学生が遊んでもやっぱりクソゲーなのか? → ガチで遊んでもらったらものすごく正直な感想が出た
案外素直に攻略へ取り組む子どもたちに、「理不尽」が容赦なく襲いかかる。(2017/8/16)

イラストを勝手に健康サプリの広告に使われた――イラストレーターがTwitterで訴え 悪質管理者に賠償請求へ
迷惑すぎる……。(2017/8/3)

ハギーのデジタル道しるべ:
新人必見! 知ってる人もあらためておさらい! 情報セキュリティについて知っておきたいこと(その4)
企業や組織に所属するようになった人は、あらためて自分のセキュリティ意識が間違っていないか、確認をしてもらいたい。特にSNSは注意が必要だ。“閉じた世界”ではないと認識しよう。(2017/6/22)

将棋連盟、三浦九段に慰謝料支払い 「将棋ソフト不正使用疑惑」で和解
将棋ソフト不正使用疑惑は、将棋連盟が三浦九段に慰謝料を支払う形で和解した。(2017/5/25)

将棋棋士の三浦九段、“冤罪”問題で日本将棋連盟と和解
日本将棋連盟から三浦九段には慰謝料も。(2017/5/24)

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)
現役ネカマに聞く、ネカマを見破る方法やネカマにだまされないための自衛手段。そして「悪のネカマ」の恐ろしい手口を公開。(2017/4/27)

ともさかりえ、スネオヘアーとの離婚をブログで認める 12歳の息子に対しては「本当に申し訳なく」
ともさかさんは、これが2度目の離婚。(2017/3/29)

ユニバーサルミュージック、「森のくまさん」替え歌騒動が円満解決したことを発表 訳詞利用について合意が成立
パーマ大佐による童謡「森のくまさん」の替え歌が問題になっていました。(2017/2/1)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
耐震偽装や手抜き工事の原因は? 理解しておきたい「建設の問題」
建設・建築の問題は造り手が担う責任も住人に与える影響も大きく、結果として社会に与える影響も大きくなる。なぜ問題は起きるのか?(2016/12/5)

ECサイトの情報漏えいは1事案あたり3800件、慰謝料は平均1900万円との試算
2016年に公表された事案をトレンドマイクロが分析。課題や対策などをまとめた。(2016/10/5)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
もし亡くなったら――いま熱いデジタル遺品(後編)
これから注目される「デジタル遺品」について前回は、広義の「遺産」で多くの人が直面するであろう問題点を解説した。今回は本論の「デジタル遺品」の定義から始めよう。(2015/10/30)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(17):
情報漏えいは、ベンダーが作ったシステムのせい?
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「情報が漏えいしたら、システムを作ったベンダーはどこまで責任を負うべきか」を、裁判例を基に解説する。(2015/6/29)

個人情報流出で弁護士がベネッセ提訴へ 訴状のひな形公開、「500円で納得できない人は参加を」
自分と子どもの個人情報が流出し、プライバシーが侵害されたとして、弁護士がベネッセに慰謝料を求める民事訴訟を提起へ。訴状のひな形も公開し、「自由に使ってほしい」としている。(2014/11/14)

マネーの達人:
不倫による離婚――探偵や裁判所、弁護士費用の相場は?
最近、配偶者のようすや行動パターンがおかしい……。どんな夫婦でも、浮気を疑う瞬間は少なからずあるでしょう。とはいえ、相手に直接浮気の真偽を問うのは勇気がいります。事前に浮気の証拠を集めるなど、できる限りの準備をしておきましょう。(2014/8/20)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。